メインメニューを開く

ライフル・イズ・ビューティフル

ライフル・イズ・ビューティフル』は、サルミアッキによる日本4コマ漫画。2015年4月から『となりのヤングジャンプ』にて連載中。2017年11月より『少年ジャンプ+』でも並行して連載を開始した。

ライフル・イズ・ビューティフル
ジャンル 4コマ漫画
スポーツ射撃競技
学園コメディ
漫画
作者 サルミアッキ
出版社 集英社
掲載サイト となりのヤングジャンプ
少年ジャンプ+
レーベル ヤングジャンプ・コミックス
発表期間 2015年4月9日[1] -
巻数 既刊5巻(2019年9月現在)
アニメ
原作 サルミアッキ
監督 高橋正典
シリーズ構成 髙橋龍也
キャラクターデザイン 向川原憲
音楽 宝野聡史
アニメーション制作 Studio 3Hz
放送局 TOKYO MXほか
放送期間 2019年10月 -
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画アニメ
ポータル 漫画アニメ

実弾を使用しないビームライフルの射撃競技を主軸とした部活動漫画となっている。

ストーリー編集

小倉ひかりはライフル射撃が大好きな高校1年生の女の子。努力して射撃部のある千鳥高校に入学したが、肝心の射撃部は廃部になっていた。部を復活させるためには一日で4人の部員を集めなければならなかったが、運のいいことに中学最後の試合で一緒だった同じ1年生の経験者を4人集めることができ、再開することができた。この漫画は、そんな千鳥高校射撃部の日常を描く4コマ漫画である。

登場人物編集

声の項はテレビアニメ版の声優

千鳥高校射撃部編集

小倉ひかり(こくら ひかり)
声 - Machico[2][3]
小学生時代から続けている射撃競技が大好きな高校1年生。高校でも射撃を続けるため自身のランクを超える千鳥高校を目指し、泉水の協力もあって合格することができた。千鳥高校射撃部の4人の中で一番アベレージは低いが、ここぞという時の集中力はある。フレンドリーで誰とも気軽に接する天然系で大らかな性格で、学外にも友人を築いていく。その性格と小柄な体格に見合わない巨乳の持ち主で、着痩せするからか気づかれにくいものの着替えなどで知った者は大抵驚く。
千鳥対朝香の練習試合における成績は378.1点で21位。インターハイ県予選のスコアは412.1点で6位(BRのみでは4位)で、全国大会個人戦出場。
渋沢泉水(しぶさわ いずみ)
声 - 熊田茜音[2][3]
ひかりの小学校からの幼馴染でひかりと一緒に射撃を続けてきた。しっかり者で頼りになる。ダイエットに目がない。射撃の成績は大崩れもなければ大当たりもない安定した、ある意味つまらない成績。ひかりに対して保護者のように接するが、彼女の射撃への情熱と努力を理解している。
千鳥対朝香の練習試合における成績は396.4点で12位。インターハイ県予選のスコアは384.9点。
姪浜エリカ(めいのはま エリカ)
声 - 南早紀[2][3]
ロシア人とのハーフでお嬢様。父親も射撃を嗜む。かなりの実力者だが中学最後の大会でひかりにフロックで負けてしまい、そのことが気になっていた。高飛車な割に脇が甘く、ひかりとは対照的にプレッシャーに弱いが、後半で巻き返す(雪緒曰くスポコン脳)など安定性に欠ける。
千鳥対朝香の練習試合における成績は412.6点で4位。インターハイ県予選のスコアは414.3点の5位(BRのみでは3位)で、全国大会個人戦出場。
五十嵐雪緒(いがらし ゆきお)
声 - 八巻アンナ[2][3]
ジュニア大会で入賞するほどの腕前。花粉症で薬が切れると涙で集中力が削がれる弱点を持つ。向学心旺盛でキセノンランプを使用したビームライフルの仕組みについてもよく知っている。表情に乏しく何を考えているかわかりにくい一方で、印象以上に茶目っ気を持っており、ひかりとノリが良い対応をすることも。ひかりより3センチ背が低い。メンバー内で最も安定しつつ新記録を叩き出す部内のエース。
千鳥対朝香の練習試合における成績は416.6点で1位。インターハイ県予選のスコアは420.1点(大会新記録)の1位で、全国大会個人戦出場。
鶴巻裕子(つるまき ゆうこ)
声 - 藤井ゆきよ[4]
千鳥高校の新任教師。あまり前に出る性格ではないため、生徒に信頼されているか気にしている。前任の顧問が兼任の将棋部に専念するため顧問を外れるにあたり、自ら申し出て新たに顧問となった。体が丈夫でないせいか、幼いころはアニメを見ることが多く、武器を持つ少女にあこがれている。射撃競技未経験者であり、ライフル射撃に対して前述のアニメファンならではの偏った印象を持っていた。

