メインメニューを開く

粉川拓也

粉川 拓也(こがわ たくや、1985年4月5日 - )は、日本プロボクサー東京都墨田区出身。宮田ボクシングジム所属。ニックネームは「内藤2世」[1]。第53代・第55代日本フライ級王者。第31代OPBF東洋太平洋スーパーフライ級王者。入場曲は湘南乃風「Left & Right〜名も無き足跡〜」。

粉川 拓也
基本情報
本名 粉川 拓也
通称 MGタロー
内藤2世
階級 フライ級
身長 165cm
リーチ 166cm
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1985-04-05) 1985年4月5日(33歳)
出身地 東京都墨田区
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 34
勝ち 29
KO勝ち 13
敗け 5
テンプレートを表示

目次

来歴編集

ボクシングを始めたのは中学2年で、その時は江戸川区のジムに入門したが、1週間で退会[2]。高校は定時制に進むも2年で中退して就職した後、18歳で宮田ジムに入門[2]

プロデビュー編集

2005年6月26日、ディファ有明での齋藤慶尚戦でデビュー。

10月10日、後楽園ホールでのWBC世界フライ級タイトルマッチ、ポンサクレック・ウォンジョンカム VS 内藤大助の前座にて、茂木公弘と対戦。1回にプロ初のダウンを喫してピンチに陥るが、4回に相手を棒立ちにさせてレフェリーストップとなり、逆転TKO勝利。

2006年9月28日、日高亮に判定で初黒星。

2007年1月24日、初の6回戦として原田英雄と対戦し、判定で降す。同年にはB級トーナメントバンタム級優勝。

2008年3月8日、両国国技館で開かれた内藤大助 VS ポンサクレック・ウォンジョンカムの世界戦の前座において初の8回戦としてヨック・シットサイトーンと対戦し、1回KO勝利。

9月28日、ディファ有明にて初のメインエベンターかつ10回戦。OPBF東洋太平洋スーパーフライ級2位のリチャード・オリサに判定勝利。

12月23日、両国国技館で開かれた内藤大助 VS 山口真吾の世界戦他「3大タイトルマッチ」の前座でワンパデスック・シッサイトーンと対戦し、4回TKO勝利。

2009年7月7日、前の試合で内藤大助のWBC王座に挑戦した熊朝忠と対戦して判定勝利。この試合はTBSチャンネルで生中継され、この頃より「内藤2世」と呼ばれるようになる[3]。また、この勝利で世界ランク入りを果たした。

11月29日、さいたまスーパーアリーナで開かれたダブル世界戦(WBC世界フライ級・内藤大助 VS 亀田興毅、WBC女子世界アトム級・小関桃 VS ティラポーン・パンニミット)の前座としてモクル・ギラルアングレンスパンを1回KOで降す[4]

東洋太平洋王座獲得編集

2010年10月28日、河野公平が世界王座挑戦のため返上して空位となっていたOPBF東洋太平洋スーパーフライ級王座を、1位のダニーロ・ペーニャで争う。3回にダウンを奪い、6回に偶然のバッティングで負傷判定となり、3-0の判定勝ちを収めて自身初の王座獲得[5]。その後、世界王座挑戦のため防衛戦を行うことなく返上。

世界王座初挑戦編集

2011年7月1日、ソンクラー県ハートヤイ郡に乗り込み、ポンサクレック・ウォンジョンカムが持つWBC世界フライ級王座に挑戦。試合は8回に左ストレート2発を浴びてぐらつき、最終12回にはダウン寸前まで追い込まれた末に最大8点差を付けられての12回判定負けで、世界初挑戦での王座獲得はならなかった[2]。この試合は海外で行われた世界戦としては近年では珍しくTBSの地上波で7月12日深夜に録画中継された(福岡で開かれた亀田和毅大毅黒木優子の試合と合わせて深夜枠で放送)。

日本王座獲得編集

2012年1月26日、五十嵐俊幸が世界王座挑戦のため返上して空位となっていた日本フライ級王座を日本1位の池原繁尊と争い、3-0の僅差判定勝ちを収めて王座を獲得した[6]

2012年4月26日、チャンピオンカーニバルの一戦として林徹磨を相手に初防衛戦を行い、3-0の判定勝ちで初防衛に成功した[7]

2012年10月31日、山口桂太を9回TKOで退け、2度目の防衛に成功。この試合は日本ボクシング界初となるネット生中継が実施された[8]

3度目の防衛戦は2013年2月27日にチャンピオンカーニバルの一戦として池原繁尊とのリマッチ。2回にダウンを奪われるも徐々に巻き返し、10回に右ストレートでダウンを奪ったところでレフェリーストップ、TKO勝利で防衛成功[9]

