全国FM放送協議会

日本の民間放送ラジオ網

全国FM放送協議会(ぜんこくエフエムほうそうきょうぎかい、英称:Japan FM Network ASSOCIATION)は、日本の民間のFM放送の放送局の協議会のひとつである。通称Japan FM Network(ジャパン エフエム ネットワーク、略称:JFN)。会長は黒坂修(株式会社エフエム東京代表取締役社長)[注釈 1]

概要

最先発の民放FM4局(TOKYO FMエフエム愛知エフエム大阪エフエム福岡)が民放FM初のステレオ放送が可能なラインネット回線を1980年4月1日に開通させた[1]ことを前身として、翌1981年5月[2]20日[3]にネットワーク規約を締結して正式に発足した。キー局はTOKYO FMが務める。

県域FM局のない奈良県、加盟局のない茨城県[注釈 2]埼玉県千葉県神奈川県山梨県[注釈 3]京都府和歌山県[注釈 2]以外の全国の都道府県域FM局のエリアをカバーしている。

番組制作能力の手薄な地方局への番組流通が主な目的。まだFM局が少なかった1980年代前半までは、地方の中波(AM)ラジオ局にもJFNの番組が配信されていた[注釈 4]

ちなみにJFN系列局は、FNNFNS系列(フジテレビ系列[注釈 5]NNNNNS系列(日本テレビ系列[注釈 6]のテレビ局と関係が深かったり、主要株主である局が多い。これは、地域2番目のラジオ局である当協議会加盟局に、先発AM局に参加出来なかった資本が出資したり協定を結んだりしている場合が多いためである。

協議会の事務局はJFNセンター内(東京都千代田区麹町1丁目8番地)のJFNセンタービルの2階がオフィスにあり[注釈 7]、殆どの加盟局の東京支社も同ビルに置かれている[注釈 8]

協議会加盟局の共同出資で番組供給会社のジャパンエフエムネットワークが設立され、任意の加盟局が番組供給を受けている。これは他系列ではみられない形態である。

沿革

  • 1984年
    • 5月31日 - 資本金1億円で会社設立
    • 9月1日 - FM沖縄に番組供給開始
    • 10月1日 - FM長崎に番組供給開始
    • 12月1日 - FM宮崎(現・JOY FM)に番組供給開始
    • 12月18日 - FM福井に番組供給開始
  • 1985年
    • 4月1日 - FM富山FM秋田(現・AFM)に番組供給開始
    • 6月1日 - FM三重(現・Radio3 FM MIE(レディオキューブFM三重))に番組供給開始
    • 10月1日 - FM岩手FM群馬に番組供給開始
    • 11月1日 - FM中九州(現・FM熊本(現・FMK)に番組供給開始)
    • 12月1日 - FM山口(現・YFM)に番組供給開始
  • 1986年
    • 3月 - 資本金1億4千万円に増資
    • 10月1日 - FM山陰(現・V-air)に番組供給開始
  • 1987年
    • 4月1日 - FM青森(現・AFB)に番組供給開始
    • 10月1日 - FM新潟に番組供給開始
  • 1988年
    • 4月1日 - FM香川に番組供給開始
    • 8月8日 - FM富士(現・FM FUJIに番組供給開始)
    • 10月1日 - FM長野に番組供給開始
  • 1989年4月1日 - FM山形(現・Rhythm Station)に番組供給開始
  • 1990年4月1日 - FM石川に番組供給開始
  • 1991年10月1日 - FM大分(現・Air-Radio FM88(エア・レディオ・エフエム・エイティエイト))に番組供給開始
  • 1992年
  • 1993年8月 - 営業部を設立
  • 1994年
    • 4月1日 - FM栃木(現・RADIO BERRY)に番組供給開始
    • 4月1日 - TOKYO FMに番組供給開始
  • 1995年
    • 9月 - 資本金4億円に増資
    • 10月1日 - FM福島(現・ふくしまFM)に番組供給開始
  • 1996年12月1日 - FM滋賀(現・e-radio)に番組供給開始
  • 1999年4月1日 - FM岡山に番組供給開始
  • 2001年4月1日 - FM岐阜に番組供給開始
  • 2003年4月1日 - 兵庫FM(現・Kiss-FM KOBE)に番組供給開始
  • 2007年10月1日 - FM大阪に番組供給開始
  • 2008年4月1日 - 広島FM(現・HFM)に番組供給開始
  • 2011年7月1日 - アジア戦略室(部)を設立
  • 2012年10月1日 FM仙台(現・Date fm)に番組供給開始

