メインメニューを開く

ランスの戦い(ランスのたたかい、英語: Battle of Lens)は三十年戦争中の1648年8月20日コンデ公ルイ2世率いるフランス軍がレオポルト枢機卿率いるスペイン軍に勝利した戦闘。同戦争の大規模な戦闘では最後のものであった。

ランスの戦い
30年戦争フランス・スペイン戦争
Battle of Lens.jpeg
ランスの戦いでレオポルト大公率いるスペイン軍に勝利した大コンデヴェルサイユ宮殿所蔵
1648年8月20日
場所フランス王国ランスの西、グルネ英語版リエヴァンの間
北緯50度25分 東経2度50分 / 北緯50.417度 東経2.833度 / 50.417; 2.833座標: 北緯50度25分 東経2度50分 / 北緯50.417度 東経2.833度 / 50.417; 2.833
結果 フランスの決定的な勝利[2]
衝突した勢力
フランス王国の旗 フランス王国[1] スペインの旗 スペイン
指揮官
フランス王国の旗 コンデ公ルイ2世 スペインの旗 レオポルト枢機卿
戦力
16,000
大砲18門
18,000
大砲38門
被害者数
死傷者3,500 死傷者3,000
捕虜5,000
ランスの戦いを描いた油画

背景編集

現代のフランス北部のパ=ド=カレー県に位置するランスフランドル地方の古くから要塞化された城の1つであり、スペイン領であったが1647年以降フランスに占領されていた。フロンドの乱でフランス貴族がマザラン枢機卿に反乱したためスペインは機会に乗じてランスを奪回して戦争を有利に進もうとした。

経過編集

コンデ公はカタルーニャからフランドルまで急いで進軍し、途中のシャンパーニュロレーヌパリで急ごしらえの1万6千の軍勢(うち半分以上は騎兵)と大砲18門を集めた。スペインも騎兵が半分以上を占める1万8千の軍勢と大砲38門と、フランスを上回る戦力で対処しようとした。両軍は対峙したが、スペイン軍は高地にあった。スペイン騎兵とフランス前衛が小競り合いをはじめると、それがだんだん激化して全面戦闘に入った。スペイン歩兵はフランス近衛兵英語版連隊を撃破したが、練度で上回るフランス騎兵はスペイン騎兵を破り、戦局のフランス優位を決定した。

影響編集

1648年はランスの戦いに関連する重要な事件が2件あったが、その結末は違った[3]。第一に、この勝利はフランス王の高等法院への態度を硬化させた。そのため両者はパリで対立し、フロンドの乱が長期化する結果となった[3]。次に、フランスの勝利は三十年戦争を終わらせた。テュレンヌ子爵ウランゲル英語版ケーニヒスマルクドイツ語版英語版の軍勢はウィーンプラハを脅かし、神聖ローマ皇帝フェルディナント3世を怯えさせた。彼の同盟者であったバイエルン選帝侯マクシミリアン1世は和平を熱望しており、スペイン王フェリペ4世は本軍を失った。事ここに至り、フェルディナント3世には講和の選択肢しか残されていなかった。1641年以降、神聖ローマ帝国ミュンスターでフランス、オスナブリュックスウェーデンと交渉していたが、ここにきて皇帝はようやく和平を裁可し、1648年10月24日にヴェストファーレン条約が成立した。一方、フランスとスペインの戦争は1659年のピレネー条約締結まで長引いた[4]

しかし結果として、ランスの戦いにおけるフランスの勝利はその後のさまざまな事件で無駄になった。ルイ14世は国を統治するには若すぎたことに加え、摂政アンヌ・ドートリッシュが自らの地位を固めることに失敗し、戦後すぐにフランスで内戦が勃発した。これはスペインに回復する時間を与えることになった[5]。また、戦勝を祝ってノートルダム大聖堂テ・デウムが歌われたが暴動が発生し、1649年1月にはルイ14世はパリからの逃亡を余儀なくされた[6]

脚注編集

  1. ^
    • "...the standard of France was white, sprinkled with golden fleur de lis..." (Ripley & Dana 1879, p. 250).
    • On the reverse of this plate it says: "Le pavillon royal était véritablement le drapeau national au dix-huitième siecle...Vue du chateau d'arrière d'un vaisseau de guerre de haut rang portant le pavillon royal (blanc, avec les armes de France)" (Vinkhuijzen collection 2011).
    • "The oriflamme and the Chape de St Martin were succeeded at the end of the 16th century, when Henry III., the last of the house of Valois, came to the throne, by the white standard powdered with fleurs-de-lis. This in turn gave place to the famous tricolour" (Chisholm 1911, p. 460).
  2. ^ Mark Traugott (2010). The Insurgent Barricade. University of California Press. ISBN 978-0-520-26632-2. https://books.google.com/books?id=yRXPdH7IZjEC&pg=PT108 2015年1月31日閲覧. "On August 22, Paris learned that French armies under the command of Louis de Bourbon, prince de Condé (known to history as the Grand Condé), had decisively defeated the Spanish army near the town of Lens, in the Pas de Calais" 
  3. ^ a b Mark Traugott (2010). The Insurgent Barricade. University of California Press. ISBN 978-0-520-26632-2. https://books.google.com/books?id=yRXPdH7IZjEC&pg=PT521 2015年1月31日閲覧。. 
  4. ^ Stephane Thion (19 January 2013). French Armies of the Thirty Years' War. LRT Editions. p. 33. ISBN 978-2-917747-01-8. https://books.google.com/books?id=RQLa61OzeXkC&pg=PA33 2013年4月28日閲覧。. 
  5. ^ Guthrie, William P.: The Later Thirty Years War: From the Battle of Wittstock to the Treaty of Westphalia. Westport: Greenwood Press, 2007. ISBN 9780313324086, p. 181.
  6. ^ Parker, Geoffrey: The Army of Flanders and the Spanish Road, 1567-1659: The Logistics of Spanish Victory and Defeat in the Low Countries' Wars. Cambridge: Cambridge University Press, 2004. ISBN 9780521543927, p. 222.

参考文献編集