メインメニューを開く
1840年に落成した新校舎。後に大学図書館となるが、第二次世界大戦中のハンブルク大空襲で全壊した。
拡大
1840年に落成した新校舎。後に大学図書館となるが、第二次世界大戦中のハンブルク大空襲で全壊した。

ヨハネウム学院 (Gelehrtenschule des Johanneums) は、ドイツのハンブルクにある学校。ハンブルクで最も伝統のある学校で、創立は1529年[1]。ラテン語とギリシャ語を教える学校である[2]


歴史編集

 
ブーゲンハーゲン(1532年)

ヨハネウム学院はヨハネス・ブーゲンハーゲンドイツ語版(1485-1558)によって1529年に設立された。これには宗教改革と新旧両派の対立が深く関わっている。ドイツ北部の帝国自由都市ハンブルクでは、新教側旧教側の教会の特権や資産を剥奪し、それを以って新しい学校の設立に充てたのだった。

宗教改革と古典語教育編集

ブーゲンハーゲンは、宗教改革を行ったマルティン・ルター(1483-1546)の右腕とも言える存在で、ヴィッテンベルクからルターの教えをドイツ北部や北欧に広めた人物である。ルターはラテン語を読めずドイツ語しかわからない民衆のためにドイツ語訳聖書を作ったが、それはもっぱらドイツ南部で使われている高地ドイツ語に則って書かれていて、ドイツ北部で使われている低地ドイツ語地域では必ずしもじゅうぶんに意味が通じるものではなかった。ブーゲンハーゲンはルターの聖書をさらに低地ドイツ語に翻訳し、ドイツ北部からバルト海沿岸、北欧へと伝導していったのである[3][4]

彼らはまた北ドイツ各地の領邦諸国や自由都市の学校改革に取り組んだ。その中心となったのが「ギムナジウム」(Gymnasium)と称する中等教育機関の設立である。中世以来、諸国の大学(高等教育機関)では、哲学神学を修めるための準備段階として、ヘブライ語ギリシア語ラテン語の3古典語と数学といった、基礎的素養を習得する期間を設けていた。ギムナジウムはそうした準備教育を引き受ける機関として創設され、大学は準備教育から解放されることになった[注 1][5][6][3]。学者を育てるための学校という目的のため、「ギムナジウム」は「学者学校」の訳語が当てられる場合もある。これに対して学校卒業後に社会にでる者を養成することを目的とする学校を「Realschule(リアルシューレ、実科学校)」という[7]

 
創立者ブーゲンハーゲンの銅像

なお、現代の教育体系では「ギムナジウム」は中等教育機関に位置づけられているが、当時は、大学への準備教育として古典語教育を行うという趣旨の学校があちこちで設立されるにあたって、名称は領邦ごとにまちまちだった。「ギムナジウム」以外に用いられた名称としては、「Fürstenschule(フュルステンシューレ、王侯学校[注 2])」、「Landesschule(ランドシューレ、領邦学校)」、「Pedagogium(ペダゴギウム[注 3])」などがあり、総称として「Gelehrtenschuleゲレールテンシューレ、学者学校、古典語学校、教養学校)」とも言う[6]。ヨハネウム学院もギムナジウムとして設立されたものであるが、名称は「Gelehrtenschule des Johanneums」と「ゲレールテンシューレ」を称している[5][6][3][8]

ハンブルクでの宗教改革と学院の創立 編集

 
1589年のハンブルクの地図に描かれた聖ヨハネス教会とヨハネウム学院

ドイツ北部の自由都市ハンブルクには、教区教会が4つ、そのほかフランチェスコ会シトー会ドミニコ会などの教会や修道院があり、それらの聖職者たちは市参事会員としての政治的権力をはじめ、免税や裁判などの世俗的な特権を有していた。宗教改革が始まると、各教区の中で分裂や対立が始まり、市民は旧教の聖職者たちの追放を求めて衝突するようになった。この混乱が落ち着くまでには数年を要し、最終的にブーゲンハーゲンを招致してハンブルクの教会と学校の規定の作成を任せることになった[9][10][5][4]

