メインメニューを開く

ユーロビジョン・ソング・コンテスト1975

第20回ユーロビジョン・ソング・コンテスト(Eurovision Song Contest Sveriges Radio)は1975年3月22日(土曜日)にスウェーデンの首都ストックホルムザンクト・エリックス・メッセ(ストックホルム国際見本市会場)(4,000人収容)で開催された。製作はSRスウェーデン放送。プレゼンターのカリン・ファルクはスウェーデン語、英語とフランス語を使用。放送時間は2時間12分で、初めての2時間超えとなった。

ユーロビジョン・ソング・コンテスト1975
日程
決勝 3月22日
主催者
会場  スウェーデン ストックホルム
ザンクト・エリックス・メッセ
司会 カリン・ファルク
指揮者 Mats Olsson
主催放送局 SRスウェーデン放送
幕間演技 ヨン・バウエルの世界
参加者
参加国数 19
新規参加 トルコの旗 トルコ
復帰 フランスの旗 フランス
マルタの旗 マルタ
撤退 ギリシャの旗 ギリシャ
投票
優勝曲 オランダの旗 オランダ
"愛の鐘の音"
ユーロビジョン・ソング・コンテスト
◄1974 Wiki Eurovision Heart (Infobox).svg 1976►
ザンクト・エリックス・メッセ

市民の反対運動編集

左派系市民が、国税を商業的な催事であるユーロビジョン・コンテストにつぎ込むことに反対。SRに抗議の声が寄せられた。SRは「開催費用を全参加国全で共同負担にすべきではないか」とEBU欧州放送連合に申し入れたが、協議は不調に終わった。

セキュリティ強化編集

西ドイツ各地で連続15件の爆破事件を起こしていたRAFドイツ赤軍(パレスチナ解放人民戦線と連動)が「西ドイツ大使館を襲撃する」との予告があり、イスラエル代表団への襲撃も懸念された。このため、テロ対策のセキュリティ強化をしなければならなかった。

ポルトガル代表ドゥアルテ・メンデスは、前年のカーネーション革命で民主化されたことを祝う"Madrugada(夜明け)"を歌うにあたって、軍服に銃を携えてステージに立とうとしたため、主催者に咎められ、ひと悶着になった。尚、前年のポルトガル代表パウロ・デ・カルヴァーリョの"E depois do adeus"(別れの後で)は軍事クーデター開始の暗号だったとも言われている。

参加国及び放送ネットワーク編集

フランス、マルタの復帰と同時にトルコが新規参入、ギリシャの欠場により、3増1減で19ヶ国となった。トルコの参加についてはギリシャが強く反発。これは、前年にトルコがキプロス侵攻していたためのボイコット行動となった。

( )内数字は参加回数
不参加ながら中継放送を実施した局  ・ORF オーストリア放送協会DR デンマーク放送協会EPT ギリシャ国営放送RÚV アイスランド国営放送

 
ティーチ・イン

投票方法編集

またしても、投票方式が変更された。各国10人の審査員(ヤングとシニアの半々)が気に入った他国の10曲に投票。最高が12、次が10、それに続くものが8-1点として採点。演目終了後出場国順に口頭発表。これを司会者が3ヶ国語で復唱の上、スコアボードに掲示するというもの。この方式は現在まで引き継がれている。

結果編集

登場順 国名 言語 アーティスト名 曲目
(英題/他言語)
順位 得点
01   オランダ Teach-In
ティーチ・イン
Ding-a-dong
(蘭:Dinge-dong)
1 152
02   アイルランド The Swarbriggs
スワルブリッグス
That's What Friends Are For 9 68
03   フランス Nicole Rieu
ニコール・リュー
Et bonjour à toi l'artiste
(en:Live for love)
4 91
04   西ドイツ 独,英 Joy Fleming
ジョイ・フレミング
Ein Lied kann eine Brücke sein
(en:Bridge of Love)
17 15
05   ルクセンブルク Geraldine
ジェラルディーン
Toi
(en:You)
5 84
06   ノルウェー Ellen Nikolaysen
エレン・ニコライセン
Touch my life with Summer
(no:Det skulle ha vært sommer nå )
18 11
07   スイス Simone Drexel
シモーネ・ドレクセル
Mikado 6 77
08   ユーゴスラビア sl Pepel in kri
ペペル・イン・クリ
Dan ljubezni
(en:A day of love)
13 22
09   イギリス The Shadows
ザ・シャドウズ
Let me be the One 2 138
10   マルタ Renato
レナート
Singing This Song 12 32
11   ベルギー 蘭,英 Ann Christy
アン・クリスティ
Gelukkig Zijn
(en:Could it be happiness )
15 17
12   イスラエル he שלמה ארצי
ショロモ・アーツ
את ואני
(en:You and me)
11 40
13   トルコ Semiha Yanki
セミハ・ヤンキ
Seninle Bir Dakika
(en:Love is the name of the game)
19 3
14   モナコ Sophie
ソフィー
Une Chanson C'est Une Lettre 14 22
15   フィンランド Pihasoittajat
フィアソイッタヤト
Old Man Fiddle
(fi:Viulu-ukko )
7 74
16   ポルトガル Duarte Mendes
ドゥアルテ・メンデス
Madrugada
(en:April dawn)
16 16
17   スペイン 西 Sergio and Estibaliz
セルジオ&エスティバリス
Tu Volveras
(en:Love come home )
10 53
18   スウェーデン Lasse Berghagen
ラッセ・ベルグハーゲン
Jennie, Jennie 8 72
19   イタリア Wess Ghezzi e Dori Ghezzi
ウェス&ドリー
Era
(en: Fallin')
3 115

言語  fi=フィンランド語, he=ヘブライ語, nl=オランダ語, no=ノルウェー語, sl=スロベニア語, 伊=イタリア語, 英=英語, 蘭=オランダ語, 西=スペイン語, 独=ドイツ語, 土=トルコ語, 仏=フランス語, 葡=ポルトガル語

得点表編集

審査員












西






















































  オランダ 152 8 5 8 10 12 6 8 12 12 3 12 4 10 10 7 12 12 1
  アイルランド 68 6 6 4 7 1 6 4 12 1 4 3 10 4
  フランス 91 8 12 3 8 7 2 7 1 7 12 8 8 8
  西ドイツ 15 8 3 4
  ルクセンブルク 84 12 10 3 7 3 5 6 5 5 8 6 4 10
  ノルウェー 11 2 2 7
  スイス 77 7 2 10 6 2 1 5 6 8 7 5 4 2 12
  ユーゴスラビア 22 3 4 2 5 1 7
  イギリス 138 4 3 12 10 12 7 8 12 8 10 10 12 7 5 10 5 3
  マルタ 32 1 8 5 2 4 2 7 1 2
  ベルギー 17 5 7 3 2
  イスラエル 40 10 1 1 1 1 5 2 1 1 6 3 6 2
  トルコ 3 3
  モナコ 22 3 4 2 1 2 2 3 5
  フィンランド 74 5 12 6 10 12 5 4 8 8 1 3
  ポルトガル 16 2 12 2
  スペイン 53 7 5 3 5 4 4 4 3 4 8 6
  スウェーデン 72 7 7 8 1 6 7 2 3 8 6 6 6 5
  イタリア 115 6 4 4 3 6 10 10 10 10 6 5 10 1 12 10 7 1

歌詞編集

各曲の歌詞については以下を参照のこと

Diggiloo Thrush

出典編集

英語版・フランス語版・スウェーデン語版