2013年12月10日、4度目の防衛戦を村中優相手に行う。手数を増やして攻めるものの、右フックを浴びて3回にダウンを奪われ、1-2判定で敗れ王座陥落となった[10]

世界王座再挑戦編集

2014年3月4日、ナコーンラーチャシーマー県に乗り込み、ヨーッモンコン・ウォー・センテープの持つWBA世界フライ級暫定王座に挑戦するが、0-2判定で王座獲得に失敗した[11]

2014年10月10日、後楽園ホール久高寛之と対戦し、3-0の判定勝ちを収め再起に成功した[12]

2015年4月27日、JBCは最新ランキングを発表し、粉川を日本フライ級1位にランクインした[13][14]

日本王座再獲得編集

2015年7月17日、村中優の王座剥奪に伴い日本フライ級2位の斎藤洋輝と日本フライ級王座決定戦を行い、10回3-0(97-93、98-92が2者)の判定勝ちを収め日本王座への返り咲きに成功した[15]

2015年7月30日、JBCは最新ランキングを発表し、粉川を日本フライ級王者としてランクインした[16][17]

2015年8月5日、東日本ボクシング協会月間賞選考委員会は日本王座に返り咲いた粉川を2015年7月度の月間敢闘賞に選出した[18]。同日、WBCは最新ランキングを発表し、粉川をWBC世界フライ級15位にランクインした[19][20]

2015年11月5日、後楽園ホールで行われた「DANGAN144」で林徹磨と対戦し、10回3-0(97-93が2者、96-94)の判定勝ちを収め日本フライ級王座の初防衛に成功した[21]

2015年12月3日、IBFは最新ランキングを発表し、粉川をIBF世界フライ級13位にランクインした[22][23]

2015年12月10日、WBAは最新ランキングを発表し、粉川をWBA世界フライ級15位にランクインした[24][25]

2016年3月18日、後楽園ホールで行われた「DANGAN157」で元日本ライトフライ級王者で日本フライ級1位の黒田雅之と対戦し、10回3-0(97-93、98-92が2者)の判定勝ちを収め日本フライ級王座の2度目の防衛に成功した[26]

2016年4月13日、WBCは最新ランキングを発表し、粉川をWBC世界フライ級15位にランクインした[27][28]

2016年7月12日、WBCは最新ランキングを発表し、粉川をWBC世界フライ級15位にランクインした[29][30]

2016年7月15日、後楽園ホールで行われた「DANGAN163」で日本フライ級7位の大嶽正史と対戦し、10回3-0(100-90が2者、99-91)の判定勝ちを収め日本フライ級王座の3度目の防衛に成功した[31]

2016年7月27日、WBOは最新ランキングを発表し、粉川をWBO世界フライ級9位にランクインした[32][33]

2016年10月25日、後楽園ホールで行われた「DANGAN168/Tomorrow's Champion32」で日本フライ級4位の新井雄大と対戦し、10回3-0(97-93が2者、98-92)の判定勝ちを収め日本フライ級王座の4度目の防衛に成功した[34]

2017年6月13日、後楽園ホールで行われた「DANGAN185」で暫定王者の黒田雅之と日本フライ級王座統一戦を行い、10回1-2(95-94、93-96、94-95)の判定負けを喫し王座統一に失敗、1年11ヵ月保持していた正規王座は暫定王座に吸収される形で消滅した[35]

2017年12月7日、IBFは最新ランキングを発表し、粉川をIBF世界フライ級3位にランクインした[36]

2017年12月11日、後楽園ホールで行われた「DANGAN203」で藤本直人と53.0kg契約8回戦を行い、8回3-0(77-76、77-75、78-74)の判定勝ちを収め再起を果たした[37]

2018年1月12日、WBCは最新ランキングを発表し、粉川をWBC世界フライ級15位にランクインした[38][39]

