メインメニューを開く

リオバンバ(スペイン語:Riobamba又はSan Pedro de Riobamba)(スペイン語発音: [rioˈβamba]は、エクアドル中央のチンボラソ県の県都。 2010年の人口は14万6324人[1]アンデス山脈から流れるチャンボ川沿いに位置する[2]。 首都キトから約200km南に位置する。 交通の要衝であり、パンアメリカンハイウェイが通る。 チンボラソ火山が近い。

リオバンバ

Riobamba

San Pedro de Riobamba
都市
Skyline of リオバンバ
リオバンバの旗
リオバンバの公式印章
印章
リオバンバの位置(エクアドル内)
リオバンバ
リオバンバ
リオバンバの位置
座標:南緯1度40分27.65秒 西経78度38分53.86秒 / 南緯1.6743472度 西経78.6482944度 / -1.6743472; -78.6482944座標: 南緯1度40分27.65秒 西経78度38分53.86秒 / 南緯1.6743472度 西経78.6482944度 / -1.6743472; -78.6482944
エクアドル
チンボラソ県
リオバンバ郡英語版
建設 1534年8月15日
移転 1799年
創設者 ディエゴ・デ・アルマグロ
教区
行政
 • 市長 Napoleon Cadena
面積
 • 都市 59.05km2
 • 都市圏
982.69km2
標高
2,754m
人口
 • 都市 146,324人
 • 都市圏
225,741人
等時帯 UTC-5 (エクアドル時間)

名称編集

人口編集

歴史編集

15世紀後半にインカ帝国が進出する前は、プルハ人が暮らしていた。 プルハ人の強い抵抗を受けたワイナ・カパック皇帝は、プルハのコンドラソ将軍と同盟を結ぶ事で漸く平和を達成した。

1534年8月15日ディエゴ・デ・アルマグロがサン・ミゲル平野に村を建設した[3]:341

1563年スペイン帝国en:Royal Audience of Quitoに組み込まれた。

1797年リオバンバ地震英語版が発生し、都市は完全に破壊された。

1799年、廃墟から14km離れた位置に新たに都市が建設された。

1820年11月11日エクアドル独立戦争英語版の中でリオバンバは独立を宣言したが、すぐに取り消した。

1822年大コロンビアに組み込まれた。

1830年エクアドルに組み込まれた。

2002年11月20日、軍事倉庫が爆発し、7人が死亡し数百人が負傷した。 地震や火山噴火のような音が発生し、1.5km先の窓硝子が割れた[4]

文化編集

祭り編集

博物館編集

 
トゥングラワ火山(2003年)
  • Ateneo de Chimborazo
  • Armas
  • 概念・宗教美術館
  • マルドナド自然科学大学
  • ボリバル邸
  • Córdova-Román
  • 人類学的中央銀行
  • 文化人類学博物館

スポーツ編集

著名人編集

写真編集

脚注編集

外部リンク編集