メインメニューを開く

ユーリ阿久井 政悟(ユーリあくい せいご、本名:阿久井 政悟(あくい せいご)、1995年9月3日[3][4] - )は、日本プロボクサー岡山県倉敷市出身[3]。倉敷守安ボクシングジム所属。

ユーリ阿久井政悟
基本情報
本名 阿久井政悟
階級 フライ級
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1995-09-03) 1995年9月3日(24歳)
出身地 岡山県倉敷市[1]
スタイル オーソドックス[2]
プロボクシング戦績
総試合数 16
勝ち 13
KO勝ち 9
敗け 2
引き分け 1
テンプレートを表示

人物編集

リングネームの「ユーリ」は先輩から「顔が元世界王者勇利アルバチャコフに似ている」と言われたことをジム会長に話したことでつけられた[5]

中学1年生まではサッカーをやっていたが、元プロボクサーの父、叔父の影響でボクシングを始めた[6]

倉敷翠松高校[3]進学後、2・3年時には国体8強に入り、2年時には後の世界王者田中恒成と対戦経験がある[7]

2014年、環太平洋大学に進学[3]

来歴編集

2014年4月20日に神戸サンボーホールで末吉悠生とライトフライ級4回戦を戦い、4回3-0(40-36×3)の勝ちを収めデビュー戦を白星で飾った[8]

2015年西日本ライトフライ級新人王として、東軍代表細谷大希を相手に5回3-0(48-47×2、49-47)判定勝ちを収めて全日本新人王を獲得した[9]

その後5連勝して、2017年8月23日に後楽園ホール中谷潤人と初代日本フライ級ユース王座決定トーナメント決勝戦を行い、6回2分1秒TKO負けを喫してプロ初黒星となった[10]

そして2018年10月28日にはサントピア岡山総社WBA11位ジェセイバー・アブシードとフライ級10回戦を行い、8回2分17秒TKO負けを喫して世界ランク入りはならなかった[11][12]

戦績編集

  • アマチュア - 27戦20勝7敗
  • プロ - 16戦13勝2敗1分(9KO)
日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考
1 2014年4月20日 勝利 4R 判定3-0 末吉悠生(千里馬神戸)   日本 プロデビュー戦・2014年度西日本ライトフライ級新人王予選
2 2014年9月14日 勝利 4R 判定3-0 武藤通隆(勝輝)   日本 2014年度西日本ライトフライ級新人王決勝戦
3 2014年11月9日 引分 4R 判定1-1 荻堂盛太(平仲BS)   日本 2014年度ライトフライ級新人王戦西軍代表決定戦
4 2015年7月19日 勝利 1R 1:40 TKO 菖蒲瑠香(渥美)   日本 2015年度西日本ライトフライ級新人王予選
5 2015年9月27日 勝利 1R 2:42 KO 香美の子岡村ケントキッド(六島   日本 2015年度西日本ライトフライ級新人王決勝戦
6 2015年11月15日 勝利 4R 判定3-0 大城信博(琉球)   日本 2015年度ライトフライ級新人王戦西軍代表決定戦
7 2015年12月20日 勝利 5R 判定3-0 細谷大希 (角海老宝石)   日本 2015年度全日本ライトフライ級新人王決勝戦
8 2016年4月3日 勝利 1R 0:45 KO 山地秀明(広拳)   日本
9 2016年10月2日 勝利 3R 1:30 TKO 内野々大叶(ウエスタン延岡)   日本
10 2016年12月3日 勝利 1R 2:03 TKO 大野兼資(帝拳   フィリピン
11 2017年4月16日 勝利 1R 0:31 KO スターボール・トーシリトゥーム   タイ
12 2017年5月16日 勝利 1R 1:33 TKO 大保龍斗 (横浜さくら)   日本 初代日本フライ級ユース王座決定トーナメント準決勝
13 2017年8月23日 敗北 6R 2:01 TKO 中谷潤人(M.T)   日本 初代日本フライ級ユース王座決定トーナメント決勝戦
14 2018年4月8日 勝利 1R 1:32 TKO 矢吹正道(   日本
15 2018年10月28日 敗北 8R 2:17 TKO ジェイセヴェー・アブシード   フィリピン
16 2019年4月28日 勝利 1R 2:45 TKO 湊義生(JM加古川)   日本
17 2019年10月27日 - - - 小坂駿(真正   日本 日本フライ級王座決定戦
テンプレート

獲得タイトル編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集