朝香学園高校射撃部編集

東雲あきら(しののめ あきら)
声 - 藤原夏海[4]
射撃部の部長で、全日本ジュニア代表。オリンピック強化指定選手ということもあり、エアライフル競技者でもある。エリカの従姉妹で千鳥との練習試合をその伝手で受ける。いい加減で冗談ばかり口にするためか、たまに真面目なことを言っても内容よりその姿に驚かれることが多い困った性格。
千鳥対朝香の練習試合における成績は415.1点で2位。インターハイ県予選のスコアは417.2点で3位。
連載掲載時、千鳥との練習試合開始の回(第8回)まで名前は七隈あきらであった。
黒井ミサ(くろい みさ)
声 - 上田麗奈[4]
射撃部の副部長。あきらがいい加減なため、部内の実質的なまとめ役。
千鳥対朝香の練習試合における成績は414.9点で3位。インターハイ県予選のスコアは414.4点の4位(BRのみでは2位)で、全国大会個人戦出場。
連載掲載時、千鳥との練習試合終了の回(第11回)まで名前は黒井早苗であった。
坂下花恋(さかした かれん)
声 - 高橋未奈美[4]
高校に入学してから射撃競技を始めた初心者だが、朝香の1年生エース。
望月涼子(もちづき りょうこ)
声 - 石見舞菜香[4]
花恋とよく一緒にいる1年生。ミサを尊敬し憧れている。

伊勢丘高校射撃部編集

紺野小桜(こんの こざくら)
声 - 会沢紗弥[3]
射撃はなんとなく始めた競技だったが成績は良く、部長をしている。部員からの人望は厚い。
インターハイ県予選のスコアは408.9点の7位(BRのみでは5位)で、全国大会個人戦出場。

桐谷第一高校射撃部編集

朝倉零(あさくら れい)
声 - M・A・O[4]
部長。運動は苦手で大抵のスポーツは経験済みだが、まともにできたのは射撃だけであった(要するに運動音痴)。あきらと共に県内で2人だけの女子エアライフル競技者。試合前はコンセントレーションを高めるためにトイレに篭もる。自己にも他者にも厳しい求道者で、飄々として見えるあきらを強くライバル視している。厳格な姿勢から人を寄せ付けない雰囲気を醸し出しているが、接してみると柔らかい人格でひかりとは予選で意気投合した。
インターハイ県予選のスコアは417.3点の2位。
榎本こまち(えのもと こまち)
声 - 櫻庭有紗[3]
3年生。特に理由はないようだが、常にマスクをしている。
インターハイ県予選のスコアは407.3点。
真田汐(さなだ うしお)
声 - 大地葉[3]
2年生。本射の最中にバナナを食べるなどマイペースだが、僅差でインターハイ全国大会出場を逃した際に指導してくれた零に申し訳ないと涙するなど、射撃には真面目に取り組んでいる。
インターハイ県予選のスコアは408.8点で8位(BRのみでは6位)。

峰澄高校(岐阜)編集

小々森真帆(こごもり まほ)
声 - 渡部恵子[3]
部長。3年生。自衛官の父を持ち、鍛え上げられた体をしている。昨年度優勝校を率いるプレッシャーを物ともせず、安定した高い実力を発揮するビームライフルの女王。
貝島沙由(かいじま さゆ)
声 - 涼本あきほ[3]
3年生。サウスポー。軟派な性格をしており、可愛い女の子が大好きでセクハラまがいの言動をする。しかし瀬玲奈以外の後輩部員からは慕われている。
新田瀬玲奈(にった せれな)
声 - 鈴代紗弓[3]
2年生。生真面目で苦労性な性格で、沙由のセクハラに辟易している。ビジュアル系バンドの大ファンである一面を持つ。

夜木沼高校(徳島)編集

和田寧々子(わだ ねねこ)
昨年度準優勝校の部員。冷静な性格。
四十宮塔子(よそみや とうこ)
3年生。潔癖症な性格で、沙由の握手を拒絶する。

彩賀女子高校(長崎)編集

蜂郷るり(はちごう るり)
声 - 古賀葵[3]
2年生。褐色肌の女子。自然が大好きで大人しい性格だが、見た目で怖い印象を持たれがち。
早嶺やよい(はやみね やよい)
声 - 斉藤佑圭[3]
2年生。4月大会のファイナリストになった実力者。