戦績編集

  • プロボクシング:34戦 29勝(13KO) 5敗
日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考
1 2005年6月26日 勝利 4R 判定3-0 齋藤慶尚(角海老宝石)   日本 デビュー戦
2 2005年10月10日 勝利 4R 1:24 TKO 茂木公弘(ナカハマ)   日本
3 2006年4月18日 勝利 4R 0:15 負傷判定3-0 松本光司(五代)   日本
4 2006年6月13日 勝利 4R 判定2-0 小林拓也(花形)   日本
5 2006年8月1日 勝利 4R 0:52 KO トップネーション大原(川島)   日本
6 2006年9月28日 敗北 4R 判定0-3 日高亮(W三迫)   日本
7 2007年1月24日 勝利 6R 判定3-0 原田英雄(横浜光)   日本
8 2007年5月8日 勝利 3R 0:05 TKO 石渡謙次(船橋ドラゴン)   日本
9 2007年8月6日 勝利 1R 1:47 KO 野中孝政(M.T)   日本
10 2007年10月30日 勝利 5R 2:20 TKO 丸山有二(野口)   日本
11 2008年3月8日 勝利 1R 2:43 KO ヨック・シッサイトーン   タイ
12 2008年9月28日 勝利 10R 判定3-0 リチャード・オリサ   フィリピン
13 2008年12月23日 勝利 4R 0:42 TKO ワンパデスック・シッサイトーン   タイ
14 2009年7月7日 勝利 10R 判定3-0 熊朝忠   中国
15 2009年11月29日 勝利 1R 1:56 KO モクル・ギラルアングレンスパン   タイ
16 2010年3月9日 勝利 3R 0:37 TKO 李範永   韓国
17 2010年5月9日 勝利 2R 2:15 KO ナンポンノイ・パタナカーンジム   タイ
18 2010年10月28日 勝利 6R 1:50 負傷判定3-0 ダニーロ・ペーニャ   フィリピン OPBF東洋太平洋スーパーフライ級王座決定戦
19 2011年7月1日 敗北 12R 判定0-3 ポンサクレック・ウォンジョンカム   タイ WBC世界フライ級タイトルマッチ
20 2012年1月26日 勝利 10R 判定3-0 池原繁尊(横浜光)   日本 日本フライ級王座獲得
21 2012年4月26日 勝利 10R 判定3-0 林徹磨(セレス)   日本 日本王座防衛1
22 2012年10月31日 勝利 9R 0:50 TKO 山口桂太(八王子中屋)   日本 日本王座防衛2
23 2013年2月27日 勝利 10R 0:12 TKO 池原繁尊(横浜光)   日本 日本フライ級王座防衛3
24 2013年9月2日 勝利 3R 2:01 KO ペックラピー・シッサイトーン   タイ
25 2013年12月10日 敗北 10R 判定1-2 村中優(F赤羽)   日本 日本フライ級王座陥落
26 2014年3月4日 敗北 12R 判定0-2 ヨーッモンコン・ウォー・センテープ   タイ WBA暫定・世界フライ級タイトルマッチ
27 2014年10月10日 勝利 8R 判定3-0 久高寛之(仲里)   日本
28 2015年7月17日 勝利 10R 判定3-0 斎藤洋輝(ワタナベ)   日本 日本フライ級王座決定戦
29 2015年11月5日 勝利 10R 判定3-0 林徹磨(セレス)   日本 日本フライ級王座防衛1
30 2016年3月18日 勝利 10R 判定3-0 黒田雅之(川崎新田)   日本 日本フライ級王座防衛2
31 2016年7月15日 勝利 10R 判定3-0 大嶽正史(石橋)   日本 日本フライ級王座防衛3
32 2016年10月25日 勝利 10R 判定3-0 新井雄大(渡嘉敷)   日本 日本フライ級王座防衛4
33 2017年6月13日 敗北 10R 判定1-2 黒田雅之(川崎新田)   日本 日本フライ級王座陥落
34 2017年12月11日 勝利 8R 判定3-0 藤本直人(新日本木村)   日本
テンプレート

獲得タイトル編集

エピソード編集

  • 日本で2011年に発売されたエナジードリンク「マッドクロック」のイメージキャラクターをF1ドライバーの小林可夢偉とともに務めている。
  • 2012年7月9日、タカラトミーのロボット玩具「バトロボーグ20」の発売直前イベントに登場し、お笑い芸人のスギちゃんと“「バトロボーグ20」ワイルド級タイトルマッチ”を決行。負けたら、次の試合のリングインの時にスギちゃんが着ているデニムの上着を羽織るという罰ゲームを突きつけられた。3戦で2勝1敗だったが、泣きの1回をせがまれ敗れ、デニムでリングインとなった。実行するかは「スポンサーとの相談」次第。[40]