ブーゲンハーゲンは、ハンブルク聖堂と聖ニコライ教会など教区教会に附属していたラテン語学校を閉鎖、これらを一元化して、聖ヨハネス教会の修道院を学校とすることにした。これがヨハネウム学院の始まりである。初代の校長にはヴィッテンベルクのテオフィルス・ヘルメラートゥス(Theophilus Hermelates)が招聘された。開校日は1529年5月24日で、これはブーゲンハーゲンが創立したギムナジウムとしては前年のブラウンシュヴァイクに次いで2番めのものだった[5][4][9][10][注 4]

創立当時の授業料は、上流階級の子弟は年に銀貨8枚、普通の子弟はその半額[注 5]、貧困層の子弟は免除となっていた。教師は7名から成り、Magister(マジスター、修士)であり豊かな学識をもつ校長(Rektor)、副校長(Subrektor)1名、平教員(Pedagogy)4名、それに合唱指揮者Kantor)がいた。学院は5学級から構成されていた[注 6][5]

ところで、「北ドイツの福音伝道師」と称されたブーゲンハーゲンは必ずしも「聖人」でなかったことを示す逸話がハンブルクに残されている。学校設立を依頼されたブーゲンハーゲンは、妻子や従者を引き連れて自由都市ハンブルクにやってきて8ヶ月にわたって滞在したのだが、その間、ハンブルク市による接待などを受けて豪遊し、立ち去るときにも法外な謝礼をとった。ブーゲンハーゲンが受け取った額は、ギムナジウムの校長の2年半ぶんの収入に相当する金貨100枚、さらにブーゲンハーゲンの妻までも金貨20枚を得ている。一行はハンブルクの次にリューベックへギムナジウムを設立しに行くのだが、そこでも純金製の酒杯や杖を受け取っている。ブーゲンハーゲンの従者が「使徒は伝道の謝礼を受け取ったでしょうか」と尋ねると、ブーゲンハーゲンは「そうだ」と答えたという[5]

学院の移転と現状編集

 
シュペアゾルトに移転後の校舎(1840年)
 
マリア・ルイーザ通りの現校舎

当初はゲレールテンシューレ(学者学校、古典語学校)として学者を養成し、啓蒙主義時代の識者を輩出していたが、後には「Bürgerschule(ビュルガーシューレ、市民学校)」となり、商人たちの子息を教えるようになった[2]

ハンブルク市では19世紀前半になると、老朽化した学院の校舎と聖ヨハネス教会の再築の計画がもちあがった。資金集めには10年以上を要し、最終的に1838年から新校舎の建築が始まった。新しい学院は、シュペアゾルト(Speersort)地区の大聖堂跡地に立てられることになった。なお、元の校舎があった場所は、今は市庁舎前の広場になっている。1840年に完成した新校舎は、左右両翼の棟の中央にアーケードがあり、その中央の南面に正門が設けられている。完成の2年後の1842年にはハンブルク大火があったが、新校舎はこれを耐え抜いて無事だった[1][2][11]

1914年に、学院は新たにマリア・ルイーザ通り(Maria-Louisen-Straße)114番に移転することになった。これが現在のヨハネウム学院の校舎である。校舎はフリッツ・シューマッハーの設計によるもので、ハンブルク市の文化遺産(1979年指定)となっている。敷地内のブーゲンハーゲンの銅像は彫刻家のエンゲルバート・ファイファー(Engelbert Peiffer)が1888年に製作したもので、こちらも文化遺産(1958年指定)である[1][2][11][12]

2007年5月24日に、学院に新しい体育館が建築された。体育館のほか、劇場や音楽室、美術室、喫茶室なども兼ね備えた3階建ての会館である。建設費はほとんど寄付で賄われたが、総工費550万ユーロのうち、学院の卒業生である匿名の篤志家が1人で100万ユーロを寄付したと伝えられている[11]

なお、1840年築の旧校舎はハンブルク大学の図書館(Staats- und Universitätsbibliothek Hamburg)として利用されていたが、1943年のハンブルク空襲で破壊された。僅かに残っていた部分も戦後の道路拡張によって撤去された[2]

