ラティヌス・シルウィウス

ラティヌス・シルウィウスLatinus Silvius)はローマ神話に登場する伝説上の王で、アエネーイス・シルウィウスの子、シルウィウスの孫、アエネーイスの曾孫。アルバ・シルウィウスの父[1][2]

ラティヌス・シルウィウス
Latinus Silvius
ラテン王
在位 B.C1081-1030
別号 アルバ王

死去 紀元前1030年
埋葬 アルバ・ロンガ
継承 アルバ・シルウィウス
父親 アエネーイス・シルウィウス
テンプレートを表示

伝承編集

父がシルウィウスアエネーイスから名を得たのに対して、高祖ラティヌスの名を受け継いだ[3]

ハリカルナッソスのディオニュシオスによれば、在位期間は51年間の長期にわたったという。

家系図編集

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
オデュッセウス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アンキーセース
 
アプロディーテー
 
ラティヌス(1)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
クレウーサ
 
アエネーイス(2)
 
 
 
ラヴィニア
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アスカニウス(3)
 
 
シルウィウス(4)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
シルウィウス?
 
 
アエネーイス・シルウィウス(5)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブルータス
 
 
ラティヌス・シルウィウス(6)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アルバ・シルウィウス(7)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アテス(8)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カペス(9)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カペートゥス(10)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ティベリヌス・シルウィウス(11)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アグリッパ・シルウィウス(12)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アルディウス(13)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アヴェンティヌス(14)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
プロカス(15)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヌミトル(16)
 
アムーリウス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
レア・シルヴィア
 
マールス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヘルシリア
 
ロームルス(17)
 
レムス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アウィッリウス


脚注編集

  1. ^ オウィディウス『変身物語』14巻。
  2. ^ リーウィウス、1巻3。
  3. ^ オウィディウス『変身物語』14巻。

参考文献編集

関連項目編集