ラオディケ (ミトリダテス4世の姉妹かつ妻)

ポントス王妃、ミトリダテス4世の姉妹かつ妻

ラオディケ (ギリシャ語: Λαοδίκη, ラテン文字転写: Laodice、紀元前2世紀に権勢を誇る) は、兄弟のミトリダテス4世と結婚した、ポントス王国の王女かつ王妃。コインが示す証拠により、ラオディケはミトリダテス4世と共同統治を行っていたと目されている[1]

生涯編集

ラオディケはマケドニア人とペルシア人の血筋だった。彼女はラオディケミトリダテス3世の娘だった[2]

王妃編集

ラオディケはある時点で兄弟のミトリダテス4世と結婚した[3]

参考文献編集

  1. ^ McGing, The foreign policy of Mithridates VI Eupator, King of Pontus p.36
  2. ^ Callatay, The First Royal Coinage of Pontos (from Mithridates III to Mithridates V) p.21
  3. ^ Getzel, Hellenistic settlements in Europe, the islands and Asia Minor p. 387