ヨーロッパイエコオロギ

ヨーロッパイエコオロギ (Acheta domestica) はバッタ目コオロギ科に属する昆虫の一種。

ヨーロッパイエコオロギ
Acheta domesticus.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
: バッタ目(直翅目) Orthoptera
亜目 : キリギリス亜目(剣弁亜目) Ensifera
上科 : コオロギ上科 Grylloidea
: コオロギ科 Gryllidae
亜科 : コオロギ亜科 Gryllinae
: ヨーロッパイエコオロギ属 Acheta
: ヨーロッパイエコオロギ
A. domestica
学名
Acheta domestica
(Linnaeus1758)
和名
ヨーロッパイエコオロギ
英名
house cricket

本種はペットとして飼われている両生類や他の節足動物鳥類爬虫類などのとして利用されるため、商業的な繁殖が行われている[1]。また、日本や中国などで、本種自体がペットとして飼われるケースも知られている[2]。そのため、もともとの自然分布は西南アジアなどであるが、世界各国に輸出されて分布を広げている[3]

特徴編集

 
ニンジンを餌にして飼育されているヨーロッパイエコオロギ

体色は通常焦げ茶色か褐色で、成虫の体長は16-21mm。雌雄は形態的に類似するが、メスは腹部に長さ約12mmの産卵管をもつ。またメスの尾角はオスよりもさらに突き出している[4]

繁殖編集

最後の脱皮が完了して成虫になってから、3~4日で交尾を始め、8~10日でメスは産卵を始める。メスは2~3日おきに50~100個の卵を産み、それを二ヶ月間にわたって続ける。メスは体内に精子を貯めることができ、交尾をせずとも2~3週間は産卵を続けることができる。摂氏30度の環境において、産卵開始から一ヶ月で交尾活動が弱まり、二ヶ月でほとんどの成虫が死亡する[5]

脚注編集

  1. ^ Galloway, Vickie (January 1998). “Raising Crickets”. Scarabogram (Scarabs: The Bug Society) (213): 2–3. http://crawford.tardigrade.net/bugs/cricketsuppl.html. 
  2. ^ Kulzer, Louise (March 1998). “House Crickets”. Scarabogram (Scarabs: The Bug Society) (215): 2–4. http://crawford.tardigrade.net/bugs/BugofMonth31.html. 
  3. ^ Walker TJ. (2007年). “House cricket, Acheta domesticus”. Featured Creatures. University of Florida/IFAS. 2012年10月8日閲覧。
  4. ^ Breeding Crickets”. Herp Center. 2010年7月8日閲覧。
  5. ^ Fluker's Cricket Biology Guide”. Fluker's Cricket Farms. 2021年1月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年1月28日閲覧。