ライ麦畑で出会ったら

ライ麦畑で出会ったら』(ライむぎばたけでであったら、原題:Coming Through the Rye)は2015年アメリカ合衆国で公開された青春映画である。監督はジェームズ・スティーヴン・サドウィズ、主演はアレックス・ウルフが務めた。本作はサドウィズの映画監督デビュー作となった。

ライ麦畑で出会ったら
Coming Through the Rye
監督 ジェームズ・スティーヴン・サドウィズ
脚本 ジェームズ・スティーヴン・サドウィズ
製作 ジェームズ・スティーヴン・サドウィズ
テリー・グレナン
スタン・エルドライヒ
サラ・エリザベス・ティミンズ
製作総指揮 ジェフ・スティーン
アレクサンドル・ウッドワード
出演者 アレックス・ウルフ
ステファニア・ラヴィー・オーウェン
クリス・クーパー
ジェイコブ・ラインバック
音楽 ヒース・マックニーズ
ジェイ・ナッシュ
グレッグ・ラフォルテ
撮影 エリック・ハート
編集 トッド・ホームズ
製作会社 レッド・ハット・フィルムズ
リヴァー・ベンド・ピクチャーズ
配給 アメリカ合衆国の旗イーモン・フィルムズ,サミュエル・ゴールドウィン・フィルムズ
日本の旗東北新社,STAR CHANNEL MOVIES
公開 アメリカ合衆国の旗2016年10月14日
日本の旗2018年10月27日
上映時間 97分[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 世界の旗$4,000[2]
テンプレートを表示

概略編集

1969年[3]、16歳のジェイミー・シュワルツはペンシルベニア州の私立学校に通っていた。ジェイミーは一風変わっており、『ライ麦畑でつかまえて』を舞台化することを夢見ていた。そして、もしそれが現実になった暁には自ら主人公を演じたいと願っていた。やっとの思いで台本を書き上げたジェイミーだったが、上演するためには原作者であるサリンジャーの許可が必要であった。そこで、ジェイミーはサリンジャーに会うためにニューハンプシャー州へと旅をすることになった。道中、ジェイミーはディーディーと名乗る同年代の女の子と出会い、彼女が旅に同行することになった。旅を通して、ジェイミーは期せずして人生の意味を知ることになった。

キャスト編集

製作・公開編集

本作はジェームズ・サドウィズ監督が実際に体験した出来事をベースにした作品である。サドウィズ監督は「サリンジャーに会いに行くまでの描写のうち85%が実際通りの描写です。それ以降は99%実際通りの描写になっています。」と語っている[4]

2014年11月5日、クリス・クーパーの出演が決まったと報じられた[5][6]。6日、ゼフィール・ベンソンがキャスト入りした[7]

本作の撮影はバージニア州一帯で行われた[8][9]。主人公が通う学校でのシーンはウッドベリー・フォレスト・スクールで撮影が行われた[10]

2015年11月4日、本作はオースティン映画祭でプレミア上映された[11]

評価編集

本作は批評家から好意的に評価されている。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには21件のレビューがあり、批評家支持率は71%、平均点は10点満点で6.7点となっている[12]。また、Metacriticには11件のレビューがあり、加重平均値は64/100となっている[13]

出典編集

外部リンク編集