ユーロ3000選手権(Euroseries 3000、Euro Formula 3000)は、かつてイタリアを中心にヨーロッパ各国を転戦していた、フォーミュラカーによるレースシリーズ。フォーミュラ3000規格の車を用いて争われた。

ユーロ3000選手権
カテゴリ フォーミュラカー
地域 ヨーロッパ
開始年 1999
終了年 2009
コンストラクター ローラ
エンジン
サプライヤー
ザイテック
タイヤ
サプライヤー
ミシュラン
最終
ドライバーズ
チャンピオン
イギリスの旗 ウィル・ブラット
最終
チーム
チャンピオン
イタリアの旗 FMS インターナショナル

概要編集

1999年に発足した「イタリアF3000選手権」が発展して、2001年にスタートした選手権。そのためイタリア国内のサーキットで行われるレースに限り、イタリアF3000選手権が併催された形で行われた。元F1コンストラクターでもあったコローニがシリーズ運営の主体となった。

当初は国際F3000との競合を避けるため、国際F3000で使われなくなった旧型シャシーにより争われるレースとして発足した。2007年までレースに参戦可能な車はレギュレーションでローラ・B99/50(1999年~2001年にかけて国際F3000で使用)、B02/50(同じく2002年~2004年にかけて使用)の2車種に限定されていた。2008年よりB06/50も認められた。エンジンは旧国際F3000と同じくザイテックワンメイク。タイヤもミシュランワンメイクとなっている。

以前は「国際F3000でシートを確保できず、かといって今更F3にも戻れないドライバーの避難場所」としてワールドシリーズ・バイ・ニッサンなどに似た扱いを受けてきた。それでも、2001年にシリーズチャンピオンを獲得したフェリペ・マッサがその後F1で活躍したことや、元ミナルディのオーナーだったジャンカルロ・ミナルディが自らのチームを率いて2006年より参戦を開始したことなどにより注目が高り、2007年からはシリーズチャンピオンに無条件にF1参戦に必要なスーパーライセンスが発給されるに至った。しかし、2009年国際自動車連盟(FIA)のレギュレーション改訂で、シリーズチャンピオンへのスーパーライセンス発給の特典は消滅した。

本シリーズは2009年限りで終了し、2010年から新たに発足した後継カテゴリー『Auto GP』に移行している。

シリーズチャンピオン編集

シリーズ名 チャンピオン
1999年 Italian Formula 3000   ジョルジオ・ビィネェーラ
2000年 Italian Formula 3000   リカルド・スペラフィコ
2001年 Euro Formula 3000   フェリペ・マッサ
2002年 Euro Formula 3000   ジェイミー・メロ, Jr.
2003年 Euro Formula 3000   アウグスト・ファルフス
2004年 Superfund Euro Formula 3000   ニッキー・パストレッリ
2005年 Italian Formula 3000   ルカ・フィリッピ
2006年 Euroseries 3000   ジャコモ・リッチ
2007年 Euroseries 3000   ダビデ・リゴン
2008年 Euroseries 3000   ニコラ・プロスト
2009年 Euroseries 3000   ウィル・ブラット