ラティスセミコンダクター

ラティスセミコンダクター(Lattice Semiconductor Corporation、NASDAQ: LSCC)とは、アメリカプログラマブルロジックデバイスなどの開発を行う半導体企業である。日本法人はラティスセミコンダクター株式会社。略称はラティス(Lattice)。

ラティスセミコンダクター株式会社
Lattice Semiconductor Corporation
LatticeSemi.JPG
アメリカのオレゴン州ヒルズボロにある本社
種類 株式会社
略称 ラティス(Lattice)
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
オレゴン州ヒルズボロ
設立 1983年
業種 半導体
事業内容 プログラマブルロジックデバイスの開発・販売
外部リンク Lattice Semiconductor
テンプレートを表示

概要編集

1983年4月3日に設立され、1989年11月9日に上場した。本社をオレゴン州ヒルズボロに構えている。2011年12月9日、シリコンブルー・テクノロジーズen)の買収を発表した[1][2]。2012年3月にラティスは新しい企業ロゴを発表した[3]

主力製品は、FPGA(Field-Programmable Gate Array)、CPLD(Complex Programmable Logic Device)、プログラマブルパワーマネジメント製品である。

FPGAの世界シェアはザイリンクスアルテラに次いで第3位である[4]。競合企業である両社と違いハイエンドFPGAには注力せず、ミッドレンジFPGAやローエンドFPGAといった低コスト製品を事業戦略の中心に掲げている[5]

半導体ベンダーのため、自社で生産ラインは保有していない。製造は富士通セミコンダクターなどで行っている[6]。2012年7月にはUMCとファウンドリ契約を結んだ[7]

主な製品編集

プログラマブルロジックデバイス編集

FPGA
  • ECP5
  • LatticeECP3
  • LatticeECP2
  • LatticeXP2
  • iCE40 Ultra
  • iCE40
CPLD
  • ispMACH 4000ZE
PLD[8]
  • MachXO3
  • MachXO2
  • MachXO

電源管理ソリューション編集

パワーマネージャ・ファミリやプラットホーム・マネージャが存在する。

クロックマネージャ編集

ispClockファミリとして、クロックジェネレータなどを開発している。

開発環境編集

プログラマブルロジックデバイスの回路設計を行う開発環境としてLattice DiamondやiCEcube2、ispLEVERを提供している。

IPコア編集

ソフトプロセッサ

脚注・出典編集

外部リンク編集