その他の選手編集

中河妙(なかがわ たえ)
声 - 礒部花凜[3]
秋田第三高校1年生。会場でひかりとぶつかったことがきっかけで親しくなる。
秋田では他に射撃をやっている高校生がいなかったため、予選なしで全国大会(個人戦)出場となった。

その他千鳥高校関係者編集

辻まりな(つじ まりな)
声 - 田所あずさ[4]
ひかりのクラスメイト。
当麻あこ(とうま あこ)
声 - 河野ひより[4]
ひかりのクラスメイト。陸上部所属。

書誌情報編集

テレビアニメ編集

2019年10月よりTOKYO MXほかにて放送中[10]

プロモーション 編集

2018年10月18日にアニメ化が発表され[11][12]、2019年4月25日発売の『週刊ヤングジャンプ』同年21・22合併号にて、主要スタッフおよびメインキャストが発表された[13][14][15]Machico熊田茜音南早紀八巻アンナのメインキャスト4人はユニット「ライフリング4」として活動することが発表され[2]、公益社団法人日本ライフル射撃協会公認の宣伝大使やライブ活動を行っている。

スタッフ編集

主題歌編集

歌は小倉ひかり(Machico)、渋沢泉水(熊田茜音)、姪浜エリカ(南早紀)、五十嵐雪緒(八巻アンナ)によるユニット「ライフリング4」が担当。

「Let's go!ライフリング4!!!!」[11]
オープニングテーマ。作詞・作曲・編曲はKOH
「夕焼けフレンズ」[11]
エンディングテーマ。作詞は宮崎まゆ、作曲・編曲はKOH。
「Go! Go! ライフリング4!!!!」
第1話挿入歌。作詞・作曲・編曲はKOH。
「BiRiRi×SENSATION」
第3話挿入歌。作詞は宮崎まゆ、作曲・編曲はKOH。
「Get started.」
第5話挿入歌。作詞は宮崎まゆ、作曲は小久保祐希とYUU for YOU、編曲はYUU for YOU。

各話リスト編集

話数サブタイトル脚本絵コンテ演出作画監督
01ホワット・イズ・ビーム 髙橋龍也高橋正典鈴木拓磨
  • 宮原拓也
  • 亀田朋幸
  • 大高雄太
02部活・イズ・ファニー 水本葉月
  • 北島勇樹
  • 国吉杏美
  • 栗西祐輔
  • 神戸裕明
  • 榊原大河
  • 川村裕哉
  • 池津寿恵
03対戦相手・イズ・強豪 砂山蔵澄西田正義三好なお
  • あずれ
  • 千葉啓太郎
04顧問・イズ・ビギナー 髙橋龍也富田剛司
  • 飯飼一幸
  • 白川茉莉
  • 松本淑恵
  • 山村俊了
  • 秋田英人
05予選・イズ・エキサイティング 砂山蔵澄石黒達也
  • 北條真純
  • 王國年
  • 川口弘明
  • 陳達年
  • 和田匠久哉
06ターゲット・イズ・全国大会 愛敬亮太球野たかひろ
  • 宮原拓也
  • あずれ
07スタディ・イズ・ハード 髙橋龍也西田正義
  • 海野イカたろう
  • 好見尚
  • 赤尾良太郎
  • tap
  • Ever Green
  • 木木欣動画

放送局編集

日本国内 テレビ / 放送期間および放送時間[16]
放送期間 放送時間 放送局 対象地域 [17] 備考
2019年10月13日 - 日曜 23:00 - 23:30 TOKYO MX 東京都
日曜 23:30 - 月曜 0:00 KBS京都 京都府
2019年10月14日 - 月曜 1:30 - 2:00(日曜深夜) サンテレビ 兵庫県
2019年10月16日 - 水曜 1:00 - 1:30(火曜深夜) BS11 日本全域 BS放送 / 『ANIME+』枠
2019年10月20日 - 日曜 0:30 - 1:00(土曜深夜) AT-X 日本全域 CS放送 / リピート放送あり[18]
日本国内 インターネット / 放送期間および放送時間
配信期間 配信時間 配信サイト
2019年10月17日 - 水曜 12:00 更新
2019年10月20日 - 日曜 12:00 更新

BD編集

発売日[19] 収録話 規格品番
1 2020年2月27日予定 第1話 - 第6話 BCXA-1447
2 2020年3月27日予定 第7話 - 第12話 BCXA-1448

