メインメニューを開く

やまだひさしのラジアンリミテッド

ラジアンリミテッドから転送)

やまだひさしのラジアンリミテッド(やまだひさしのらじあんりみてっど)は、1999年4月1日から2002年9月30日にかけてTOKYO FM系で放送されていた生放送番組。パーソナリティはやまだひさし

やまだひさしのラジアンリミテッド
ジャンル 生放送番組
放送方式 FM
放送期間 1999年4月1日 - 2002年9月30日
放送時間 以下参照
放送局 TOKYO FM
ネットワーク JFN
パーソナリティ やまだひさし
提供 多数
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

通称は「ラジアン」。

目次

概要編集

番組名の「ラジアンリミテッド」とは"Radio Unlimited"(ラジオ・アンリミテッド)の略で、「無条件のラジオ」を意味している。これは番組が開始された1999年当時、世間で「2000年が来る前に世界が終わるだろう」と噂されていたことから、「たとえ苦情がいくら来ようとも問題にならないかもしれない」という希望も反映していた。

やまだは番組開始前に、タイトルを考案した放送作家から「一般的なFM番組でイメージされているようなお洒落な曲紹介ができなかったり、楽曲のプロモーションで来たゲストに宣伝をさせなかったりしても良いので、今までのラジオ番組の常識を覆して、好きなことをやって欲しい。」という内容を伝えられた。これは音楽的に素人のやまだがパーソナリティに抜擢された理由の一つでもある。

番組開始当初は月曜日 - 木曜日の22:00 - 23:25の放送で、23:25からは『それゆけ!ナイトバスターズ』が放送されていた(後述)。2000年3月の番組改編で水曜の『広末涼子のがんばらナイト』が『RHラヴ・アンリミテッド』として金曜22:30に移動し、「Yahoo! アンリミテッド HYPER BLOODS NET CITY」が開始。この番組は『ラジアン』の放送終了後からやまだが引き続いてパーソナリティを務めていたため、事実上水曜のみは放送時間が23:50まで延長される形になった。

2000年10月の改編によって『それゆけ!-』枠が終了。それと同時に『Yahoo!-』とその後続番組『デジドラX』が終了した為、『ラジアン』は正式に水曜のみ23:55まで延長された。2001年春改編で『それゆけ-』枠で放送されていた番組の枠移動・終了が行われ、『DyDo Presents ジョン・レノン・カレイドスコープ』が開始した木曜を除き、22:00 - 23:55の2時間番組となった(『ジョン・レノン-』は2001年秋に終了、同時に全曜日が2時間枠に拡大する)。

2002年秋改編(9月30日)をもって番組が終了。放送時間の移動と同時にタイトルが『やまだひさしのラジアンリミテッドDX』となる。なお、『DX』の初回放送は同日(9月30日)の25:00 - であったことから、やまだは『JET STREAM』を挟んで計4時間もの間番組に出演したことになった。

ネット局とオープニング編集

  • 全国36局ネット→37局ネット
2001年4月に岐阜エフエム放送が開局。また、当時Kiss-FM KOBEはJFN未加入。
  • 2000年以前と2001年以降のオープニングは37パターンある放送局も読み上げ部分を挟んで前半は変わっている(年代部分)。後半は全期間同じ。すべて英語によるナレーションである。

主なコーナー編集

番組終了時
  • 22:25 鉄拳クイズ(放送開始当初は23:00 - )・・・リスナー参加のクイズコーナー。数種類の問題のうちから一つを選び、クイズに正解すると1万円が贈られる(正解者が出ない場合は次回にキャリーオーバー。10万円を越えたこともある。)。木曜日はカルビーがスポンサーであったことから、問題もカルビーに関するものになるほか、商品もカルビー商品の詰め合わせとなる。
  • 22:50 嵐音 (出演:
  • 22:55 アンビリタイムス ・・・大橋俊夫が世界中から届いた「アンビリーバブル」なニュースを伝えるコーナー。一部地域では未放送。
  • 23:00 Start & Rec ・・・2002年4月開始。コーナータイトルは『スタートレック』の捩り。初解禁される音源を「カセットなりMDなりDATで録音してもいい」コーナー。楽曲は曲前後にトークを一切被せずフルでオンエアされるほか、このコーナーのみでオンエアされた音源も存在する。
番組開始(99年4月) - 99年9月
99年10月 - 02年3月
2001年4月 - 9月
かつて「ナイトバスターズ」月曜に放送された番組(後述)で「ラジアン」の枠拡大に伴い帯番組として枠移行。
ミニコーナー
  • 野菜部(主に月曜)ラジアンで部活をつくろうで出来た部活。ただし、そんなに放送はしなかった。ラジアンDX月曜日で野菜ソムリエの企画がある。
  • 眠れる童話大全集(水曜) 単発企画だったのが筋肉ディレクターの手でコーナーになった。リスナーから眠れる童話を募集するコーナー。実際は眠れる童話には程遠い内容が多かった。当初やまだはこの企画に反発し文句を言っているが、ディレクターの殴るやドリルのSE、さらにはやまだの声をフェードアウトまでする攻撃も行っていたが、最終的には気に入ったようだ。はがきのみの募集で、採用されると「過去の眠れる童話CD」(CD-Rに焼いたもの)とガレッジセールのコント集CDが送られた。

