メインメニューを開く

ユリイカ (雑誌)

ユリイカ』(Eureka)は、青土社から刊行されている月刊誌である[1]および批評を中心に文学思想などを広く扱う芸術総合誌である。なおユリイカとは「見つけた」を意味する「Eureka」から来ている。

目次

沿革編集

1956年に、伊達得夫書肆ユリイカを設立し発行し始めたのに始まる。これは伊達が死去する1961年まで発刊された。その後1969年に、清水康雄が青土社を設立し再度創刊。数年目に大幅にページ数を増やし今日まで毎月発行されている。編集長には三浦雅士(1972年―1975年)、小野好恵(1975年―1977年)、歌田明弘(1985年―1992年)、西口徹(1993年―1996年)、須川善行(1996年―2000年)、郡淳一郎(2004年―2005年)、山本充(2006年―2014年)らがいる。

注目すべきキーワードを特集に、毎号特定の作家(詩人小説家漫画家アニメーション作家、芸術家など)の作品、ジャンルを取り上げている。近年は、作家・作品論を総特集した臨時増刊号も多く発行されている。

ユリイカの新人編集

新鋭詩人の発掘に力を入れており、毎号コーナー(『今月の作品』)を設け投稿作品を受け付けている。年間でもっとも優秀な投稿者を「ユリイカの新人」として顕彰している。過去の受賞者には、城戸朱理倉石信乃早坂類田中庸介宋敏鎬、峯沢典子、カニエ・ナハ、小野絵里華、大崎清夏、うにまる(林木林)など。

脚注編集

  1. ^ 流通上の分類ではムックに区分される(雑誌コードと共にISBNを付与されている)。

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集