教員編集

ヨハネウム学院の教授ともあろう者が、この世界の現象に理由を見つけることができなかったら、これは恥辱のきわみだ![13] — オットー・リーデンブロック教授、『地底旅行

ジュール・ヴェルヌの『地底旅行』(1864年)に出てくるオットー・リーデンブロック教授はヨハネウム学院の鉱物学の教授ということになっている。

歴代校長編集

ヨハネウム学院の校章
17世紀の校長Joachim Jungius
18世紀の校長Johann Albert Fabricius
19世紀の校長Johann Gottfried Gurlitt
19世紀の校長Richard Hoche
音楽指導者Thomas Selle
音楽指導者テレマン
就退任年 名前 生没年 備考
1529 – 1537 Theophilus Hermelates (Theophil Freytag)
1537 - 1565 Matthäus Delius 1500 - 1565
1565 - 1574 Martin Mecklenburg
1575 - 1590 Werner Rolfinck
1591 - 1619 Paul Sperling
1620 - 1626 Zacharias Scheffter 1568 - 1626
1627 - 1628 Johann Huswedel 1575 - 1651
1629 - 1640 Joachim Jungius 1587 - 1657
1640 - 1651 Daniel Arnoldi
1651 - 1660 Peter Westhusen
1661 - 1680 Heinrich Dassov
1681 - 1682 Gottfried Voigt
1683 - 1708 Johannes Schultze
1708 - 1711 Johann Albert Fabricius 1668 - 1736
1711 - 1731 Johann Hübner 1668 - 1731
1732 - 1773 Johann Samuel Müller 1701 - 1773
1773 - 1781 Johann Martin Müller 1722 - 1781
1782 - 1799 Anton August Heinrich Lichtenstein 1753 - 1816
1802 - 1827 Johann Gottfried Gurlitt 1754 - 1827
1827 - 1861 Friedrich Karl Kraft 1786 - 1866
1863 Theodor Kock 1820 - 1901
1864 - 1874 Johannes Classen 1805 - 1891
1874 - 1888 Richard Hoche 1834 -1906
1888 - 1919 Friedrich Schulteß
1919 - 1925 Emil Badstübner
1925 - 1933 Edmund Kelter 1867 - 1942
1933 - 1942 Werner Puttfarken 1889 - 1964
1942 - 1945 Erwin Zindler
1945 - 1946 Wilhelm Sieveking 1895 - 1946
1946 - 1951 Hans Wegner
1951 - 1952 Helmut Thede
1952 - 1953 Heinz Fahr
1954 - 1961 Hans Oppermann 1895 - 1982
1961 - 1968 Harald Schütz
1968 - 1970 Horst-Heinz Rußland
1970 - 1972 Peter Steder
1972 - 2001 Hans-Friedrich Bornitz
2001 - 2011 Uwe Reimer
2011 - Inken Hose
  • (2017年1月1日現在[14]

教員編集

音楽指導者編集

就退任年 名前 生没年 備考
1580/1581 - 1590 Franz Eler 000? – 1590 Succentorとして
1605 - 1637 Erasmus Sartorius 1577 - 1637
1641 - 1663 Thomas Selle 1599 – 1663
1663 - 167? クリストフ・ベルンハルト 1628 - 1692
1675 - 1721 Joachim Gerstenbüttel 1650 - 1721
1721 - 1767 ゲオルク・フィリップ・テレマン 1681 - 1767
1768 - 1788 カール・フィリップ・エマヌエル・バッハ 1717 - 1788 バッハの次男。
1789 - 1822 Christian Friedrich Gottlieb Schwencke 1714 - 1788

