ラリーポイント制

ラリーポイント制とは、自チームの攻撃決定時や相手チームのミス・反則時に、サーブ権の有無にかかわらず点数が入るルール。テニス卓球バレーボールバドミントンなどで採用されている。

これに対し、サーブを行ったチームがラリーに勝った場合のみ点数が入り、サーブ権を持たないチームがラリーに勝った場合はサーブ権を得るというルールは「サイドアウト制」(サービスポイント制)と呼ばれる。

テニスにおいて編集

卓球において編集

バレーボールにおいて編集

バレーボールでは、サイドアウト制に代わって1999年に国際ルールとして採用された。サイドアウト制は試合の終了時刻が大きく遅れることが多く、大会運営上非常に不都合であった。さらに、テレビ中継にも適しているとは言えず、各テレビ局から放映権の放棄を示唆されたことがルール改正のきっかけとなった。

現在のラリーポイント制は「5セットマッチ3セット先取の完全ラリーポイント制、第1~4セットまでは25点先取、第5セットのみ15点先取」というものであるが、正式導入以前には以下のようないくつかのルールが試行された。これらはいずれも分かりにくく不評だったため、以降の大会で採用されることはなかった。

  • 1997年ワールドグランドチャンピオンズカップにおける25分併用ルール
    • 5セットマッチで、第5セットのみラリーポイント制。
    • 第1~第4セットまでは各セットごとに時間制限を設けて、25分59秒まではサイドアウト制、26分00秒以降はラリーポイント制
  • 1998年4月に行われたVリーグオールスターゲームで採用されたルール
    • ラリーポイント制で21点先取のゲームを、1セットに2ゲーム、合計2セット行う。
    • 一方のチームが2ゲームともとった時は、そのセットを獲得する。両チームが1ゲームずつ獲得した時は7点先取のゲームを行い、そのゲームに勝ったチームがそのセットを獲得する。
    • 一方のチームが2セット獲得したら、その試合の勝者となる。両チームが1セットずつとった時は15点先取の第3セットを行い、その試合の勝者を決める。
  • 1988年ソウルオリンピック後に採用されたルール
    • 第5セットのみラリーポイント制(15点制、デュース時は2点差がつくまで無制限)

また2013年9月には、「U-23世界選手権」(10月に開催)での「21点制」のテスト導入が発表された。この大会ではさらに、テクニカルタイムアウトは12点到達時の各セット1回のみ、吹笛後にサーブを打つまでの時間を15秒に伸ばすこともテスト導入されるという[1][2]

バドミントンにおいて編集

バドミントンでは、サイドアウト制に代わって2006年に国際ルールとして採用された。

その他編集

脚注編集

外部リンク編集