事業内容

  • ラジオ番組を軸にした総合エンタテインメント事業をプロデュース
    • JFN加盟の放送局に向けたラジオ番組の企画と販売
    • TOKYOFM・JFNCの生放送番組(TOKYOFM本社ビルの7階にある生放送スタジオにて配信)、収録番組を衛星のネット回線で全国の各局のFM局にファイル配信。
    • 放送番組に関連したCM・イベント・ノベルティグッズの制作の企画と販売。
    • 音声アプリ「AuDee」コンテンツプロデュース。
    • スポーツ選手をはじめ、さまざまな分野のスペシャリストの方と業務委託してのマネジメント(JFN MANAGEMENT
    • 訪日観光客を対象にした、海外への情報発信。(訪日中国人に向けた旅前(たびまえ)情報発信・JFNasiaなど)

加盟局

この表は、地域や都道府県の配列に際し、日本民間放送連盟公式サイト「会員社」ページの表記に準じて記載している(一部に例外あり)。

本社・演奏所都道府県庁所在地以外に立地している場合のみその所在地を付記する。2021年8月現在、TOKYO FM・エフエム北海道・エフエム大阪・兵庫エフエム放送・エフエム長崎及び特別加盟局を除く局が、JFNセンター内に東京支社を置く[注釈 9]

