ヤン・マルジャーク

この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。 Template:表記揺れ案内
  • ヤン・マラク
  • ヤン・マラック
  • ヤン・マラーク

ヤン・マルジャークJan Mařák, 1870年[1]5月20日 - 1932年10月21日)は、ハンガリー出身のヴァイオリニスト

ドゥナケシ(ペシュト県)で、チェコ人の父とハンガリー人の母の下で生まれる。幼少のころから音楽に才能を示し、1882年から1889年までプラハ音楽院に通い、アントニーン・ベネヴィッツにヴァイオリンを学んだ。卒業後はケーニヒスベルク市立劇場のコンサートマスターとなったが、1892年から1897年までプラハ国民劇場のコンサートマスターに移籍した。1897年から母校のプラハ音楽院で教鞭をとり、プラハで亡くなった。弟子には、ヴァーツラフ・ターリヒヴァーシャ・プシホダ等がいる。

脚注編集

  1. ^ 桐朋学園大学音楽学部附属図書館