メインメニューを開く

ヨハネス・ヴィルトナー(Johannes Wildner, 1956年 - )は、オーストリア指揮者ヴァイオリニスト

オーストリアのミュルツツーシュラーク英語版生まれ。ウィーンパルマオトマール・スウィトナーヴラディミール・デルマンに指揮を学び、またヴァイオリンおよび音楽学を学んだ後、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団にヴァイオリニストとして在籍する。その後、スロヴァキア国立コシツェ・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者(1990年 - 1992年)、プラハ国立歌劇場の首席指揮者(1994年 - 1995年)、ライプツィヒ歌劇場の第一常任指揮者(1996年 - 1998年)を経て、1997年から2007年までノイエ・フィルハーモニー・ヴェストファーレンドイツ語版の音楽総監督を務めた[1]。現在はウィーン・ヨハン・シュトラウス管弦楽団の指揮者とBBCコンサート・オーケストラの首席客演指揮者を務めている[2]

フォルクスオーパーアレーナ・ディ・ヴェローナグラーツ歌劇場ザルツブルク州立歌劇場ロンドンフィルロイヤルフィルバイエルン放送響MDR響ドレスデンフィルウィーン放送響リンツ・ブルックナー管モーツァルテウムなど各国の劇場やオーケストラの客演実績がある[3]。日本では2006年に新国立劇場で《こうもり》の新演出を指揮し、近年は毎年のようにウィーン・ヨハン・シュトラウス管弦楽団を率いてニューイヤー・コンサートの指揮に訪れている。

主な録音編集

マルコポーロ・レーベルが企画、制作したヨハン・シュトラウス2世の管弦楽曲全集(CD52枚相当)に指揮者の一人として参加している。

脚注編集

  1. ^ Johannes Wildner”. Naxos. 2013年11月12日閲覧。
  2. ^ Johann Strauss Orchestra”. Naxos. 2013年11月12日閲覧。
  3. ^ Artist, Johannes Wildner”. HKPhil. 2013年10月29日閲覧。

外部リンク編集