メインメニューを開く

ラブ・ポーションは、1983年11月にメジャー・デビューした日本ガールズバンド1986年に解散。

目次

概要編集

1977年、ボーカルの笠井則江、ギター・コーラスの中村貴子京都府出身の中学校同窓生5人が女性カントリーバンド「San Antonio Lady's」を結成。当初はインディーズで活躍した。1983年宇崎竜童から新バンド名「ラブ・ポーション」を寄贈されバンド名をSan Antonio Lady'sから改名。1983年11月にシングル「胸いっぱいのフォトグラフ」でEPICソニーよりメジャーデビューを果たした。メジャーデビュー当初は、カントリー調の曲が多い。デビューアルバム「ZEPHYR ~西風の乙女~」では、テネシーワルツをカバーしている。1986年7月に大阪万博ホールで行われたコンサートを最後に解散。

作品編集

シングル編集

  • 胸いっぱいのフォトグラフ / さよなら MY LOVE(1983年11月、EP:07・5H-180)
  • 愛をゆずらないで / おやすみロンググッドバイ(1984年5月、EP:07・5H-199)
  • 緑の恋が萌えた頃(グリーンエキスポ'85イメージソング) / タワーサイド・ランデブー(1984年11月21日、EP:07・5H-223)
  • ちぎれたハートをつくろいもせずに(『ママ、大変だァ!』主題歌、本人達も出演) / あとかたもなくレィディ(1985年6月、EP:07・5H-245)
  • お嬢様はお辛いのがお好き / キラリ、恋めいて Say Good-bye(1986年1月)
  • センチメンタル Boys & Girls / ペイパー・ムーンは涙色(1986年5月21日、EP:07・5H-299)

アルバム編集

  • ZEPHYR 〜西風の乙女〜(1984年7月21日、LP:28・3H-138 / 2009年CD:DYCL-90)
    1. 胸いっぱいのフォトグラフ
    2. おやすみロンググッドバイ
    3. 君は Cherry Sweet
    4. さよなら My Love
    5. いつかもうすぐ 〜Someday Soon〜 ※浜田省吾のカバー
    6. Tennessee Waltz
    7. Good-bye Railroad(LPではここからB面)
    8. 卒業 Don't Look Back
    9. 愛をゆずらないで
    10. September Heart
    11. やさしさの痛み
    ※2009年のCD化ではボーナストラックとして、「緑の恋が萌えた頃」「タワーサイド・ランデブー」が追加収録されている。
  • ナイチンゲールになれなくて…(1986年1月22日、LP:28・3H-205、CD:32・8H-57 / 1992年12月12日再発CD:ESCB-1378)
    1. お嬢様はお辛いのがお好き
    2. ペーヴメントで I love you
    3. アバンチュール…したい!
    4. ミツバチのささやき
    5. ちぎれたハートをつくろいもせずに
    6. ナイチンゲール(LPではここからB面)
    7. Goin' back to 小さな部屋
    8. Dancing' on the heaven
    9. キラリ、恋めいてSay Good-bye
    10. ラスト・ビギニング

関連項目編集