リゾット

米をバターやオイルで炒め、スープや具材を加えて炊いた料理

リゾット(Risotto)は、もともとイタリアで食べられてきた類の料理に東洋(中東)から伝播したが融合した料理である。イタリアでは下記の料理法で調理した米料理のみを指し[1]フランスではピラフの別名として用いられてきた。

きのこのリゾット

歴史 編集

イタリアは中世からポー川を利用して水稲栽培に成功した地域であり、スペインと並んで米を生産するヨーロッパで数少ない国の一つである[2]。長い間、米料理はイタリア北部に限定され、そのほとんどは、米をバターで炒め、スープとサフランを加えて炊くという調理法で作られていた。これがリゾットの原型である。第二次世界大戦後はイタリア全土に普及し、今日のイタリアではどこのレストランのメニューにも登場する。

基本 編集

主な種類 編集

逸話 編集

リゾットは米をしようするが、イタリアでリゾットは主食ではなく、野菜料理に分類される。そして主食はパンなので、リゾットを食べながらパンを食する[4]

脚注 編集

  1. ^ 西尾智治『イタリア料理』定延健二監修、辻学園調理・製菓専門学校〈専門料理全書〉、2007年、102頁。ISBN 978-4-88046-915-7 
  2. ^ 『米とくらし(歴史・食べ方・世界)』 3巻、鎌田和宏監修、学研プラス〈米のプロに聞く!:米づくりのひみつ〉、2017年、41頁。ISBN 978-4-05-501228-7 
  3. ^ 大嶌悦津子、成田亮子、千田真規子「ヨーロッパの米料理 (第2報) : イタリアの米料理 "リゾット"」『東京家政大学研究紀要 2 自然科学』第40巻、2000年、42頁、CRID 1050845763178056448 
  4. ^ イタリアの食文化 | 「食文化の違い」 :ファスニングジャーナル

関連項目 編集