脚注編集

  1. ^ 選手情報 TBS
  2. ^ a b c “先輩・内藤に続くポンサク討ちならず…粉川「また一から」”. スポーツニッポン. (2011年7月2日). http://www.sponichi.co.jp/battle/news/2011/07/02/kiji/K20110702001126380.html 
  3. ^ 粉川、熊を判定に破る ボクシングニュース「Box-on!」 2009年7月7日
  4. ^ 小関3度目の防衛-WBC女子アトム級 ボクシングニュース「Box-on!」 2009年11月30日
  5. ^ 内藤の後輩粉川が新王座に OPBF・S・フライ級戦 ボクシングニュース「Box-on!」 2010年10月29日
  6. ^ 粉川がベルト獲得 日本フライ級王座決定戦 ボクシングニュース「Box-on!」 2012年1月27日
  7. ^ 粉川が初防衛 日本フライ級戦 ボクシングニュース「Box-on!」 2012年4月29日
  8. ^ “宮田ジムがボクシング界初ネット生中継”. デイリースポーツ. (2012年10月30日). http://www.daily.co.jp/ring/2012/10/30/0005489845.shtml 
  9. ^ “粉川が激戦を制しV3 日本フライ級戦”. ボクシングニュース「Box-on!」. (2013年2月27日). http://boxingnewsboxon.blogspot.jp/2013/02/blog-post_768.html 
  10. ^ “村中が判定で新王者/ボクシング”. 日刊スポーツ. (2013年12月11日). http://www.nikkansports.com/battle/news/p-bt-tp0-20131211-1229843.html 2013年12月11日閲覧。 
  11. ^ 粉川、暫定タイトル獲得ならず、WBAフライ級 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年3月4日
  12. ^ 粉川拓也が久高寛之に3-0判定勝ち Boxing News(ボクシングニュース) 2014年10月10日
  13. ^ 2015年4月度日本ランキング 日本ボクシングコミッション(JBC) 2015年4月27日
  14. ^ フライ級は粉川拓也が決定戦に 最新日本ランク Boxing News(ボクシングニュース) 2015年4月27日
  15. ^ 粉川拓也3-0判定勝ち、日本F級王座返り咲き Boxing News(ボクシングニュース) 2015年7月17日
  16. ^ 2015年7月度日本ランキング 日本ボクシングコミッション(JBC) 2015年7月30日
  17. ^ 最新日本ランキング、5選手が新たにランクイン Boxing News(ボクシングニュース) 2015年7月30日
  18. ^ 井上拓真が月間MVP獲得、敢闘賞は粉川拓也 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年8月5日
  19. ^ RATINGS WBC公式サイト 2015年8月5日
  20. ^ 近藤明広がIBF・SL14位、WBC・OPBFもランク発表 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年8月7日
  21. ^ 粉川拓也が2度目の王座初防衛、林徹磨またも届かず Boxing News(ボクシングニュース) 2015年11月5日
  22. ^ IBF Ratings IBF公式サイト 2015年12月3日
  23. ^ 辰吉Jr・中澤の試合をG+生中継、福原らIBFランク入り Boxing News(ボクシングニュース) 2015年12月5日
  24. ^ World Boxing Association Ranking WBA公式サイト 2015年12月10日
  25. ^ 最新ランキング、ヒューリーが2団体で月間MVP Boxing News(ボクシングニュース) 2015年12月11日
  26. ^ 粉川拓也がV2、黒田雅之に大差判定勝ち Boxing News(ボクシングニュース) 2016年3月18日
  27. ^ RATINGS WBC公式サイト 2016年4月13日
  28. ^ WBC最新ランキング、田中恒成がL・フライ級12位に Boxing News(ボクシングニュース) 2016年4月14日
  29. ^ RATINGS WBC公式サイト 2016年7月12日
  30. ^ 比嘉大吾がWBCでもランク入り、月間MVPはロペス Boxing News(ボクシングニュース) 2016年7月12日
  31. ^ 粉川拓也が大差判定V3、37歳・大嶽正史の奮闘及ばず Boxing News(ボクシングニュース) 2016年7月15日
  32. ^ WBO RANKING JULY 2016 WBO公式サイト 2016年7月27日
  33. ^ 内山高志、村中優らがWBOランキング登場 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年7月29日
  34. ^ 粉川拓也が日本王座V4 新鋭の新井雄大に3-0判定 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年10月25日
  35. ^ 黒田雅之が日本F級新王者、粉川拓也に2-1勝ち Boxing News(ボクシングニュース) 2017年6月13日
  36. ^ IBF Ratings IBF公式サイト 2017年12月7日
  37. ^ 船井龍一が2回TKOでV2、久高が日本王座挑戦権獲得 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年12月11日
  38. ^ RATINGS WBC公式サイト 2018年1月12日
  39. ^ 拳四朗がWBC準月間MVP OPBFもランキング発表 Boxing News(ボクシングニュース) 2018年1月15日
  40. ^ “タカラトミー、「バトロボーグ20」の発売直前イベントを開催 “ワイルド”スギちゃんが、日本フライ級チャンピオンに挑む!”. GAME Watch. (2012年7月9日). http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20120709_545858.html 2012年9月20日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集

空位
前タイトル保持者
河野公平
第31代OPBF東洋太平洋スーパーフライ級王者

2010年10月28日 - 2011年11月20日(返上)

空位
次タイトル獲得者
赤穂亮
空位
前タイトル保持者
五十嵐俊幸
第53代日本フライ級王者

2012年1月26日 - 2013年12月10日

次王者
村中優
空位
前タイトル保持者
村中優
第55代日本フライ級王者

2015年7月17日 - 2017年6月13日

次王者
黒田雅之