ラ・フロンド』(La Fronde)は、フランスの女優ジャーナリストフェミニストマルグリット・デュランが女性解放運動の一環として1897年に創刊した日刊紙であり、世界で初めて執筆から校正印刷まですべて女性が行うフェミニスト新聞である。第1号は1897年12月9日に刊行され、1903年から月刊紙になり、1905年に経営難と内部対立により廃刊となった。

ラ・フロンド
La Fronde
La Fronde - 1er janvier 1898.djvu
1898年1月1日付『ラ・フロンド』紙
種別日刊紙 (1903年から廃刊まで月刊紙)
判型ベルリナー判
設立者マルグリット・デュラン
編集者セヴリーヌ
編集長マルグリット・デュラン
設立1897年
政治的傾向共和派、反教権主義フェミニズム
言語フランス語
廃刊1905年
本社所在地フランスの旗 フランス
14 rue Saint-Georges (パリ9区)
発行数50,000部 (最盛期の購読者数)

概要編集

新聞名の意味編集

フロンド (fronde) は本来、石弓カタパルト投石器)を表し、絶対王政の確立につながった17世紀の貴族の反乱「フロンドの乱」以降、「批判、反抗、反逆、反乱暴動」の意味で使われるようになった。したがって、「ラ・フロンド」は女性の反乱の意味である[1]

歴史編集

 
マルグリット・デュラン (1910年6月28日)

『ラ・フロンド』紙誕生のきっかけは、1896年、『フィガロ』紙の記者であったマルグリット・デュランが、レオン・リシェが1882年11月に設立し、ヴィクトル・ユーゴーが初代名誉会長を務めたフランス女性の権利連盟英語版がパリで開催した国際女性会議(マリア・ポニヨンフランス語版会長)を取材したことである。『フィガロ』紙は女性解放運動について多少の嘲笑を込めたユーモラスな記事を掲載したいと思っていたが[2]、実際にこの会議を取材したデュランは、嘲笑するどころか、逆に、女性の権利のために闘う人々の「勝利に貢献することを社会的義務と考え」、「女性自身が女性の利益を守るために」と新聞を作る決意をした[3]

編集委員、コラムニスト、寄稿者はもちろん、校正や印刷もすべて女性のみで行った。宣伝ポスターを制作したのはクレマンティーヌ=エレーヌ・デュフォーである。デュランはこれについて、当時は「たとえ事務員としてでも男性が関与していると、実際には男性が記事を書いている」と疑われるような時代であったため、調査報道や植字など従来「男の仕事」とされていた分野も含めて女性に職業能力があることを実証したかったと説明している[3]

『ラ・フロンド』紙はカトリック勢力に反対する反教権主義共和派の立場から、女性労働問題を中心に女性の権利・地位向上に関する様々な問題を取り上げ、パリで女性問題に関する国際会議が開催されたときには事務局を務めた[3]

 
クレマンティーヌ=エレーヌ・デュフォーによる『ラ・フロンド』(1897年) の表紙。

『ラ・フロンド』紙は「ペティコートの時代」と呼ばれ、最盛期には5万人の読者を得た[4]

『ラ・フロンド』紙は、1932年に設立されたフェミニズム資料館「マルグリット・デュラン図書館フランス語版」(パリ市立図書館)が所蔵している。

編集委員編集

各界を代表する女性たちが編集委員を務めた[5]

主な寄稿者編集

編集委員以外の主な寄稿者:

脚注編集

  1. ^ Définition : Fronde, frondeur” (フランス語). www.toupie.org. 2019年7月17日閲覧。
  2. ^ Marie-Aude Bonniel (2016年3月7日). “Il y a 155 ans naissait Marguerite Durand, journaliste féministe engagée” (フランス語). FIGARO. 2019年7月17日閲覧。
  3. ^ a b c Christine Bard, Sylvie Chaperon (2017) (フランス語). Dictionnaire des féministes. France - XVIIIe-XXIe siècle. Presses Universitaires de France 
  4. ^ Pierre Ancery (2018年1月8日). “C'était en 1897. "La Fronde", premier quotidien féministe au monde, était ridiculisé” (フランス語). L'Obs. https://www.nouvelobs.com/rue89/notre-epoque/20180108.OBS0265/c-etait-en-1897-la-fronde-premier-quotidien-feministe-au-monde-etait-ridiculise.html 2019年7月17日閲覧。 
  5. ^ 間野嘉津子「世紀末文化とジェンダー ― 日刊紙〈ラ・フロンド〉と新聞記者セヴリーヌに関する一考察」『大阪経大論集』第55巻第1号、2004年5月。
  6. ^ Albert Algoud, Christine Kern (2019年1月13日). “Marguerite Durand, fondatrice du premier quotidien féminin : La Fronde” (フランス語). www.franceinter.fr. 2019年7月17日閲覧。
  7. ^ A・デビッドニール著『宇宙の糸に紡がれて ― チベット魔法の書 ―【秘教と魔術】永遠の今に癒される生き方を求めて』林陽訳、徳間書店、1997年。邦訳は他に、『パリジェンヌのラサ旅行』中谷真理訳、平凡社 (東洋文庫)、1999年) がある。

関連項目編集