表の凡例(ネット配信再送信
エコパラダイスFMを除いたすべての放送局がradikoにおいてネット配信を実施している。
また、再送信はUSENでの再送信のみ記載している(再送信実施エリアはUSEN ラジオ放送一覧を参照)。
  • RCラジオクラウド配信局(各局の一部番組のみ配信するポッドキャスト型)
  • U:USENでの再送信実施局
放送対象地域 通称
(愛称または略称)
放送局名 開局日 ネット配信
再送信
備考
北海道 Air-G' エフエム北海道 1982年9月15日 RC・U かつて悪天候時にネットワーク送出を代行[注釈 10]
1992年4月5日までの愛称はFM北海道
青森県 FM青森、AFB エフエム青森 1987年4月1日 U -
岩手県 FM岩手 エフエム岩手 1985年10月1日 RC・U
宮城県 Date fm エフエム仙台 1982年12月1日
秋田県 FM秋田、AFM エフエム秋田 1985年4月1日 -
山形県 Rhythm Station、
FM山形
エフエム山形 1989年4月1日 2010年3月31日までの愛称はBoy-FM
福島県 ふくしまFM エフエム福島 1995年10月1日 RC・U 本社・演奏所は郡山市
栃木県 RADIO BERRY エフエム栃木 1994年4月1日 -
群馬県 FM GUNMA エフエム群馬 1985年10月1日 U 一部のAライン番組のネットはなし。
東京都[注釈 11] TOKYO FM、TFM エフエム東京 1970年4月26日 RC・U キー局
1990年9月30日までの愛称はFM東京
新潟県 FM-NIIGATA エフエムラジオ新潟 1987年10月1日
長野県 FM長野 長野エフエム放送 1988年10月1日 本社・演奏所は松本市
静岡県 K-mix 静岡エフエム放送 1983年4月1日 本社・演奏所は浜松市
1993年3月31日までの愛称はFM静岡
2013年3月31日までの愛称はK-MIX
富山県 FMとやま 富山エフエム放送 1985年4月1日 -
石川県 HELLO FIVE、
FM石川
エフエム石川 1990年4月1日 U
福井県 FM福井 福井エフエム放送 1984年12月18日 -
愛知県[注釈 12] FM AICHI エフエム愛知 1969年12月24日 U 1993年9月30日までの愛称はFM愛知
2015年4月1日 - 2019年12月23日
愛称は@FM
岐阜県 FM GIFU エフエム岐阜 2001年4月1日[注釈 13] 本社・演奏所は大垣市[注釈 14]
2015年1月4日までの愛称はRadio 80
三重県 レディオキューブ FM三重 三重エフエム放送 1985年6月1日 RC・U 一部のAライン番組のネットはなし。
滋賀県 e-radio エフエム滋賀 1996年12月1日 RC
大阪府[注釈 15] FM大阪 エフエム大阪 1970年4月1日 U 準キー局
現在の愛称は1999年3月31日まで、
および2020年4月1日より。
2008年3月31日までの愛称はfm osaka
2017年4月2日までの愛称はFM OSAKA
2020年3月31日までの愛称はFM OH!
兵庫県[注釈 15] Kiss FM KOBE 兵庫エフエム放送 1990年10月1日[注釈 16][注釈 17] 2003年3月31日まで独立局。
鳥取県島根県 FM山陰、V-air、
FSK
エフエム山陰 1986年10月1日 - 本社・演奏所は島根県松江市
岡山県 FM OKAYAMA
FM岡山、VVFM
岡山エフエム放送 1999年4月1日 U -
広島県 HFM、広島FM 広島エフエム放送 1982年12月5日 RC・U
山口県 FM山口、FMY エフエム山口 1985年12月1日 RC
徳島県 FM徳島 エフエム徳島 1992年4月1日 -
香川県 FM香川 エフエム香川 1988年4月1日 U
愛媛県 FM愛媛、JOEU-FM エフエム愛媛 1982年2月1日 RC・U
高知県 Hi-Six、FM高知 エフエム高知 1992年4月1日 U
福岡県 FM FUKUOKA エフエム福岡 1970年7月15日 RC・U
佐賀県 FM佐賀、FMS エフエム佐賀 1992年4月1日 U
長崎県 FM Nagasaki エフエム長崎 1982年10月1日 RC・U 1992年4月1日 - 2007年4月1日の愛称はSmile-FM
熊本県 FMK、
エフエム・クマモト
エフエム熊本 1985年11月1日 2005年3月31日までの会社名はエフエム中九州
大分県 FM大分、
Air-Radio FM88
エフエム大分 1990年10月1日 U 1991年9月30日まで独立局。
宮崎県 JOY FM エフエム宮崎 1984年12月1日 -
鹿児島県 μFM エフエム鹿児島 1992年10月1日 RC・U
沖縄県 FM沖縄、JOIU エフエム沖縄 1984年9月1日 - 本社・演奏所は浦添市
旧社名は極東放送[注釈 18]
特別加盟局
東京都の特別区の存する
区域を中心として
同一の放送番組の放送を
同時に受信できることが
相当と認められる区域として
総務大臣が別に定める区域[4][注釈 11]
interfm InterFM897 1996年4月1日 RC・U 外国語放送[注釈 19]
2020年9月1日加盟。
同年11月1日よりJFNCの番組の一部を放送[注釈 20]
パラオ エコパラダイスFM パラオ共和国国営放送 1998年8月1日 - 国営放送局。
2003年7月23日加盟。
TOKYO FMの番組の一部を放送。
過去の加盟局
山梨県[注釈 3] FM FUJI エフエム富士 1988年8月8日 RC・U 開局と同時にJFN加盟。
1993年に脱退し独立局へ移行[6]

未開局県

日本の民放県域FM未開局県は3県ある。

番組

ネットニュース

随時

ネット番組

共同制作・ブロックネット番組

特別加盟局での扱い

「エコパラダイスFM」ではTOKYO FMとJFNCの番組の一部を編成に組み込んでいる。

interfmでは東京・横浜エリアを中心にサービスエリアのほとんどがTOKYO FMと重複するため、「TOKYO FMでネットされないJFNC制作番組」に限って放送される。そのため、月 - 木曜午後帯の『レコレール』も14:55 - 15:00の『Life Time Audio〜人生のプレイリスト〜』[注釈 22]の時間帯のみの差し替えを行ったり、過去には平日早朝帯の『FUTURES』も金曜「REAL SPORTS」のみをinterfmが受けたり、平日午前帯の『OH! HAPPY MORNING』の8:00 - 8:20の部分のみノンストップミュージックに差し替える事例があった[注釈 23]。それでも全ての番組を受けるわけではないため、首都圏では聴けない番組も存在する。

