メインメニューを開く

センサク・ムアンスリン

センサク・ムアンスリン: แสนศักดิ์ เมืองสุรินทร์: Saensak Muangsurin1950年8月13日 - 2009年4月16日)は、タイの元男子プロボクサー。前歴は元ムエタイ選手。本名はブンソン・マンシリ (Boonsong Mansri)。ボクシング史上最短となる3戦目で世界王座奪取という記録を持つ[1]。元世界ボクシング評議会 (WBC)世界スーパーライト級王者。

センサク・ムアンスリン
基本情報
本名 ブンソン・マンシリ
บุญส่ง มั่นศรี
通称 セープ แสบ、桃色の左 ซ้ายสีชมพู
階級 スーパーライト級
国籍 タイ王国の旗 タイ
誕生日 (1950-08-13) 1950年8月13日
出身地 タイ王国ペッチャブーン県
死没日 (2009-04-16) 2009年4月16日(57歳没)
死没地 タイ王国バンコク
スタイル サウスポー
プロボクシング戦績
総試合数 20
勝ち 14
KO勝ち 11
敗け 6
テンプレートを表示

来歴編集

ムエタイ選手としてキャリアを歩み始め、ルンピニー・スタジアムのスーパーライト級チャンピオンとなる。アマチュアボクシングでは1973年東南アジア競技大会で金メダルを獲得。プロボクシングデビューは1974年、当時のマネージャーが3戦で世界を獲ることを宣言し、いきなり世界6位のルディ・バロを1回KOに破る。2戦目で日本の強豪ライオン古山を7回KO。そしてペリコ・フェルナンデスを8回KOで下し、公言どおりプロ転向からわずか3試合で世界タイトルを獲得した。その後、来日しライオン古山を相手に王座防衛。スペインでミゲル・ベラスケスを挑戦者に2度目の防衛戦を行うが、ダウンを奪うなど一方的にリードしながらも4回終了間際のラッシュ中にゴングが鳴り、その直後ダウンしたベラスケスが立ち上がらず反則負けで防衛失敗。しかしWBCがリマッチを承認、4か月後スペインでベラスケスとの再戦を制して王座に返り咲いた。同タイトルは7度防衛したが、1978年12月30日、金相賢に13回KOされ陥落。生涯戦績は20戦14勝(11KO)6敗。

2009年4月13日、バンコクの病院で肝炎の手術を受けたが病状は回復せず、3日後の4月16日死去。

戦績編集

ノンタイトル戦はあらかじめ省いた。

日付結果時間内容対戦相手開催地備考出典
1974年
11月16日勝利1RKO ルディ・バロプロデビュー戦
1975年
7月15日勝利8RKO ペリコ・フェルナンデスWBC世界スーパーライト級タイトルマッチ
1976年
1月25日勝利15R判定 ライオン古山WBC防衛1
6月30日敗北4R反則 ミゲール・ベラスケスWBC王座陥落
10月29日勝利2RTKO ミゲール・ベラスケスWBC世界スーパーライト級タイトルマッチ
1977年
1月15日勝利15RTKO モンロー・ブルックスWBC防衛1
4月2日勝利6RKO ガッツ石松WBC防衛2
6月17日勝利15R判定 ペリコ・フェルナンデスWBC防衛3
8月20日勝利6RTKO マイク・エベレットWBC防衛4
10月23日勝利15R判定 ソウル・マンビーWBC防衛5
12月30日勝利14RTKO ジョー・キンプアニWBC防衛6
1978年
4月8日勝利13RTKO フランシスコ・モレノWBC防衛7
12月30日敗北13RKO 金相賢WBC王座陥落
1981年
4月5日敗北12R判定 黄忠載OPBFウェルター級タイトルマッチ
テンプレート

エピソード編集

ムエタイ選手だった兄の影響を受けてセンサクもムエタイを始めたが、初めの10試合で7敗している。初期のリングネームはセンセープ・ペットチャルン (แสนแสบ เพชรเจริญ) と、セープスアン・ペットチャルン (แสบทรวง เพชรเจริญ) を気分で使い分けていた。

センサクはムエタイ王者としても無類の強さを発揮している。ボクシングで古山や石松を相手に防衛戦をする以前にムエタイ王者として来日、後の全日本ライト級王者玉城良光に3回KO勝ち。このときはパンチの得意な玉城に対し、膝蹴りで一蹴。試合後、病院に直行した玉城は内臓破裂しており、すぐに緊急手術された。玉城はダウンしなかったが、レフェリーは即座に試合を止めた。玉城は「まだやれる!と怒ったが、経験豊富なレフェリーの判断は正しかった。もう一発もらっていたら、命はなかった」と語っている。

プロボクシングでの戦歴のKO率が示すように驚異的なハードパンチャーであった。ムエタイの試合においてもKOは多く、アマチュアボクシングでも第7回東南アジア競技大会(開催地:シンガポール)で、決勝を含む全試合をKOで勝ち金メダルを獲得した。

日本での2度目の防衛戦は蔵前国技館でガッツ石松の挑戦を6回KOで退けた。その試合後「精力が余って眠れない」と言いながらソープランド(当時は「トルコ風呂」)を3店もハシゴしたといわれている。また、試合のインターバルで口の中に含んだ水(通常は吐き出す)をそのままがぶ飲みするなど型破りなボクサーとして知られる。

現役選手時代に当時のタイの有名女優と結婚し男児をもうけたが後に離婚し、互いに再婚している。現役引退後は周囲に担ぎ上げられ選挙に出馬するも落選。晩年は健康状態に恵まれず経済的にも不遇のまま死去した。

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集