リチャード・ウィンフィールド (第3代ポーズコート子爵)

第3代ポーズコート子爵リチャード・ウィンフィールド英語: Richard Wingfield, 3rd Viscount Powerscourt1730年12月24日洗礼 – 1788年8月8日)は、アイルランド王国の貴族、政治家。

生涯編集

初代ポーズコート子爵リチャード・ウィンフィールドと2人目の妻ドロシー・ベレスフォード・ローリー(Dorothy Beresford Rowley、1785年7月21日没、ハーキュリーズ・ローリーの娘)の息子として生まれ、1730年12月24日に洗礼を受けた[1]。1746年6月27日、ミドル・テンプルに入学した[1]。1751年に父が死去すると、遺言状で6,000ポンドを受け取った[1]

1761年から1764年までウィックロー・カウンティ選挙区英語版の代表としてアイルランド庶民院議員を務め、1764年5月6日に兄エドワードが死去するとポーズコート子爵位を継承、10月22日にアイルランド貴族院議員に就任した[1]

1788年8月8日にダブリンで死去、ポーズコートで埋葬された[1]。長男リチャードが爵位を継承した[1]

家族編集

1760年9月7日、アメリア・ストラトフォード(Amelia Stratford、1831年10月11日没、初代アルドバラ伯爵ジョン・ストラトフォードの娘)と結婚、3男3女をもうけた[2]

  • リチャード(1762年 – 1809年) - 第4代ポーズコート子爵
  • ジョン(1772年8月2日 – 1850年8月9日) - 1797年4月25日、フランシス・バーソロミュー(Frances Bartholomew、1827年7月13日没、レオナード・バーソロミューの娘)と結婚、子供あり。1832年8月1日、ハリエット・グラント(Harriette、1863年3月28日没、ヘンリー・グラントの娘)と再婚
  • エドワード(1772年8月2日 – 1859年8月24日) - 1797年4月17日、ハリエット・エスター・ウェステンラー(Harriet Esther Westenra、1858年12月16日没、庶民院議員ヘンリー・ウェステンラーの娘)と結婚、子供あり
  • マーサ(1844年9月13日没)
  • エミリア(Emilia、1840年6月6日没) - 1817年、ロバート・ディーン・スプレッド(Robert Deane Spread、1840年2月5日没)と結婚
  • ハリエット(1800年没)

出典編集

  1. ^ a b c d e f Cokayne, George Edward, ed. (1895). Complete peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain and the United Kingdom, extant, extinct or dormant (N to R) (英語). 6 (1st ed.). London: George Bell & Sons. pp. 289–290.
  2. ^ "Powerscourt, Viscount (I, 1743)". Cracroft's Peerage (英語). 31 August 2015. 2020年1月18日閲覧
アイルランド議会
先代:
リチャード・チャペル・ウェーリー
アンソニー・ブラバゾン
庶民院議員(ウィックロー・カウンティ選挙区英語版選出)
1761年 – 1764年
同職:ラルフ・ハワード英語版
次代:
ラルフ・ハワード英語版
ウィリアム・ブラバゾン
アイルランドの爵位
先代:
エドワード・ウィンフィールド
ポーズコート子爵
1764年 – 1788年
次代:
リチャード・ウィンフィールド