アースコンシャス

エフエム東京と全国FM放送協議会はコスモ石油と共同で、環境問題キャンペーン「アース・コンシャス ―地球を愛し感じる心―」を展開している。この一環として、啓発CM「始めよう、アースコンシャス」を制作している。事務局はJFNセンター内にある。2023年4月28日まではキャンペーン番組『コスモアースコンシャスアクト 未来へのタカラモノ』(平日 6:40 - 6:45、終了時点では『ONE MORNING』内にて)も放送していた。

毎年4月22日には、日本武道館で行われる「コスモアースコンシャスアクト・アースデー・コンサート」(2012年からは「EARTH×HEART LIVE」)の模様を生放送。また、「アース・コンシャス・アクト クリーンキャンペーン」を毎年実施しており、系列局ごとに地元のクリーン活動を行い、7月には「クリーンキャンペーン in Mt.FUJI」として系列局のパーソナリティとリスナーを迎えて富士山の清掃活動を行う。

2023年6月3日からは、毎月1組のゲストを招き「マイアースコンシャスアクト」の展開を紹介する5分間のミニ番組『コスモアースコンシャスアクト 未来へのメッセージ』(土曜 10:50 - 10:55)を放送している。

共通ジングル

2001年4月1日から、TOKYO FM制作とエフエム大阪制作の同時ネット番組(一部番組を除く)の冒頭で、エフエム愛知以外の放送局でネットワーク共通のジングルJFN共通ジングル)を放送している。全国共通のBGMに乗せて、各放送局のオリジナルコールが流れる。

このジングルが使用されているのは、2023年現在、月 - 木曜は『ONE MORNING』全国枠と『ディア・フレンズ』のみで、金曜は『ONE MORNING』全国枠に加え『松任谷由実のYuming Chord』、『SCHOOL OF LOCK! FRIDAY』、『もにゅそで 知らんけどアッパー』でも使用されている。週末は『JA全農 COUNTDOWN JAPAN』などのネット番組で使用されている。

最近は共通ジングルの使用を取りやめ、局オリジナルのジングルを使用する局が増えてきている。現在は、キー局のTOKYO FMとエフエム大阪でさえも共通ジングルを使用していない。但し、この傾向と反対に、テレビCMで使用(エフエム鹿児島など)したり、自社制作番組開始直前のジングル、あるいは通常ジングルの一種として使用(エフエム香川、かつての富山エフエム放送など)する局もある。なお、エフエム愛知は開始当初から、兵庫エフエム放送は兵庫エフエムラジオ放送時代における2003年のJFN加盟以降、それぞれ共通ジングルを作成・使用しておらず局オリジナルのものを使用し続けている。

