ユーリー・ダヴィドヴィチ

ユーリー・ダヴィドヴィチロシア語: Юрий Давыдович、? - 1237年)はムーロム公ダヴィド(ru)の子である。ムーロム公:1228年 - 1237年。

生涯編集

1228年、兄と父が相次いで死亡したためムーロム公位を継いだ。1229年1232年にはウラジーミル大公国ユーリー2世モルドヴァ族に対する遠征に参加した。1237年モンゴル帝国軍がリャザン公国の南の国境地帯に現れたため、ムーロムリャザンの公たちはヴォロネジ川へと軍を進めた(ヴォロネジ川の戦い[1]。ユーリーは同年に、モンゴル帝国軍との戦いで戦死した[2]。なお、これらの一連の戦いをもとに書かれた『バツのリャザン襲撃の物語』[注 1]では、当時のムーロム公を「リャザン公の兄弟のダヴィド・イングヴァレヴィチ」と誤って記している[3][4][注 2]

妻の名は不明である。子にはムーロム公ヤロスラフがいる。

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 作品名は中村喜和の訳に拠る。「バツ」はモンゴル帝国軍の総司令官だったバトゥを指す。
  2. ^ なお、『バツのリャザン襲撃の物語』にはその他いくつかの人名の誤りなどがみられ、作品の成立年代は合戦自体から数十年後であると推測されている[5]

出典編集

  1. ^ Новгородская первая летопись старшего извода
  2. ^ Татищев В. Н. Собрание сочинений в восьми томах: Т.2, 3. История Российская. Часть 2: Репринт с изд. 1963, 1964 гг. — М.: Ладомир, 1994. С.332
  3. ^ Повесть о разорении Рязани Батыем
  4. ^ 中村喜和『ロシア中世物語集』p227
  5. ^ 中村喜和『ロシア中世物語集』p391

参考文献編集