ラーム・シング (マールワール王)

ラーム・シング(Ram Singh, 1730年7月30日 - 1772年9月)は、北インドラージャスターン地方マールワール王国の君主(在位:1749年 - 1751年1753年 - 1772年)。

ラーム・シング
Ram Singh
マールワール王
Ram Singh of Marwar.jpg
ラーム ・シング
在位 1749年 - 1751年
1753年 - 1772年
戴冠式 1749年7月13日
別号 マハーラージャ

出生 1730年7月28日
ジョードプルメヘラーンガル城
死去 1772年9月
ジャイプル
王朝 ラートール朝
父親 アバイ・シング
宗教 ヒンドゥー教
テンプレートを表示

生涯編集

1702年11月7日、ラーム・シングはマールワール王国の君主アバイ・シングの息子として、ジョードプルで誕生した[1]

1749年6月18日、父アバイ・シングが死ぬと、ラーム・シングが王位を継承した[2]

だが、1750年11月27日にラーム・シングは叔父バクト・シングに戦いで敗れ、1751年7月8日にバクト・シングが王位を宣した[3]。ラーム・シングはジョードプルから追放され、ジャイプルへと亡命した[4]

1752年9月21日、バクト・シングが死ぬとその息子のヴィジャイ・シングが王位を継承したが、1753年にラーム・シングは王位を奪還した[5]

1772年9月、ラーム・シングはジャイプルで死亡した[6]

出典・脚注編集

関連項目編集

Template:マールワール王国の君主