脚注

注釈

  1. ^ なお、名称が酷似する「ジャパンエフエムネットワーク」と名乗る法人(株式会社ジャパンエフエムネットワーク、Japan FM Network Company、JFNC)もあるが、これは地方のJFN加盟局向けへの番組配信を目的とした番組制作会社である。
  2. ^ a b 2015年以降にFM補完中継局を開設した茨城放送和歌山放送を「県域FM局」と見なした場合。
  3. ^ a b 隣接各局がいずれも県域局のため、全国の都道府県で唯一、radikoの基本サービスでJFN加盟局が聴取不可。
  4. ^ その後も県域FM局が未開局の地域やJFNに加盟していない地域において、2020年9月まで一社提供番組の系列外ネットが実施されていた。
  5. ^ エフエム宮崎、エフエム仙台、エフエム愛媛、エフエム石川、エフエム北海道など。ただし、エフエム北海道及び北海道文化放送の筆頭株主である北海道新聞社は先発AM局北海道放送HBCラジオ)の設立・開局にも深く関与している。
  6. ^ エフエム宮崎、エフエム岩手、エフエム石川、エフエム山陰など。殊にエフエム岩手は筆頭株主のテレビ岩手と社屋を共有する他、一部のスポットニュース制作でテレビ岩手と協力関係にある。
  7. ^ 従業員のデスクや、打合せスペース、ロッカー等が集約している。[https://job.mynavi.jp/25/pc/search/corp97690/outline.html (株)ジャパンエフエムネットワーク 正社員]
  8. ^ 一時期はキー局のTOKYO FMを除いた全局が支社を置いていたが、2020年頃からは移転退去するケースが相次いでいる。
  9. ^ かつてはTOKYO FM・特別加盟局以外の系列局は全てJFNセンター内に東京支社を置いていたが、2020年頃からは移転する局が出てきた。
  10. ^ かつてはTOKYO FM上空が悪天候の場合、当局からネットワーク回線が送出される場合があった(衛星通信マイクロ波は雨に弱い。)。
  11. ^ a b radikoでは関東1都6県。
  12. ^ radikoでは東海3県。
  13. ^ 旧法人(岐阜エフエム放送)にて開局。
  14. ^ 2013年8月1日設立。2014年3月2日をもって放送事業・免許人地位を旧法人から継承。
  15. ^ a b radikoでは近畿地方全域(三重県除く)。
  16. ^ 旧法人(現在の『株式会社 Kiss-FM KOBE(開局当時の商号は兵庫エフエムラジオ放送株式会社)』)にて開局。
  17. ^ 2010年5月19日設立。同年9月30日をもって放送事業・免許人地位を旧法人(現在の『株式会社 Kiss-FM KOBE』)から継承。11月4日にJFNに加盟。ただし、番組制作・配信・供給自体は旧法人時代から継続されていた。
  18. ^ 開局日は社名変更・FM波への変更日。極東放送時代はAM局でなおかつ独立局だった。なお、極東放送時代も当時のFM東京とネット関係を結び、一部の番組を放送していた。
  19. ^ JFN加盟まではMegaNetのキー局だった。民放連のホームページでは現在、残る2局の外国語放送局であるFM COCOLOLOVE FMのみがMegaNetの加盟局として扱われている[5]
  20. ^ 2014年3月31日までの社名はエフエムインターウェーブ、開局から2015年9月30日までの愛称および2014年4月1日から2017年3月31日までの社名はInterFM。
  21. ^ 1992年に割り当てを検討されたが、NHK-FMが都県単位で(中継局を)開設している上、NHK総合テレビジョン(アナログ1ch)への干渉対策で割り当てを制限され、周波数過密で2011年7月24日のアナログ放送終了まで空きがなかった。アナログ放送完全停波で割り当てることは可能になり、県域AM局の茨城放送が2015年8月にFM補完中継局(94.6MHzなど)を開設した。一方で純粋な県域FM局用の周波数はいまだに割り当てられていない。
  22. ^ レギュラー放送として、2021年度下半期の半年間に第1期として同時刻に放送し、一旦終了したが、2024年1月1日から第2期として1年9か月ぶりに放送を再開した。
  23. ^ 実施された当時は平日という週5日行われていたが、番組自体は現在月 - 木曜の週4日として放送している。

出典

  1. ^ 日本民間放送連盟(編)「放送日誌(55年4月)」『月刊民放』第10巻第7号、日本民間放送連盟、1980年7月1日、50頁、NDLJP:3470935/26 
  2. ^ 『日本民間放送年鑑2009』 - 日本民間放送連盟編
  3. ^ 日本民間放送連盟(編)「放送日誌(56年5月)」『月刊民放』第11巻第8号、日本民間放送連盟、1981年8月1日、52頁、NDLJP:3470948/27 
  4. ^ 基幹放送用周波数使用計画 2ページ”. 総務省電波利用ホームページ. 2020年9月5日閲覧。
  5. ^ ラジオネットワーク”. 一般社団法人日本民間放送連盟. 2021年11月5日閲覧。
  6. ^ 「FM富士のJFN脱会のホンネ」『企業と広告』第19巻第4号、チャネル、1993年4月1日、14 - 15頁、NDLJP:2853121/10 
  7. ^ a b #会社概要 - FM OSAKA 85.1
  8. ^ a b エリアと周波数(兵庫エフエム放送株式会社)2020年7月25日閲覧
  9. ^ FM COCOLO
  10. ^ TOKYO FM レジュメ”. 国土交通省 水管理・国土保全局河川計画課. 2020年10月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年12月10日閲覧。
  11. ^ 会社概要 エフエム栃木 2020年11月26日閲覧
  12. ^ MEDIA REPORT ふくしまFM 2020年11月26日閲覧 (PDF)

関連項目

外部リンク