ヤン・マーテル(Yann Martel, 1963年6月25日 - )はカナダの小説家。

ヤン・マーテル

来歴編集

フランス系カナダ人の両親の元に生まれ、生まれたのはスペインサラマンカだが、父親が外交官だったために世界中を転々として育つ。大人になってからもインドイランなどを放浪する。

その後カナダのトレント大学哲学を学び、27歳から作家として活動するようになる。太平洋上で遭難したインド人少年のサバイバルを描いた『パイの物語』はベストセラーとなり、2002年にブッカー賞を受賞し、2003年にボランジェ・エブリマン・ウッドハウス賞にノミネートされた。

作品編集

関連項目編集