ヨハン・ザムエル・エンドラー

ヨハン・ザムエル・エンドラー(Johann Samuel Endler, 1694年7月26日 - 1762年4月23日)は、ドイツ作曲家

生涯編集

ザクセンのオルバーンハウ出身。1716年よりライプツィヒ大学に在籍した。1720年より音楽活動の記録が見え、ライプツィヒの新教会で教会音楽の指導に当たった。1722年ヘッセン=ダルムシュタット方伯エルンスト・ルートヴィヒの礼拝堂楽団にヴィオリストヴァイオリニストとして採用され、1735年から1740年まで楽師長(コンツェルトマイスター)を務めた。1744年には副楽長となり、1760年宮廷楽長クリストフ・グラウプナーが死去すると、エンドラーが楽長に昇格した。2年後にダルムシュタットで死去。

音楽編集

作品は金管楽器ティンパニを加えた大規模な管弦楽曲が中心で、30のシンフォニアや7つの序曲などがある。他に教会カンタータ世俗カンタータなどの声楽曲、「チェンバロのためのパルティータ」などの器楽曲がある。

参考文献編集

  • Joanna Cobb Biermann: Die Sinfonien des Darmstädter Kapellmeisters Johann Samuel Endler 1694 - 1762: ein Beitrag zur Geschichte der Sinfonie. Mainz: Schott, 1996. ISBN 978-3795713355
  • Joanna Cobb Biermann: Endler, Johann Samuel. In: Die Musik in Geschichte und Gegenwart. Allgemeine Enzyklopädie der Musik. 2., neubearbeitete Ausgabe. Kassel 2001. Personenteil 6: E - Fra, Sp. 320-324.
  • Noack, Elisabeth: „Musikgeschichte Darmstadts vom Mittelalter bis zur Goethezeit“, Beiträge zur Mittelrheinischen Musikgeschichte Nr. 8. Mainz 1967, S. 209 - 210 und S. 230.