メインメニューを開く

概要編集

ロシア北西部レニングラード州カレリア共和国の境界にあり、フィンランドとの国境に近い。

ラドガ湖からはネヴァ川サンクトペテルブルクを通って、フィンランド湾バルト海の一部)へ流れ出している。 また、流入する川はオネガ湖からのスヴィル川イリメニ湖からのヴォルホフ川などがある。湖の中に約660ほど島が点在しており、500程度は北西部に集中している。大きな島には人が住んでいる。ワモンアザラシが生息している。沿岸部では12月から5月にかけて、中央部では1月から3月にかけて結氷する。

利用編集

サンクトペテルブルクの重要な水源となっており、1日当たり471万立方メートルの水道水及び工業用水を供給している[2]

歴史編集

かつてはスウェーデンロシア帝国の国境の湖だったが、大北方戦争の結果、ロシア領となる。

ロシア革命後はフィンランドソ連の国境となったが、冬戦争継続戦争の結果、ラドガ湖全域がソ連領となり現在にいたる。

水源と流れ出る川編集

ラドガ湖に流れ込む川は次の通り。

ラドガ湖から流れ出る川は1つ。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 世界大百科事典 第2版の解説”. コトバンク. 2018年4月7日閲覧。
  2. ^ 『用水と廃水』Vol.53 No.3(2011)p8

関連項目編集

外部リンク編集