メインメニューを開く

ラファエル・ペドロサ(Rafael Pedroza、1955年3月27日 - )は、パナマプロボクサーコロン出身。元WBA世界スーパーフライ級王者。

ラファエル・ペドロサ
基本情報
通称 Rafaelito
階級 スーパーフライ級
国籍 パナマの旗 パナマ
誕生日 (1955-03-27) 1955年3月27日(64歳)
出身地 パナマの旗 パナマコロン
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 28
勝ち 19
KO勝ち 15
敗け 8
引き分け 1
テンプレートを表示

元WBA世界フェザー級王者エウセビオ・ペドロサいとこ

目次

来歴編集

1974年11月30日、プロデビュー。

1977年5月15日、13戦目で世界王座初挑戦。WBC世界ライトフライ級王者ルイス・エスタバに挑戦し、15回判定負けで世界王座の獲得に失敗するとともにキャリア初黒星となった。

1979年7月29日、19戦目でWBA世界ライトフライ級王者具志堅用高に挑戦し、15回判定負けで世界王座の獲得に再び失敗した[1]

1981年6月7日、2階級上の初代WBA世界スーパーフライ級王座挑戦者決定戦で襄錫哲と対戦し、12回判定負け。

1981年12月5日、27戦目でWBA世界スーパーフライ級王者グスタボ・バリャスに挑戦し、15回判定勝ちで3度目の挑戦にして世界王座の獲得した。

1982年4月8日、大阪府立体育会館で開催された初防衛戦で渡辺二郎と対戦し、15回判定負けで王座から陥落した[1]。この試合を最後に引退した。

獲得タイトル編集

脚注編集

  1. ^ a b ボクシング・マガジン編集部 『日本プロボクシング史 世界タイトルマッチで見る50年』 ベースボール・マガジン社、2002年

関連項目編集

外部リンク編集

前王者
グスタボ・バリャス
WBA世界スーパーフライ級王者

1981年12月5日 - 1982年4月8日

次王者
渡辺二郎