ユリイカ (雑誌)

日本の芸術総合誌。詩および批評を中心に文学、思想など広く扱う。

ユリイカ』(Eureka)は、青土社から刊行されている月刊誌である[1]および批評を中心に文学思想などを広く扱う芸術総合誌である。なおユリイカとは「見つけた」を意味する「Eureka」から来ている。

沿革編集

1956年に、伊達得夫書肆ユリイカを設立し発行し始めたのに始まる。これは伊達が死去する1961年まで発刊された。その後1969年清水康雄が青土社を設立し、6月に第二次「ユリイカ」(7月号)を創刊[2]。少し縦長の印象を受ける菊判変型だった[2]

復刊に際して、旧「ユリイカ」で育った大岡信は、清水から依頼されて「断章」の連載を始めた[3]。他にも柱となる企画がほしかった清水は、敬愛する吉田健一に連載を依頼しようと考えていた[3]。清水から吉田の連載のテーマについて相談された大岡は、ヨーロッパの世紀末について書いてもらうべきだと提案した[3]。吉田健一「ヨオロッパの世紀末」は創刊号から連載され[2]、1970年6月号で完結し[4]、同年10月に出版され[5]、第23回野間文芸賞を受賞した[6]

数年目に大幅にページ数を増やし、今日まで毎月発行されている。

注目すべきキーワードを特集に、毎号特定の作家(詩人小説家漫画家アニメーション作家、芸術家など)の作品、ジャンルを取り上げている。近年では、作家・作品論を総特集した臨時増刊号も多く発行されている。

編集長編集

ユリイカの新人編集

新鋭詩人の発掘に力を入れており、毎号コーナー(『今月の作品』)を設け投稿作品を受け付けている。年間でもっとも優秀な投稿者を「ユリイカの新人」として顕彰している。過去の受賞者には、城戸朱理倉石信乃早坂類田中庸介宋敏鎬峯澤典子カニエ・ナハ、小野絵里華、大崎清夏、うにまる(林木林)など。

脚注編集

  1. ^ 流通上の分類ではムックに区分される(雑誌コードと共にISBNを付与されている)。
  2. ^ a b c 長谷川 2014, p. 541.
  3. ^ a b c 長谷川 2014, pp. 541–542.
  4. ^ 長谷川 2014, p. 550.
  5. ^ 長谷川 2014, p. 553.
  6. ^ 長谷川 2014, p. 554.

参考文献編集

  • 田中栞『書肆ユリイカの本』(青土社、2009年)、ISBN 978-4-7917-6465-5
  • 長谷川郁夫 『吉田健一』新潮社、2014年。ISBN 978-4-10-336391-0 

関連項目編集

外部リンク編集