パウル・ヴェーバー

パウル・ヴェーバー(Gottlieb Daniel Paul Weber、1823年1月19日 - 1916年10月12日)はドイツの画家である。

パウル・ヴェーバー
Paul Weber
Paul Weber, artist, three-quarter length studio portrait, seated, holding pencil in right hand on sheaf of paper on a table, facing right LCCN2015651551 (cropped).jpg
生誕1823年1月19日
ドイツの旗 ドイツ, ダルムシュタット
死没1916年10月12日
ドイツの旗 ドイツ, ミュンヘン

略歴編集

ダルムシュタットで生まれた。父親のヨハン・ダニエル・ヴェーバー(Johann Daniel Weber:1784-1848)はヘッセン大公国の宮廷音楽家であった。幼い頃から王宮の狩場などで絵を描いて過ごし、13歳から、両親の知り合いのダルムシュタットの画家、アウグスト・ルーカスから絵を学び、兵士の肖像画を描いて、小遣いを稼いだ。

1842年から1844年までフランクフルトの美術学校でヤーコブ・ベッカーに学び、友人となったアントン・ブルガーとともに、ミュンヘンにに移り、ミュンヘン美術院で学んだ[1]。1846年にバイエルン王国の摂政、ルイトポルト・フォン・バイエルンが東地中海への航海を行った時、随行絵師としてコンスタンティノープルや中東、ギリシャ、シシリーを訪れた[2] 。1848年までミュンヘンで学んだ後、アントウェルペン王立芸術学院で、フスタフ・ワッペルスやダイクマン(Josephus Laurentius Dyckmans)にも学んだ。

1849年にアメリカ合衆国に渡り、オハイオ州のハミルトンから同僚のケーラー(Karl Christian Köhler)とアメリカ各地を写生旅行した[3]。1854年からフィラデルフィアに住み、画家として知られるようになり、フィラデルフィアの裕福な市民や美術館がヴェーバーの作品を購入した。ペンシルベニア美術アカデミーで教えるようになり、ヴェーバーの教えた学生にはウィリアム・スタンレー・ヘーゼルタインエドワード・モランエドワード・ラムソン・ヘンリーウィリアム・トロスト・リチャーズらがいる。

アメリカでの経済的成功にもかかわらず、ヨーロッパに戻ることを考えはじめ、1855年にヘーゼルタインとパリやデュッセルドルフを訪れ、フィラデルフィアに戻った[4]。1861年にスコットランドとパリを経由してダルムシュタットに戻った。ダルムシュタットではヘッセン大公妃アリスに絵を教え、義理の息子となったレート(Phillip Röth)や風景画家のオイゲン・ブラヒトと写生旅行を行った。

アドルフ・シュライヤーとともにしばしばパリを訪れ、ホルシュタイン公国生まれで1859年からバルビゾンで活動していた画家の、トイデ・グレンラント(Theude Grönland)と親しくなり、ジャン=フランソワ・ミレーシャルル・ジャックらの「バルビゾン派」の画家を紹介された[5]

1872年からミュンヘンに住むようになった。生涯を通じて、ニューヨークのナショナル・アカデミー・オブ・デザインの展覧会やボストン・アシニアムの展覧会への出展も行いアメリカを訪れた。

作品編集

脚注編集

  1. ^ Die Kunst, F. Bruckmann, Jahrgang 1917, S. 444
  2. ^ Manfred Grosskinsky, Birgit Sander: Kunstlandschaft Rhein-Main: Malerei im 19. Jahrhundert, 1806-1866. 2000 S. 30
  3. ^ Gerd-Helge Vogel: Von Stein bis Wolkenburg: „Mahlerische Reisen“ durchs Zwickauer Muldenland. S. 103
  4. ^ Sabine Morgen: Die Ausstrahlung der Düsseldorfer Schule nach Amerika im 19. Jahrhundert. Düsseldorfer Bilder in Amerika und amerikanische Maler in Düsseldorf. Göttinger Beiträge zur Kunstgeschichte, Band 2. Göttingen 2008, ISBN 978-3-7675-3059-1, S. 386
  5. ^ Kurt Schleucher, Darmstädter draussen: Ihr Leben im Ausland: Zum 650-jährigen Stadtjubiläum Darmstadts (1330–1980). Turris, 1980

参考文献編集

  • Paul Weber. In: Hans Vollmer (Hrsg.): Allgemeines Lexikon der Bildenden Künstler von der Antike bis zur Gegenwart. Begründet von Ulrich Thieme und Felix Becker. Band 35: Waage–Wilhelmson. E. A. Seemann, Leipzig 1942, S. 15.
  • Hermann Alexander Müller: Biographisches Künstler-Lexikon. Leipzig 1882, S. 548 (retrobibliothek)