メインメニューを開く

ヤスマフ・アダドYasmah Adad、生没年不詳)は古アッシリア王国時代のアッシリアシャムシ・アダド1世の息子である。同王によってマリヤフドゥン・リムが倒された後、マリ王に任じられていた。

イシュメ・ダガン1世
マリ
在位 紀元前1796年頃 - 紀元前1777年

死去 紀元前1777年
父親 アッシリアシャムシ・アダド1世
テンプレートを表示

ただし彼が独自に取れる政策は多くは無かったらしい事が、マリ遺跡から発見された彼と父王シャムシ・アダド1世の間でやり取りされた文書類から理解される。エカラトゥム英語版に拠った兄のイシュメ・ダガン1世ともども、統治に関してはシャムシ・アダド1世の細かい指示を受けている。

シャムシ・アダド1世が紀元前1781年に死ぬと、アッシリアはエシュヌンナ王イバル・ピ・エル2世の攻撃を受け、マリ方面の統制を失った。その後ヤフドゥン・リムの息子ジムリ・リムバビロンの王ハンムラビの支援を受けて王座奪回を謀り、マリ王位はジムリ・リムに奪われた。その後のヤスマフ・アダドの消息は不明である。

書籍によってはヤスマフ・アッドゥと記述される。これはアッカド語で記述されるAdadが、アムル語など西セム系の言語ではアッドゥと発音される事による。

先代:
スム・アッドゥ
マリ
前1796年頃 - 前1777年頃
次代:
ジムリ・リム