ヨアハズ (イスラエル王)

ヨアハズヘブライ語: יְהוֹאָחָזYəhō’āḥāz)は、北イスラエル王国の第11代の王。エホアハズ口語訳聖書新改訳聖書)とも表記される。父イエフを継いで王になったが、ヤロブアムの導入した偶像礼拝から離れなかった。名はヘブライ語で「ヤハウェが持つ」という意味。

ヨアハズ
יְהוֹאָחָז
北イスラエル王
Jehoahaz of Israel.jpg
在位 紀元前814年頃 - 紀元前798年

死去 紀元前798年
子女 ヨアシュ
王朝 イエフ朝
父親 イエフ
テンプレートを表示

治世編集

紀元前814年頃、父イエフを継いで王になった。治世中にアラムハザエルベン・ハダデ2世の攻撃を受けた。ユダ王国とも緊張が続いて国力は衰えた。17年王位にあった。

ヨアハズの死後、実子ヨアシュが王位についた。

参考文献編集

  • 「新聖書辞典」いのちのことば社、1985年