メインメニューを開く

ライオン 古山(ライオン ふるやま、1948年1月16日 - )は、日本の元プロボクサー。本名は古山 哲夫(ふるやま てつお)。宮城県柴田郡出身。現役時代は笹崎ボクシングジム所属。現在はライオンズジム会長として後進の指導に当たっている。

ライオン 古山
基本情報
本名 古山 哲夫
階級 スーパーライト級
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1946-01-16) 1946年1月16日(73歳)
出身地 宮城県柴田郡
スタイル サウスポー
プロボクシング戦績
総試合数 54
勝ち 38
KO勝ち 27
敗け 12
引き分け 4
テンプレートを表示

来歴編集

1967年6月19日、今西正美戦でデビュー。2RKO勝利。

第14回全日本ライト級新人王も獲得する。

1969年4月9日、浦和洋一と日本ジュニアウェルター級王座を争い、2RKO勝ちで王座獲得。

1970年9月2日、辛春教が持つOBF東洋同級王座に挑戦。7RKO勝ちで王座奪取。

12月16日に同王座を初防衛後、日本王座返上。

1971年5月29日、李昌吉に判定負けで東洋王座陥落。

1972年10月30日、東海林博に8RKO勝ちで日本王座奪還。

1973年12月5日、パナマシティで、アントニオ・セルバンテスが持つWBA世界同級王座に挑戦するが、判定負けで王座奪取に失敗。

1974年9月21日、ローマで、ペリコ・フェルナンデスと空位のWBC世界同級王座を争い判定で敗退するも、地元判定ではないかと当時現地で解説していた元世界王者小林弘が猛抗議するなど、物議をかもした。

1976年1月25日、日本大学講堂で、センサク・ムアンスリンが持つ同王座に再挑戦も判定負け。

日本王座8度防衛後の1977年10月27日、畠山昇に判定負けを喫し王座陥落。試合後引退

戦績編集

  • 54戦38勝(27KO)12敗4分

関連項目編集

空位
前タイトル保持者
荻原繁
第4代日本ジュニアウェルター級王者

1969年4月9日 - 1970年12月17日

空位
次タイトル獲得者
イーグル佐藤
前王者
辛春教
第8代OBF東洋ジュニアウェルター級王者

1970年9月2日 - 1971年5月9日

次王者
李昌吉
前王者
東海林博
第7代日本ジュニアウェルター級王者

1972年10月30日 - 1977年10月27日

次王者
畠山昇