バンダイナムコアーツ

かつて存在した日本の映像・音楽ソフト会社
バンダイナムコホールディングス > バンダイナムコアーツ

株式会社バンダイナムコアーツ: BANDAI NAMCO Arts Inc.)は、かつて存在した日本の映像・音楽ソフト会社。株式会社バンダイナムコホールディングスの完全子会社で、バンダイナムコグループの映像音楽プロデュースユニット主幹会社であった。

株式会社バンダイナムコアーツ
BANDAI NAMCO Arts Inc.
種類 株式会社
略称 BNA
本社所在地 日本の旗 日本
150-0013
東京都渋谷区恵比寿1丁目18番14号
恵比寿ファーストスクエア
北緯35度38分51.0秒 東経139度42分53.0秒 / 北緯35.647500度 東経139.714722度 / 35.647500; 139.714722座標: 北緯35度38分51.0秒 東経139度42分53.0秒 / 北緯35.647500度 東経139.714722度 / 35.647500; 139.714722
設立 1983年8月23日(株式会社エィ・イー企画)
業種 情報・通信業
法人番号 3010701021621 ウィキデータを編集
事業内容 映像・音楽コンテンツの企画・制作・運用、アーティストの発掘・育成、ライブイベントのプロデュースなど
代表者 代表取締役社長 河野聡
資本金 21億8,250万円
従業員数 344名(2021年4月1日現在)
決算期 3月31日
主要株主 株式会社バンダイナムコホールディングス 100%
主要子会社 株式会社アクタス
株式会社バンダイナムコライブクリエイティブ
関係する人物 栗田英幸(取締役)
櫻井優香(取締役)
濵田健二(取締役)
上山公一(取締役)
前田明雄(監査役)
石原俊也(監査役)
外部リンク 公式サイト - ウェイバックマシン(2022年3月31日アーカイブ分)
特記事項:2022年4月1日、バンダイナムコライブクリエイティブとサンライズミュージックを吸収合併し株式会社バンダイナムコミュージックライブに商号変更。映像部門はバンダイナムコフィルムワークスに分割。
テンプレートを表示

2018年4月1日にバンダイビジュアルランティスが合併して発足したが、2022年4月1日に株式会社バンダイナムコミュージックライブに商号変更した上で、映像部門はバンダイナムコフィルムワークスに分割した。

概要編集

バンダイナムコグループは、2019年4月期から2021年3月期の中期経営計画において、中期ビジョンに「CHANGE for the NEXT 挑戦・成長・進化」を掲げていた。

2018年2月9日にバンダイナムコグループの再編が発表され、その中で、映像を主にしたバンダイビジュアルがアニソンを中心にしたレコード会社のランティスを吸収合併する形で、バンダイナムコグループの「映像音楽プロデュースユニット」の中核として位置付けされていた[1][2]

このところのアニメーションは、それに関連した音楽ライブが人気となっていて、「映像と音楽」の関連性が強まっているのも今回の合併の背景にあった[3]。今回の合併によって、「映像、音楽、ライブイベント」の3つの分野を一体化したうえで、ライブイベントも日本と海外で、その展開を強化していくことになっていた[2]。バンダイナムコグループでは、「映像と音楽を融合した新しいエンターテインメントの創出や、映像と音楽がより連携したIP創出に取り組む」と説明していた[2]

なお、これまで2社が使用してきたバンダイビジュアルやランティスなどのレーベルは2018年4月1日以降も継承されている[4]

2020年7月10日には、動画配信プログラム「MixBox」のサービスを開始[5]

2021年4月1日付で子会社であったハイウェイスターが独立[6]

2022年4月1日付のバンダイナムコグループの再編により、映像事業をサンライズに吸収分割で移管(なお、サンライズは、同時にバンダイナムコライツマーケティングを吸収合併し、映像事業を統合したバンダイナムコフィルムワークスとなる)し、当社本体(音楽事業)は子会社のバンダイナムコライブクリエイティブ(グループ内外問わず、ライブイベント等の制作・運営を受託している会社)・サンライズ子会社のサンライズミュージック(旧サンライズ音楽出版で音楽著作権管理や音楽制作を行っており、一部当社との連携もある会社)を吸収合併し、音楽・ライブ事業を統合した「株式会社バンダイナムコミュージックライブ」となる[7][8]。映像と音楽を統合して設立された「バンダイナムコアーツ」はわずか4年で再度分離されることとなった。

主要レーベル編集

映像レーベル編集

バンダイナムコフィルムワークスが承継

  • EMOTION(エモーション) - アニメ・特撮
  • BANDAI VISUAL(バンダイビジュアル) - 子供向け作品、実写映画・ドラマ

音楽レーベル編集

バンダイナムコミュージックライブが承継

  • Lantis(ランティス) - メインレーベル
  • Kiramune(キラミューン) - 男性声優レーベル
  • GloryHeaven(グローリーヘブン) - ソニー・ミュージックソリューションズへ販売委託するレーベル
  • Purple One Star(パープルワンスター) - bluesofaとの共同制作によるレーベル。レーベルプロデューサーはbluesofaの本間昭光、販売元はソニー・ミュージックソリューションズ。
  • GOOM STUDIO(グームスタジオ)- バーチャルYouTuberレーベル。映像レーベルも兼ねている。

出典編集

  1. ^ “バンダイナムコが子会社再編:バンダイビジュアルとランティスが合併へ ライブ強化”. ITmedia. (2018年2月9日). https://www.itmedia.co.jp/business/articles/1802/09/news081.html 2018年2月12日閲覧。 
  2. ^ a b c 臼田勤哉 (2018年2月9日). “バンダイビジュアルとランティスが合併。映像+音楽+ライブのバンダイナムコアーツに”. AV Watch. https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1105913.html 2018年2月12日閲覧。 
  3. ^ “バンダイビジュアルとランティスが合併へ バンダイナムコアーツとして映像音楽プロデュースを推進”. アニメ!アニメ!. (2018年2月10日). https://animeanime.jp/article/2018/02/10/36746.html 2018年2月12日閲覧。 
  4. ^ ランティス、バンダイビジュアル統合に関するお知らせ”. ランティス (2018年2月13日). 2018年2月13日閲覧。
  5. ^ 24時間誰かと繋がる新たな動画配信プログラム「MixBox」(ミックスボックス)の正式サービス開始!本日7月10日(金)22:00からは豪華アーティスト陣によるプレイリスト企画も”. PR TIMES. バンダイナムコアーツ (2020年7月10日). 2021年5月5日閲覧。
  6. ^ ハイウェイスター、4/1付役員人事を発表 バンダイナムコグループから離れ再始動,Musicman,2021年4月1日
  7. ^ 完全子会社間の吸収分割と吸収合併による組織再編のお知らせ IP軸戦略のさらなる強化を目的に、映像事業会社3社の統合と音楽・ライブイベント事業会社3社の統合を実施(株式会社バンダイナムコホールディングス)(2021年10月19日、2021年10月20日)
  8. ^ (開示事項の経過)完全子会社間の吸収分割と吸収合併による組織再編のお知らせ (PDF)”. バンダイナムコホールディングス (2022年2月8日). 2022年2月8日閲覧。

外部リンク編集