メインメニューを開く
リガ湾

リガ湾とはバルト海の東、ラトビアエストニアの間にある

国際水路機関 (IHO) はリガ湾の範囲を、「ラトビア北西岸のLyser Ort (北緯57度34分 東経21度43分 / 北緯57.567度 東経21.717度 / 57.567; 21.717) とサーレマー島の南端を結ぶ線、さらにサーレマー島の北端とヒーウマー島の南端を結ぶ線、そしてヒーウマー島の北端とエストニア北西岸のSpithami (北緯59度13分 東経23度32分 / 北緯59.217度 東経23.533度 / 59.217; 23.533) を結ぶ線に囲まれた海域」と定義している[1]

面積は約18000km2、水深は最大54m。 サーレマー島の南の海峡はイルベ海峡、サーレマー島・ヒーウマー島とエストニア本土に囲まれている支湾はVäinameri海と呼ばれる。 リガ湾沿岸の主な都市はラトビアの首都リガ、エストニアのリゾート地パルヌ。注ぐ河川はダウガヴァ川など。

湾内にはルフヌ島キフヌ島などがある。

脚注編集

  1. ^ 大洋と海の境界 第3版”. 国際水路機関 (IHO). p. 5 (1953年). 2019年6月21日閲覧。

座標: 北緯57度37分32秒 東経23度35分05秒 / 北緯57.625555555556度 東経23.584722222222度 / 57.625555555556; 23.584722222222