長谷川郁夫

日本の文芸編集者・評論家

長谷川 郁夫(はせがわ いくお、1947年12月15日[1] - 2020年5月1日[2])は、日本文芸編集者評論家。元小澤書店社長、大阪芸術大学教授も務めた。日本編集者学会初代会長[3]

来歴・人物編集

神奈川県生まれ[4]早稲田大学文学部卒業[4]。大学在学中の1972年に小澤書店を創立[3]。約六百数十点の文芸書の編集・制作に携わったが、2000年秋、東京地裁自己破産を申請し倒産した[4]。のち編集プロダクションを主宰し、長谷川郁夫事務所取締役、法政大学兼任講師[4]。2007年から、大阪芸術大学教授、2013年から同芸術学部文芸学科長[3]、2020年退任。2010年2月日本編集者学会を発足し会長[3]

編集した書籍に「青山二郎文集」、「小川国夫全集(全14巻)」(各・小澤書店、1991~1995)、「田村隆一全集(全6巻)」(河出書房新社、2010~2011)などがある[3]。前者2名は作家論も書いている。最後の編集は「高橋英夫著作集」(全8巻、河出書房新社)であった。

特に編集担当した吉田健一堀口大學は、回想・評伝を長期連載した。『美酒と革嚢-第一書房長谷川巳之吉』(2006年)で芸術選奨文部科学大臣賞、やまなし文学賞受賞。『吉田健一』(2014年)で大佛次郎賞受賞[5]した。

2020年5月1日、食道がんのため、死去[2]。72歳没。
翌年に、追悼集『Editorship 6 追悼・長谷川郁夫』(日本編集者学会編、田畑書店、2021年6月)が発行された。

受賞編集

  • 2007年、芸術選奨文部科学大臣賞(第57回・平成18年度)「美酒と革嚢-第一書房・長谷川巳之吉」
  • 2007年、日本出版学会賞(特別賞)「美酒と革嚢-第一書房・長谷川巳之吉」
  • 2007年、やまなし文学賞(研究・評論)「美酒と革嚢」
  • 2014年、大佛次郎賞(第41回)「吉田健一」

著書編集

  • 『われ発見せり 書肆ユリイカ伊達得夫書肆山田、1992
  • 『美酒と革嚢 第一書房長谷川巳之吉河出書房新社、2006.8
  • 『藝文往来』 平凡社、2007.2
    • 作家たちとの交流・回想記
  • 『本の背表紙』 河出書房新社、2007.12
    • 回想を交えた作家たちの肖像
  • 堀口大學 詩は一生の長い道』 河出書房新社、2009.11
    • 三田文學」に長期間連載した。冒頭の回想を交え、終戦までの前半生を描く
  • 『知命と成熟 13のレクイエム』 白水社、2013.11
    • 深い交流があった作家・評論家13名の「偏愛的作家論」
  • 『吉田健一』 新潮社、2014.9
    • 新潮」に連載、膨大な資料をもとに生涯と作品の全容を明らかにした評伝の大著
  • 編集者 漱石』新潮社、2018.6

脚注編集

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.290
  2. ^ a b “文芸編集者の長谷川郁夫さん死去 小澤書店を創業”. 朝日新聞. (2020年5月2日). https://www.asahi.com/articles/ASN516VM2N51UCVL016.html 2020年5月2日閲覧。 
  3. ^ a b c d e 朝日新聞人物データベース
  4. ^ a b c d 日外アソシエーツ現代人物情報
  5. ^ 各・出典:日外アソシエーツ現代人物情報

外部リンク編集