Webラジオ編集

ライフリング4によるWebラジオ『ライフル・ラジオ・ビューティフル』が、2019年10月13日よりANiUTaアプリにて毎週日曜23時30分に配信[20]

コラボレーション編集

メインキャストの声優4名(ライフリング4)が公益社団法人日本ライフル射撃協会の宣伝大使に就任している[21]

出典編集

  1. ^ “女子高生×ライフル銃、射撃部舞台にした4コマがとなりのYJで始動”. コミックナタリー (株式会社ナターシャ). (2015年4月9日). http://natalie.mu/comic/news/143546 2017年1月4日閲覧。 
  2. ^ a b c d e 『週刊ヤングジャンプ』2019年5/16号、集英社、2019年4月25日、 217頁。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab STAFF&CAST”. アニメ『ライフル・イズ・ビューティフル』. 2019年10月31日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h #01アフレコ写真が到着! 追加キャスト&キャストコメント公開!”. アニメ『ライフル・イズ・ビューティフル』. 2019年9月26日閲覧。
  5. ^ ライフル・イズ・ビューティフル/1|サルミアッキ|ヤングジャンプコミックス”. 集英社. 2016年1月4日閲覧。
  6. ^ ライフル・イズ・ビューティフル/2|サルミアッキ|ヤングジャンプコミックス”. 集英社. 2016年1月4日閲覧。
  7. ^ ライフル・イズ・ビューティフル/3|サルミアッキ|ヤングジャンプコミックス”. 集英社. 2017年9月19日閲覧。
  8. ^ ライフル・イズ・ビューティフル/4|サルミアッキ|ヤングジャンプコミックス”. 集英社. 2018年10月21日閲覧。
  9. ^ ライフル・イズ・ビューティフル/5|サルミアッキ|ヤングジャンプコミックス”. 集英社. 2019年9月19日閲覧。
  10. ^ “「ライフル・イズ・ビューティフル」放送は10月から、主題歌はライフリング4”. コミックナタリー (ナターシャ). (2019年7月27日). https://natalie.mu/comic/news/341433 2019年7月27日閲覧。 
  11. ^ a b c “射撃×女子高生の4コマ「ライフル・イズ・ビューティフル」アニメ化”. コミックナタリー (ナターシャ). (2018年10月18日). https://natalie.mu/comic/news/304092 2018年10月18日閲覧。 
  12. ^ “ライフル・イズ・ビューティフル:女子高生×銃×部活の4コママンガがアニメ化”. MANTANWEB (まんたんブロード). (2018年10月18日). https://mantan-web.jp/article/20181017dog00m200057000c.html 2018年10月21日閲覧。 
  13. ^ “人気コミック『ライフル・イズ・ビューティフル』アニメ化!出演声優はMachicoさん・熊田茜音さん・南早紀さん・八巻アンナさんで、公認アイドルユニットも結成”. アニメイトタイムズ (アニメイト). (2019年4月25日). https://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1556085966 2019年4月25日閲覧。 
  14. ^ “ライフル・イズ・ビューティフル:アニメの声優にMachico、八巻アンナら 声優陣のアイドルユニット結成”. MANTANWEB (まんたんブロード). (2019年4月25日). https://mantan-web.jp/article/20190424dog00m200064000c.html 2019年4月30日閲覧。 
  15. ^ “ライフル・イズ・ビューティフルにMachico、熊田茜音、南早紀、八巻アンナ出演(コメントあり)”. コミックナタリー (ナターシャ). (2019年4月25日). https://natalie.mu/comic/news/329328 2019年4月30日閲覧。 
  16. ^ ONAIR”. アニメ『ライフル・イズ・ビューティフル』. 2019年9月5日閲覧。
  17. ^ テレビ放送対象地域の出典:
  18. ^ ライフル・イズ・ビューティフル”. AT-X. エー・ティー・エックス. 2019年9月10日閲覧。
  19. ^ PRODUCTS”. アニメ『ライフル・イズ・ビューティフル』. 2019年10月10日閲覧。
  20. ^ TVアニメ「ライフル・イズ・ビューティフル」メインキャスト4人によるオリジナルラジオ番組がアニュータで配信決定!”. ANiUTa (2019年9月28日). 2019年9月28日閲覧。
  21. ^ 『ライフル・イズ・ビューティフル』声優ユニット「ライフリング4」が、公益社団法人日本ライフル射撃協会公認 宣伝大使に就任!”. アニメイトタイムズ (2019年6月6日). 2019年12月8日閲覧。

外部リンク編集