メインメニューを開く

ランドサット2号(英語: Landsat 2)はアメリカ合衆国地球観測衛星ランドサット計画の2機目の衛星で、下はERTS-B(Earth Resource Technology Satellite B、地球資源技術衛星B)とされていたが、打ち上げの1975年1月22日より前にランドサット2号に改名された。設計寿命は1年であったものの、ランドサット2号は7年にわたって運用され、最終的に運用を負いえたのは1982年2月25日であった[1]

ランドサット2号
所属 NASA/NOAA
任務 地球観測衛星
周回対象 地球
打上げ日時 1975年1月22日
打上げ機 デルタ2910
打上げ場所 ヴァンデンバーグ空軍基地
第2発射施設W
COSPAR ID 1975-004A
軌道要素
軌道 地球周回軌道太陽同期軌道
軌道傾斜角 99.1°
遠点高度 917km
近点高度 901km
軌道周期 103.18分

衛星の特徴編集

ランドサット1号と同じく、搭載されたリモートセンシング機器はリターンビームビジコン(RBV)とマルチスペクトラルスキャナ(MSS)の2種類であった。これらの機器の仕様はランドサット1号に搭載されたものと同一であった。なお、ランドサット3号ではMSS装置に短寿命熱バンドが加えられている。MSSによって取得されたデータはRBVで得られるデータより科学的に有用であると考えられ、RBVで得られるデータは主に工学的評価が目的とされた[2]

編集

  1. ^ United States Geological Survey (2006年8月9日). “Landsat 2 History”. 2007年1月16日閲覧。
  2. ^ National Aeronautics and Space Administration (2005年7月12日). “40+ Years of Earth Science: Landsat 2”. 2007年1月27日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2007年1月16日閲覧。