陸軍軍人

陸軍軍人(りくぐんぐんじん)は、国家等の機関・組織に設けられた陸軍に属する軍人。陸軍に属する全ての者を指す場合と、兵士を含まない場合がある。

軍人は或る一定の規律に拘束され、階級で区分される。大日本帝国陸軍は大別して下士官兵・将校(士官)に分けられ、下士官兵は下士官と兵に将校は将官・佐官・尉官に分かれる。下士官の階級は曹長軍曹伍長、兵は1階級しかないが、これを等級に区分して兵長(大東亜戦争中に新設)・上等兵一等兵(一等卒)・二等兵(二等卒)・教化兵(教化卒)。曹長と少尉の間にある准尉特務曹長下副官)という階級は准士官と呼ばれている。少尉中尉大尉尉官と呼ばれ、少佐中佐大佐佐官少将中将大将将官と呼ばれている。現代日本に於いても、諸外国の軍隊の階級を邦訳する際は概ねこの帝国陸軍譲りの言葉が当てられる。

目次

日本陸軍の階級編集

終戦時の階級を示した

将校編集

  親任官 勅任官 奏任官
将官 佐官 尉官
兵科 大将 中将 少将 大佐 中佐 少佐 大尉 中尉 少尉
憲兵大佐 憲兵中佐 憲兵少佐 憲兵大尉 憲兵中尉 憲兵少尉
技術部 技術中将 技術少将 技術大佐 技術中佐 技術少佐 技術大尉 技術中尉 技術少尉
経理部   主計中将 主計少将 主計大佐 主計中佐 主計少佐 主計大尉 主計中尉 主計少尉
建技中将 建技少将 建技大佐 建技中佐 建技少佐 建技大尉 建技中尉 建技少尉
衛生部   軍医中将 軍医少将 軍医大佐 軍医中佐 軍医少佐 軍医大尉 軍医中尉 軍医少尉
薬剤中将 薬剤少将 薬剤大佐 薬剤中佐 薬剤少佐 薬剤大尉 薬剤中尉 薬剤少尉
  歯科医少将 歯科医大佐 歯科医中佐 歯科医少佐 歯科医大尉 歯科医中尉 歯科医少尉
        衛生少佐 衛生大尉 衛生中尉 衛生少尉
獣医部   獣医中将 獣医少将 獣医大佐 獣医中佐 獣医少佐 獣医大尉 獣医中尉 獣医少尉
          獣医務大尉 獣医務中尉 獣医務少尉
軍楽部           軍楽少佐 軍楽大尉 軍楽中尉 軍楽少尉
法務部   法務中将 法務少将 法務大佐 法務中佐 法務少佐 法務大尉 法務中尉 法務少尉
        法事務少佐 法事務大尉 法事務中尉 法事務少尉

下士官兵編集

  判任官
准士官 下士官
兵科 准尉 曹長 軍曹 伍長 兵長 上等兵 一等兵 二等兵
憲兵准尉 憲兵曹長 憲兵軍曹 憲兵伍長 憲兵兵長 憲兵上等兵    
技術部 技術准尉 技術曹長 技術軍曹 技術伍長 技術兵長 技術上等兵 技術一等兵 技術二等兵
経理部 主計准尉 主計曹長 主計軍曹 主計伍長        
縫工准尉 縫工曹長 縫工軍曹 縫工伍長        
装工准尉 装工曹長 装工軍曹 装工伍長        
建技准尉 建技曹長 建技軍曹 建技伍長 建技兵長      
衛生部 衛生准尉 衛生曹長 衛生軍曹 衛生伍長 衛生兵長 衛生上等兵 衛生一等兵 衛生二等兵
療工准尉 療工曹長 療工軍曹 療工伍長        
獣医部 獣医務准尉 獣医務曹長 獣医務軍曹 獣医務伍長        
軍楽部 軍楽准尉 軍楽曹長 軍楽軍曹 軍楽伍長 軍楽兵長 軍楽上等兵    
法務部 法務准尉 法務曹長 法務軍曹 法務伍長 法務兵長 法務上等兵    

関連項目編集