主な出身人物編集

16世紀編集

17世紀編集

18世紀編集

 
1744年の校舎

19世紀編集

20世紀以降編集

脚注編集

注釈編集

  1. ^ ルターがドイツ語で聖書を書いたとはいえ、16世紀にはまだ大学ではラテン語が用いられていた。トマジウスが大学でドイツ語での授業を目論んで追放されたのは17世紀の終わりであり、大学でドイツ語が一般的になるのは、ヨハネウム学院設立からまだ数百年先のことである。
  2. ^ フュルステンシューレは、フュルストが設立した学校の意味で、「王侯立学校」などと訳されることもある。フュルストは一般的には「公・公爵」または「侯・侯爵」と訳されるが、広い意味では王、伯爵、大司教などの諸侯の総称として用いられることもある。詳しくはフュルストおよび公#ドイツ諸侯参照。
  3. ^ Pedagogyは教員のこと。
  4. ^ このとき、旧教の修道院がいくつか閉鎖されたり、財産を没収されたりした。彼らは神聖ローマ皇帝へ訴え出て、皇帝は市に旧教教会から取り上げた資産を返還するよう命じたが市は従わず、プロテスタント諸侯とシュマルカルデン同盟を構成し、やがてシュマルカルデン戦争に発展する。最終的に結ばれたアウクスブルクの和議の結果、プロテスタント側の処置が確定することになった。
  5. ^ 正確には「12マティール」。当時、1マティールで4ペニッヒ銅貨(de:Pfennig)に相当し、12ペニッヒで1グロシュ銀貨(de:Groschen)に相当した[5]。「ペニッヒ」は英語の「ペニー」に相当。
  6. ^ 1学級が現代の1学年に相当し、学級があがると授業はより高度になっていく。

出典編集

  1. ^ a b c ヨハネウム学院公式サイト,Die Geschichte des Johanneums,2017年1月1日閲覧。
  2. ^ a b c d e ヨハネウム学院公式サイト,AUF DEN SPUREN VON HAMBURGS ÄLTESTER SCHULE,2016年11月1日閲覧。
  3. ^ a b c ヴァイマー、シェーラー『ドイツ教育史』p46-51p46-51
  4. ^ a b c 『啓蒙の都市周遊』p89-110
  5. ^ a b c d e f g 『世界教育史大系11 ドイツ教育史I』p86-89
  6. ^ a b c 『世界教育史大系11 ドイツ教育史I』p89-92
  7. ^ ヴァイマー、シェーラー『ドイツ教育史』p101
  8. ^ 『ドイツ・ギムナジウム200年史:エリート養成の社会史』p2-11
  9. ^ a b 『ドイツ都市宗教改革の比較史的考察―リューベックとハンブルクを中心として―』p37-41
  10. ^ a b 『ドイツ都市宗教改革の比較史的考察―リューベックとハンブルクを中心として―』p59-71
  11. ^ a b c ヨハネウム学院公式サイト,EIN NEUBAU FÜR DAS JOHANNEUM,2016年11月1日閲覧。
  12. ^ ハンブルク市文化遺産リスト(2010年版)Denkmalliste der Freien und Hansestadt Hamburg (PDF) ,459番および591番,2016年11月1日閲覧。
  13. ^ 岩波文庫『地底旅行』p449
  14. ^ ヨハネウム学院公式サイト,Rectores Johannei,2017年1月1日閲覧。

参考文献編集

  • 『世界教育史大系11 ドイツ教育史I』,梅根悟/監修,世界教育史研究会/編,講談社,1976
  • 『ドイツ教育史』,H・ヴァイマー、W・シェラー/著,平野一郎/監訳,黎明書房,1979
  • 『ドイツ・ギムナジウム200年史:エリート養成の社会史』,M・クラウル/著,望田幸男ほか/訳,ミネルヴァ書房,1986,ISBN 4623016617
  • ICU比較文化叢書1『ドイツ都市宗教改革の比較史的考察―リューベックとハンブルクを中心として―』,棟居洋/著,国際基督教大学比較文化研究会,1992
  • 『啓蒙の都市周遊』,エンゲルハルト・ヴァイグル/著,三島憲一・宮田敦子/訳,岩波書店,1997,ISBN 4000006495
  • 『地底旅行』,ジュール・ヴェルヌ/著,朝比奈弘治/訳,岩波文庫,1997,2016(19刷),ISBN 4-00-325692-1

座標: 北緯53度35分23秒 東経10度0分23秒 / 北緯53.58972度 東経10.00639度 / 53.58972; 10.00639