メインメニューを開く

ヨアン・ボウヘリヨン

オランダ東インド会社の人物

ヨアン・ボウヘリヨン(John Bouche Lion)は、オランダ東インド会社の社員で、第24代、第26代、および第28代のオランダ商館長

経歴編集

1641年にインドに向かう。1655年、出島のオランダ商館長に任じられた後、オランダ領台湾に異動する。1657年には2度目、1659年に三度目の出島商館長に就任する。1661年にオランダに戻った。

参考資料編集

Wijnaendts van Resandt (1944) De gezaghebbers der Oost-Indische Compagnie op hare buiten-comptoiren in Azië, p. 142-143.

先代:
レオナルド・ウインニンクス
オランダ商館長(第24代)
1655年10月23日 - 1656年11月1日
次代:
ツァハリアス・ヴァグナー
先代:
ツァハリアス・ヴァグナー
オランダ商館長(第26代)
1657年10月27日 - 1658年10月23日
次代:
ツァハリアス・ヴァグナー
先代:
ツァハリアス・ヴァグナー
オランダ商館長(第28代)
1659年11月4日 - 1660年10月26日
次代:
ヘンドリック・インディヤック