ベルティル・リンドブラッド

ベルティル・リンドブラッド(Bertil Lindblad、1895年11月26日- 1965年6月25日)は、スウェーデン天文学者である。銀河系恒星の動きを測定し、銀河系が回転していることを示した。巨星主系列星の違いをスペクトルを用いて区別することなどの研究を行った。

生涯編集

ウプサラ大学で学んだ後、1927年からスウェーデン王立アカデミー教授ストックホルム天文台の所長になった。1948年から1952年まで国際天文学連合の会長を務めた。最も重要な業績は銀河系の恒星の動きを観測し、銀河系内での太陽の運動を考慮して層別し、銀河系の恒星が銀河系の中心のまわりを回転していることを示したことである。ハーロー・シャプレー の銀河系における太陽の位置の予測を確認し、ヤン・オールトによってさらに明確なものにされた。

編集

命名編集

関連項目編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ (1448) Lindbladia = 1938 DF = 1949 BK = 1964 JG”. MPC. 2021年8月14日閲覧。

外部リンク編集