メインメニューを開く

ライト・レール・トランジット・アソシエーション

イギリスの非営利団体

ライト・レール・トランジット・アソシエーション: Light Rail Transit Association (LRTA)、ライトレール交通協会の意)は、ライトレールおよびトラムウェイ/ストリートカー・システムの維持および成長に向けての提唱および奨励を行う非営利団体である。

LRTAは、月刊誌「トラムウェイズ&アーバン・トランジット英語版」(旧・「モダン・トラムウェイ」)を出版しており、イギリスに拠点を置いているが、国際的なメンバーシップおよび責任範囲を伴う。

歴史編集

1937年に、ライト・レールウェイ・トランスポート・リーグ (Light Railway Transport League) が結成されており、1979年にLRTAへと改称された[1]。 それは、イギリスの都市トラムウェイが衰退し始めていたときに結成されていた[1]

衰退が原因で、ドイツのいくつかの「シュタットバーン英語版 (Stadtbahn)」システムによって象徴されるように、協会はイギリス内の近代化されたライトレールのために運動を行った。 1980年タイン・アンド・ウェア・メトロ英語版1991年マンチェスター・メトロリンク、そしてシェフィールドバーミンガムクロイドンおよびノッティンガムの新トラムシステムの開業は、LRTAの狙いにとても沿ったものとなっている。

脚注編集

  1. ^ a b Claydon, G.B. (July 1987). "Fifty years of the LRTA: Its origins and early years". Modern Tramway and Light Rail Transit英語版, p. 220–224. Ian Allan Publishing英語版. ISSN 0144-1655.

関連項目編集

外部リンク編集