メインメニューを開く

ラッセル・アークスレーベン(Russell Erxleben 1957年1月13日- )はテキサス州シギーン出身のアメリカンフットボール選手。ポジションはパンタープレースキッカー。1979年のNFLドラフト1巡で指名されたが、ドラフトでの失敗例としてしばしば名前があがる[1][2]

No image.svg ラッセル・アークスレーベン American football pictogram.svg
Russell Erxleben
基本情報
ポジション パンター
生年月日 (1957-01-13) 1957年1月13日(62歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国テキサス州シギーン
身長 6' 4" =約193cm
体重 213 lb =約96.6kg
経歴
大学 テキサス大学
NFLドラフト 1979年 / 1巡目全体11位
初出場年 1979年
初出場チーム ニューオーリンズ・セインツ
所属歴

受賞歴・記録
NFL 通算成績
パント 280回
ヤード 11,381ヤード
平均 40.6ヤード
最長 60ヤード
得点 19点
FG成功 4/8(50.0%)
Player stats at NFL.com
Player stats at PFR

目次

経歴編集

サンアントニオの東、約35マイルにあるセギーンで育った。1975年にテキサス大学に入学した。

1977年、ライス大学戦でカレッジフットボール記録タイの67ヤードのFGを成功させた。この年彼は他に60ヤード以上のFGを2回成功させた。NCAAは、翌年からFGでのキッキングティーの使用を禁止するルール変更を行った[3]。ルール変更後のキックの最長記録は、1998年にカンザス州立大学マーティン・グラマティカの65ヤードとなっている。

1976年から1978年まで3年連続でオールアメリカンに選ばれた[4]

1971年NFLドラフト1巡全体11位でニューオーリンズ・セインツに指名された[1]。キックスペシャリストがNFLドラフト1巡で指名されたのは、彼を含めて5人だけである[4]

1979年9月2日のアトランタ・ファルコンズ戦でオーバータイムにスナップミスで頭上を越えたボールをエンドゾーン内で拾いパスを投げたが、これをジェームズ・メイベリーに自陣6ヤード地点でインターセプトされ、そのままリターンTDを許し、チームは敗れた。この年、セインツは8勝8敗でシーズンを終えたが、NFC西地区を制し第14回スーパーボウルに出場したロサンゼルス・ラムズは9勝7敗に止まっていたことから、悔やまれるミスとなった。

1980年サンフランシスコ・フォーティナイナーズとの開幕戦で同点FGを失敗、チームは過去2シーズンで4勝しかあげていないナイナーズに23-26で敗れた。セインツは開幕から14連敗し、1勝15敗でシーズンを終えた。

セインツ1983年まで5シーズンプレーし、1987年に1試合だけデトロイト・ライオンズでプレーした。

1999年に投資家から3600万ドルを騙し取った詐欺罪で、7年の禁固刑判決を受け[5]、2005年に釈放された[4]。しかし、2005年9月から2009年10月にかけて投資家から200万ドルを騙し取った罪で、2013年12月有罪判決を受けた[6]

家族編集

息子のライアン・アークスレーベンはテキサス工科大学に進学、父親と同じパンターを務めている[4]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b Biggest NFL Draft Busts Of All Time”. totalprosports.com (2012年4月27日). 2014年1月11日閲覧。
  2. ^ Breana Pitts (2012年5月1日). “Ranking the 5 Biggest NFL Draft Busts of All Time”. bleacherreport.com. 2014年1月11日閲覧。
  3. ^ Vincent Frank (2012年2月9日). “50 Worst Draft Picks in NFL History”. bleacherreport.com. 2014年1月11日閲覧。
  4. ^ a b c d Tim Griffin (2012年10月4日). “Erxleben punts legacy on to son”. mysanantonio.com. 2014年1月11日閲覧。
  5. ^ Russell Erxleben charged with fraud”. ESPN (2013年1月24日). 2014年1月11日閲覧。
  6. ^ Former NFL, Longhorn player Russell Erxleben pleads guilty to fraud charges”. stateman.com (2013年12月18日). 2014年1月11日閲覧。

外部リンク編集

先代:
スティーブ・ブロザード
ニューオーリンズ・セインツ
ドラフト1巡指名
マイク・プリチャード
1979年
次代:
トニー・スミス