ヨハン (プファルツ=ノイマルクト公)

ヨハン(Johann, 1383年 - 1443年3月14日)は、プファルツ=ノイマルクト公。プファルツ選帝侯ローマ王ループレヒトニュルンベルク城伯フリードリヒ5世の娘エリーザベトの三男。プファルツ=ノイマルクト家の祖。プファルツ選帝侯ルートヴィヒ3世の弟、プファルツ=ジンメルン=ツヴァイブリュッケン公シュテファン、プファルツ=モスバッハ公オットー1世の兄。カルマル同盟下の北欧三国の君主クリストファ・ア・バイエルンの父。

ヨハン
Johann
プファルツ=ノイマルクト公
Johann von Pfalz-Neumarkt.jpg
在位 1410年 - 1443年

出生 1383年
死去 1443年3月14日
配偶者 カタリーナ・フォン・ポンメルン
  ベアトリクス・フォン・バイエルン
子女 マルガレーテ
アドルフ
オットー
ヨハン
フリードリヒ
ヨハン
クリストフ
家名 プファルツ=ノイマルクト家
父親 プファルツ選帝侯ローマ王ループレヒト
母親 エリーザベト・フォン・ニュルンベルク
テンプレートを表示

生涯編集

1407年ポンメルン公ヴラティスラフ7世の娘カタリーナ(デンマークノルウェースウェーデンエーリク・ア・ポンメルンの妹)と結婚した。1410年の父の死後、遺領のうちノイマルクトを相続した。当時ノイマルクトは経済的に繁栄を迎えており、ヨハンはそれによって新規に教会や城を建造していった。

父の死後にローマ王位に就いたジギスムントを支持、同族の上バイエルン=インゴルシュタット公ルートヴィヒ7世とも同盟を結び、兄からオーバープファルツの一部を奪った。フス戦争にも参戦している。エーリクが貴族の専横を抑えきれずに退位した後、貴族たちからエーリクの甥である息子クリストフ(クリストファ)の即位を要請され、クリストファは1440年にデンマーク、1441年にスウェーデン、1442年にノルウェーの王に即位した。ヨハンは翌1443年に死去した。

子女編集

カタリーナとの間に7人の子を儲けたが、末子のクリストフしか成長出来なかった。

1426年にカタリーナが死去、同年に上バイエルン=ミュンヘン公エルンストの娘ベアトリクスと再婚したが、子は無かった。

先代:
新設
プファルツ=ノイマルクト公
1410年 - 1443年
次代:
クリストフ