メインメニューを開く

ランナウェイ (シャネルズの曲)

ランナウェイ』は、1980年2月25日に発売されたシャネルズ(後のラッツ&スター)のデビューシングル

ランナウェイ
シャネルズシングル
初出アルバム『Mr.ブラック
B面 夢見るスウィート・ホーム
リリース
規格 EP
ジャンル J-POP
レーベル EPICソニー
作詞・作曲 湯川れい子井上忠夫(#1、#2)
チャート最高順位
シャネルズ シングル 年表
ランナウェイ
1980年
トゥナイト
(1980年)
テンプレートを表示

解説編集

人気アマチュアグループだったシャネルズはいくつかのCMソングを担当しており、この「ランナウェイ」もパイオニアラジカセ『ランナウェイ』のCMソングとして当初は1コーラス分のみレコーディングされていたが、その後レコード化されることが決まったため、歌詞とメロディーを付け加えてシングルレコード化されたものである[1]

ラジカセ『ランナウェイ』のCM映像の制作を担当した木村俊士から楽曲制作を依頼された音楽ディレクター・椙山由美は、『ランナウェイ』という商品名からオールディーズ風の曲を連想し、「オールディーズ風の曲を書ける人」ということで井上忠夫に作曲、湯川れい子に作詞を依頼した[2]

当初、歌い出しは「君がとても好きさ」だったが、「歌い出しが『君が』ではインパクトが弱い」という椙山由美の判断により、作詞者承諾の上で商品名を含む「ランナウェイ〜」に変更された[3]

パイオニアの商品名をそのまま詞に含むCMソングが、ソニー系列のレコード会社から発売される結果になった[1]。CM放映後、CMソングが評判になり、ラジカセ『ランナウェイ』の販売にも大きく影響を及ぼした[1]。デビュー曲にして、110万枚[4]オリコン集計では約98万枚)を売り上げる大ヒットとなった。

タイトルは、デル・シャノンの1961年の大ヒット曲『悲しき街角』の原題『Runaway』から転用した。

収録曲編集

  1. ランナウェイ(作詞:湯川れい子、作曲・編曲:井上忠夫
    アメリカロサンゼルスライブハウスウィスキー・ア・ゴーゴー』でライブを行う際に「ランナウェイ」を披露するため、湯川れい子によって英語バージョンが作詞されており、アルバム『LIVE AT WHISKY A GO GO』に収録されている。
  2. 夢見るスウィート・ホーム(作詞:湯川れい子、作曲・編曲:井上忠夫)

脚注編集

  1. ^ a b c 「ひげまろの昭和CMソングMEMORIES ランナウェイ(4)」、『デイリースポーツ』2012年10月5日付、21面、12版。
  2. ^ 「ひげまろの昭和CMソングMEMORIES ランナウェイ(2)」、『デイリースポーツ』2012年10月3日付、21面、12版。
  3. ^ 「ひげまろの昭和CMソングMEMORIES ランナウェイ(3)」、『デイリースポーツ』2012年10月4日付、21面、12版。
  4. ^ 読売新聞』1996年4月24日付東京夕刊、11頁。

関連項目編集