ヨン・バルケJon Balke1955年6月7日 - )は、ノルウェージャズピアニスト、キーボーディスト[1][2]

ヨン・バルケ
Jon Balke
Jon Balke.jpg
ヨン・バルケ(2006年)
撮影・Gianfranco Rota
基本情報
生誕 (1955-06-07) 1955年6月7日(66歳)
出身地  ノルウェー ファーネス
ジャンル ジャズワールドミュージック
職業 ピアニスト、キーボーディスト、作曲者
担当楽器 ピアノキーボード
レーベル ECM
共同作業者 マグネティック・ノース・オーケストラ
公式サイト www.magnetic.no
ヨン・バルケ(2016年)

経歴編集

「オスロ13」「Masqualero」「Jøkleba」のメンバーとして活動してきた。また、自身の率いるバンドとしてマグネティック・ノース・オーケストラや「Batagraf」「Siwan」がある。

ワールドミュージックの要素を強く出しているアルバムもあり、『Siwan』においてアラブ音楽を取り上げたり、『Say and Play』においては西アフリカの楽器を取り入れたりしている。

評価編集

  • アルメニア出身のピアニスト、ヴァルダン・オヴセピアン(Vardan Ovsepian)は菊地成孔との対談においてコンテンポラリーなジャズでは特にスカンディナヴィアのアーティストを尊敬しており、ヨン・バルケ、クリスチャン・ヴァルムルーには注目していると述べたことがある。[3]

ディスコグラフィ編集

リーダー・アルバム編集

  • 『ファーザー』 - Further (1994年、ECM)
  • 『ローター』 - Rotor (1997年、Curling Legs)
  • Saturation (1998年、Jazzland/EmArcy)
  • Solarized (1999年、EmArcy) ※マグネティック・ノース・オーケストラ名義
  • Kyanos (2002年、ECM) ※マグネティック・ノース・オーケストラ名義
  • 『トライアローグ』 - Trialogue (2003年、Imogena) ※with ラース・ムラー、モーテン・ルンド
  • Diverted Travels (2004年、ECM) ※マグネティック・ノース・オーケストラ名義
  • Book of Velocities (2006年、ECM)
  • Siwan (2008年、ECM)
  • Say and Play (2009年、ECM)
  • The Adventures of a Polar Expedition (2010年、Cowbell Music) ※with ハンス・ウルリク、ベンヤミン・コペル、パレ・ダニエルソン、アレックス・リール
  • Magnetic Works (2012年、ECM) ※マグネティック・ノース・オーケストラ名義
  • Warp (2014年、ECM)
  • Nahnou Houm (2017年、ECM)
  • Discourses (2020年、ECM)

Jøkleba編集

  • On and On (1991年、Odin)
  • JøKleBa! (1993年、Norsk Plateproduksjon)
  • JøKleBa Live (1996年、Curling Legs)
  • Nu Jøk? (2011年、EmArcy, Universal Music Norway)
  • Magnetic Works 1993-2001 (2012年、ECM) ※コンピレーション[2][4]
  • Outland (2014年、ECM)

Batagraf編集

  • Statements (2005年、ECM)
  • Say and Play (2011年、ECM)
  • On Anodyne (2016年、Grappa)
  • Delights of Decay (2018年、Jazzland)

参加アルバム編集

ラドカ・トネフ

  • 『イットゥ・ドント・カム・イージー』 - It Don't Come Easy (1979年、PolyGram)
  • 『バタフライ』 - Butterfly (2008年、Curling Legs) ※1976–1977年録音

Masqualero

  • Masqualero (1983年、Odin)
  • Bande a Parte (1985年、ECM)

オスロ13

  • Anti-Therapy (1983年、Odin)
  • Off Balance (1987年、Odin)
  • 『ノンセントレーション』 - Nonsentration (1992年、ECM)
  • Oslo 13 Live (1994年、Curling Legs)

その他

  • アリルド・アンデルセン : 『クラウズ・イン・マイ・ヘッド』 - Clouds in My Head (1975年、ECM)
  • カーリン・クローグ with アーチー・シェップ : 『ハイ・フライ』 - Hi-Fly (1977年、Compendium)
  • Lars Klevstrand and Guttorm Guttormsen Kvintett - Høysang (1978年、NorDisc)
  • Various Artists : Club 7 jubileumsplate (1978年、Club 7) ※Kråbøl、E'olénの収録曲に参加
  • E'Olen : E'Olen (1979年、Mai)
  • Göran Klinghagen : A Hip Hop (1986年、Dragon)
  • Jazzpunkensemblet : Live at Rockefeller (1991年、Odin)[1]
  • Miki N'Doye Orchestra : Joko (2002年、ACT)
  • マティアス・アイク : 『ザ・ドアー』 - The Door (2007年、ECM)

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ a b Jon Balke Biography (ノルウェー語). Norsk Biografisk Leksikon. 2016年5月24日閲覧
  2. ^ a b Kelman, John (2012年8月15日). “Jon Balke: Magnetic Works 1993-2001 - Extended Analysis”. AllAboutJazz.com. 2012年11月9日閲覧。
  3. ^ 対談:菊地成孔×ヴァルダン・オヴセピアン ポリリズム/ポリフォニー、二つのポリを巡る音楽談義” (日本語). Mikiki. 2019年3月27日閲覧。
  4. ^ Magnetic Works 1993-2001”. ECM Records. 2016年5月24日閲覧。

外部リンク編集