番組オリジナルCD編集

  • 黒船 赤 〜ソニーミュージック エディション〜
  • 黒船 緑 〜東芝イーエムアイ エディション〜
「口ずさめる洋楽ヒット曲を10代のリスナーに伝えに来日したペリーが、開国を要求するため製作した」というコンセプトの、洋楽コンピレーション・アルバム。『赤』はソニー・ミュージックジャパンインターナショナル、『緑』は東芝EMIから発売。曲間には「ペリー」の喋りや番組ジングルなどが収録されていたが、この「ペリー」の声が無断使用(後述)だったことから、すぐに廃盤となった。

ペリーの無断使用編集

番組の中期から人気キャラクターとして登場していた「ペリー」。「開国シテクダサーイ」等の強烈な個性を放つことで番組内での人気キャラとなる。

しかし、この音源は宮崎吐夢が制作した「ペリーのお願い」[1]であり、「ペリー」が番組に登場した初期の段階からネット上では「無断使用では?」と言われていた。コンピレーションの発売に伴って「さるやまハゲの助」側のスタッフが確認したところ、無断使用であったことが発覚し、交渉の末にCDの廃盤・回収と謝罪放送を行うことで和解に至った[2])。後に番組では謝罪を行うと共に「ペリーのお願い」がフルオンエアされた。

放送された番組編集

この中で23:25以降の番組が「それゆけ!-」枠にあたる。

1998.10編集

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日
23 00 ミリオンナイツ
25 藤井フミヤのFMスナイパー 25 GLAY TAKURO RADIO FACTORY 25 広末涼子のがんばらないとっ! 25 飯島直子の今夜は、話そ!

1999.4編集

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日
23 00 やまだひさしのラジアンリミテッド
25 藤井フミヤのFMスナイパー 25 DA PUMPリスペクト・フレイヴァ! 25 広末涼子のがんばらないとっ! 25 西川貴教TURBO FM

1999.10編集

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日
23 00 やまだひさしのラジアンリミテッド
25 プッチモニのプッチモニダイバー! 25 DA PUMPリスペクト・フレイヴァ! 25 広末涼子のがんばらないとっ! 25 西川貴教TURBO FM

10月当時、「プッチモニ」は公表されていなかったため、数回はメンバーはプッチモニの初代メンバーで「モー娘。ダイバー!」として放送した。

2000.4頃編集

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日
23 00 やまだひさしのラジアンリミテッド
25 プッチモニのプッチモニダイバー! 25 DA PUMPリスペクト・フレイヴァ! 25 広末涼子のがんばらないとっ! 25 西川貴教TURBO FM

2000.10編集

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日
23 00 やまだひさしのラジアンリミテッド
25 プッチモニのプッチモニダイバー! 25 DA PUMPリスペクト・フレイヴァ! 25 Yahoo!アンリミテッド HYPER BLOODS NET CITY 25 MUSIC QUEST Mt.GROOVE 2000
50 デジドラX

2001.4編集

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日
23 00 やまだひさしのラジアンリミテッド

その他編集

  • 番組への出演や鉄拳クイズに正解したリスナーらには「金ポスター」「銀ポスター」のプレゼントが行われていた。「金ポスター」にはやまだやその日の出演ゲストのサインが書かれることもある。
  • 2001年11月1日、放送スケジュールの関係[3]から、一度だけ『サントリー・サタデー・ウェイティング・バー』が同日の23時から放送となった際、この番組とのコラボレーションが行われ、やまだと当時の公式HPのウェブマスター・ag(アグ)が同番組に客として出演。番組タイトルも『サントリー・サースデー・ウェイティング・バー』として放送された。
  • ゆずの楽曲「アゲイン」はこの番組で存在が明かされたことがきっかけとなり、音楽配信サービス「Music Deli」端末での配信が行われるようになった[4]
  • この番組では、やまだが番組タイトルを読むときの巻き舌「ラジオは習慣ですっ」という枕詞が有名となっている。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 株式会社アスキー発行の「テックウィン1998年2月号付録「さるやまハゲの助アワー」に収録された音源。
  2. ^ アーカイブされたコピー”. 2006年1月3日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2006年2月11日閲覧。(リンク切れ)
  3. ^ 『サタデー・ウェイティング・バー』の本来の放送日である土曜日11月3日)に、FMフェスティバルの特別番組が放送されることになったため。なお、今年に行われた『FM FESTIVAL'01 Dream Collaboration』ではメインパーソナリティをやまだが担当している。
  4. ^ 後に2007年発売のベストアルバム『ゆずのね 1997-2007』に収録。
TOKYO FM・JFN 月曜 - 木曜22:00 - 24:00枠
前番組 番組名 次番組
ミリオンナイツ
※22:00 - 23:25
やまだひさしのラジアンリミテッド