メインメニューを開く

ランニング・オン・エンプティ』は、2010年日本映画自主映画で評価されてきた佐向大の商業映画デビュー作である。

ランニング・オン・エンプティ
監督 佐向大
脚本 佐向大
小田泰之
製作 大野敦子
製作総指揮 小田泰之
音楽 MISSILES
JET BOYS
主題歌 MISSILES
『EMPTY RUN』
撮影 月永雄太
編集 佐向大
配給 アムモ
公開 2010年2月20日
上映時間 80分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

目次

ストーリー編集

ヒデジは定職もつかずに毎日ダラダラと過ごしているバンドマン。そんな彼と同棲しているアザミはついに堪忍袋の緒が切れ、友人の祐一と田辺と狂言誘拐を仕組んで大金を騙しろうとする。しかし、身代金要求の電話をしても相変わらずヒデジはマイペースで思い通りに計画が進まない。

キャスト編集

製作編集

プロデューサーの方針で、当初は軽めのコメディタッチな作風になる予定だったという[1]

脚注編集

外部リンク編集