メインメニューを開く

ヨハネス・フリースナー(ドイツ語: Johannes Frießner, 1892年3月22日1971年6月26日)は、ドイツ軍人。最終階級はドイツ国防軍上級大将

ヨハネス・フリースナー
Johannes Frießner
Bundesarchiv Bild 146-1984-018-27A, Johannes Friessner.jpg
生誕 1892年3月22日
Flag of the German Empire.svg ドイツ帝国
Flagge Königreich Sachsen (1815-1918).svg ザクセン王国
ケムニッツ
死没 1971年6月26日
Flag of Germany.svg ドイツ連邦共和国
Flag of Bavaria (lozengy).svg バイエルン州
バート・ライヘンハル英語版
所属組織 War Ensign of Germany (1903–1919).svg ドイツ帝国陸軍
War Ensign of Germany (1922–1933).svg ヴァイマル共和国軍
War Ensign of Germany (1938–1945).svg ドイツ国防軍陸軍
軍歴 1911–1945
最終階級 上級大将
テンプレートを表示

目次

経歴編集

ザクセン王国ケムニッツに生まれる。1911年にザクセン王国陸軍に入営し、第一次世界大戦には参謀将校として参加。この大戦で鉄十字章、プロイセン王冠勲章、ザクセン軍事功労勲章を受章。戦後ヴァイマル共和国軍に採用され、1922年8月に大尉に昇進。ドレスデンの歩兵学校で教官を務める。

第二次世界大戦が勃発した際は、陸軍教育総監だった。1940年8月に少将に昇進。1942年に東部戦線に転属となり、第102歩兵師団長に就任。1942年10月に中将に昇進し、第XXIII軍団司令官に任命された。1943年4月に歩兵大将に昇進し、7月には騎士鉄十字章、9月にドイツ十字章金章を受章した。1944年2月に東部戦線北部に異動となり、「フリースナー軍集団」(のちナルヴァ軍集団と名称変更)の指揮を任される。柏葉付騎士鉄十字章を受章し、7月に上級大将に昇進。北方軍集団司令官を短期間務めた後、7月25日に南ウクライナ軍集団(9月に南方軍集団と改称)司令官に任命された。しかしソ連軍ロディオン・マリノフスキー率いる第2ウクライナ戦線による四ヶ月に及ぶ攻勢を止めることができず、12月に更迭され総統予備(待命)に編入された。後任にはオットー・ヴェーラー大将が就任した。以後部隊指揮を任されることは無かった。

1945年5月にアメリカ軍の捕虜となり、1947年11月に釈放された。西ドイツバイエルン州バート・ライヘンハルで死去。

叙勲編集

脚注編集

  1. ^ a b c d Thomas 1997, p. 184.
  2. ^ Patzwall & Scherzer 2001, p. 124.
  3. ^ Fellgiebel 2000, p. 188.
  4. ^ Fellgiebel 2000, p. 81.

参考文献編集

  • Fellgiebel, Walther-Peer (2000) (German). Die Träger des Ritterkreuzes des Eisernen Kreuzes 1939–1945 – Die Inhaber der höchsten Auszeichnung des Zweiten Weltkrieges aller Wehrmachtteile [The Bearers of the Knight's Cross of the Iron Cross 1939–1945 — The Owners of the Highest Award of the Second World War of all Wehrmacht Branches]. Friedberg, Germany: Podzun-Pallas. ISBN 978-3-7909-0284-6. 
  • Patzwall, Klaus D.; Scherzer, Veit (2001) (German). Das Deutsche Kreuz 1941 – 1945 Geschichte und Inhaber Band II [The German Cross 1941 – 1945 History and Recipients Volume 2]. Norderstedt, Germany: Verlag Klaus D. Patzwall. ISBN 978-3-931533-45-8. 
  • Scherzer, Veit (2007) (German). Die Ritterkreuzträger 1939–1945 Die Inhaber des Ritterkreuzes des Eisernen Kreuzes 1939 von Heer, Luftwaffe, Kriegsmarine, Waffen-SS, Volkssturm sowie mit Deutschland verbündeter Streitkräfte nach den Unterlagen des Bundesarchives [The Knight's Cross Bearers 1939–1945 The Holders of the Knight's Cross of the Iron Cross 1939 by Army, Air Force, Navy, Waffen-SS, Volkssturm and Allied Forces with Germany According to the Documents of the Federal Archives]. Jena, Germany: Scherzers Miltaer-Verlag. ISBN 978-3-938845-17-2. 
  • Searle, Alaric (2003). Wehrmacht Generals, West German Society, and the Debate on Rearmament, 1949-1959. Praeger Pub.
  • Thomas, Franz (1997) (German). Die Eichenlaubträger 1939–1945 Band 1: A–K [The Oak Leaves Bearers 1939–1945 Volume 1: A–K]. Osnabrück, Germany: Biblio-Verlag. ISBN 978-3-7648-2299-6. 
  • (German) Die Wehrmachtberichte 1939–1945 Band 3, 1. Januar 1944 bis 9. Mai 1945 [The Wehrmacht Reports 1939–1945 Volume 3, 1 January 1944 to 9 May 1945]. München, Germany: Deutscher Taschenbuch Verlag GmbH & Co. KG. (1985). ISBN 978-3-423-05944-2. 

外部リンク編集