メインメニューを開く

ヤン・コジェルフ

ヤン・アントニーン・コジェルフ

ヤン・アントニーン・コジェルフJan Antonín Koželuh, 1738年12月14日 ヴェルヴァリ - 1814年2月3日 プラハ)は、チェコ出身の作曲家。本名はヤン・エヴァンゲリスタ・アントニーン・トマーシュ・コジェルフ(Jan Evangelista Antonín Tomáš Koželuh)。生前はヨハン・アントン・コツェルフ(Johann Anton Ko(t)zeluch)というドイツ語名で知られた。モーツァルトライヴァルとして有名なレオポルト・アントニーン・コジェルフ従兄である。

ブジェーズニツェイエズス会神学校と、プラハヨセフ・セゲルに学ぶ。ウィーンクリストフ・ヴィリバルト・グルックフロリアン・レオポルト・ガスマンの薫陶を受ける。ガスマンの死後はアントニオ・サリエリのもとで徒弟時代を終えた。

その後プラハ宮廷楽長に就任し、1784年から同じくプラハの聖ヴィトゥス聖堂の楽長を務める。ストラホフ修道院のオルガニストをほぼ40年間に渡ってつとめた。

作品として、16曲のミサ曲レクイエムのほか、オラトリオ1曲、イタリア語オペラ2曲、オーボエ協奏曲(未完・第二楽章まで) とァゴット協奏曲などを遺した。

作品編集

  • ファゴット協奏曲 ハ長調 【カメラータ・アカデミカ・ザルツブルクによる演奏例
  • 歌劇 《インドのアレッサンドロ》 3幕のオペラ・セリア 1769年
  • 歌劇 《デモフォーンテ》 3幕のオペラ・セリア 1772年
  • 田園のミサ曲 Missa Pastoralis ニ長調 【プラハ交響楽団などによる演奏例