ライプツィヒ弦楽四重奏団

ライプツィヒ弦楽四重奏団(ライプツィヒげんがくしじゅうそうだん、ドイツ語Leipziger Streichquartett)は、ドイツライプツィヒを拠点に活動する、国際的に著名な弦楽四重奏団である。

1988年から1995年までは新ライプツィヒ弦楽四重奏団(Neues Leipziger Streichquartett)と呼ばれた。設立メンバーは当時ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団の首席奏者だった。

古典派から現代音楽までをレパートリーとし、ベアート・フラーヴォルフガング・リームシュテッフェン・シュライエルマッハーヴィクトル・ウルマン等の作曲を初演した。カール・ライスター(クラリネット)、ミヒャエル・ザンデルリング(チェロ)、アルフレート・ブレンデル(ピアノ)、クリスティアン・ツァハリアス(同)、アンドレアス・シュタイアー(チェンバロ、フォルテピアノ)らと共演している。

メンバー編集

  • アンドレアス・ザイデル:第1 ヴァイオリン (2008年まで)
  • シュテファン・アルツベルガー:第1ヴァイオリン(2008年から)
  • ティルマン・ビューニング:第2ヴァイオリン
  • イーヴォ・バウアー:ヴィオラ
  • マティアス・モースドルフ:チェロ

主な受賞編集

  • ミュンヘン国際音楽コンクール 1991年
  • シーメンス音楽賞の奨励1992年
  • マインツ市のシュナイダー=ショット賞1993年
  • Preis der deutschen Schallplattenkritik
  • Diapason d’Or
  • Premios CD-Compact

外部リンク編集